06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

INFORMATION

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

『ワンダーウーマン』 

どーも、ロッカリアです。

「地上最強の美女:バイオニック・ジェミー」のリンゼイ・ワグナー以来、久しぶりに憧憬するヒロインです。
ルーブル美術館で働いている(初めて知ったけど)時の、コンサバと言うよりは派手目のボディコンシャス姿から、ワンダーウーマンになった時のコスチューム姿、そのギャップが男心を鷲掴みにしますな。
ガル・ガドットの魅力が、大きくこの映画に貢献している。

物語は、ダイアナが幼少期の頃から始まり、一人前の戦士に成長、そこに初めての男が現れ、第一次世界大戦下のロンドンへ行き、そこから世界を救うために、軍神アレスを求めて旅に出るが、そのアレスが実は……。

私は単細胞な生き物なので、「愛こそが地球を救う」と言った、愛の力や、人を思いやる姿がちゃんと描かれていると、すぐにウルッときてしまうのです。

wander.gif

マーベルに比べて、DCの方が一人ひとりのキャラの掘り下げ方がうまい。
バットマンにしろ、スーパーマンにしろ、そしてこのワンダーウーマンにしても、背負っているバックグラウンドは重い。
特にDCの方は、ダークな感じが個人的には好きで、単純に「善と悪」と言う勧善懲悪ではなく、正義とは何か? 悪とはどう言ったものなのか、と言う定義もしっかりしている。

ワンダーウーマンがどうして無敵なのか、それはラスト近くで明かされる驚愕の事実、ギリシャ神話もビックリである。
また、女性監督らしい演出も冴えていて、Dr.ポイズン(原作では日本の元プリンセス、マルと言う設定)の描き方が実に繊細だ。
モンスター的な描写を避け、心理描写まで見せる手の込みようだ。

この映画をこれから見る人に、キーワードを二つ上げておこう。
「ゴッドキラー」と「粘土から生まれた子」だ。
この言葉の意味が、最後で明かされるので、覚えていても損はない。

それにしても不思議だ。
ダイアナの成長は、第一次世界大戦の時から、なぜ止まっているんだろうか……。

category: ワ行

tag: イラスト  ワ行 
cm 0   tb 0   page top

映画ソフトの話 

どーも、ロッカリアです。

ロバート・ゼメキスといえば、みんな大好き『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の監督さん。
そのゼメキスが、初めて監督した映画が、『抱きしめたい』と言う作品。
タイトルから想像できる通り、ビートルズから題材を取った青春コメディだ。
スクリーンショット 2018-05-23 19.47.22
(制作は1978年だが、日本で公開されたのは、ジョンが暗殺された後、1981年のことだった)

初めてビートルズがアメリカでコンサートをすることになった1964年。
ニュージャージーに住むナンシー・アレン(若い!)は、「エド・サリバン」ショーのチケットが当たり、友人らとニューヨークへ行く。
ところが、肝心のチケットを無くしてしまう。
このままだと大好きなビートルズに会えない。
そこで考え出した手は……。

昔、確か日曜日洋画劇場で見たことがあります。(もう何十年も前の話)
最大の見所は、ビートルズ本人たちは一切出演していないが、あの手この手で、まるで出演しているかのごとき演出は秀逸だ!
さすがゼメキスと、映画通もうなること間違いなしです。
40年の時を経て、やっとブルーレイで発売、これは注目です。




あと、高かったソフトが安くなって(¥2,007で)再発、個人的に気になる作品も上げておきます。

 



   
   

category: ニュース

tag: ブルーレイ  ビートルズ 
cm 0   tb 0   page top

『テンタクルズ』こうして私は騙された!? 

どーも、ロッカリアです。
本人のケガに続き、今度は高齢の母がベッドから落ちて(立ち上がった状態から)背骨を圧迫骨折して入院です。
1ヶ月ほどの入院で、退院すれば、また歩けるとの事で一安心です。
少しブログが途絶えがちになるかも知れませんね。(いつもじゃん)

さて、この映画は大ヒットした『ジョーズ』の完コピですが、何が残念なのかと言うと、肝心のテンタクルズ、つまり大ダコが魚屋さんで売っているようなタコで、海中から出てこない。(に等しい)
実はこの映画、ロードショーの時に劇場で見てしまったのです……。
と言うのも、高校の友達が、『ジョーズ』の陸上版だ! とか、『グリズリー』より面白い! などと評価していて、それを信じてしまったからです。
このあてにならない友人の評価に騙されたのと、ジョン・ヒューストン、ヘンリー・フォンダ、シェリー・ウィンタースにボー・ブリッジス。
この渋い俳優陣にも騙された。
幾ら何でも、このクラスの俳優なら、充分作品を吟味して出演するはずだと考えたからだ。(高校生にしては正論だ)
時が経ち、今見ればまた、違った視点から楽しめるかもしれない、そう思い、約40年ぶりに見た感想は……。

DSCF4050.jpg
(↑当時買ったパンフレット。¥200)

ひとつの映画として見た時に、ストーリーは『ジョーズ』の真似だとしても、作品として観客が楽しめる基準に達していない。
画質はBSで録画したものだがとても綺麗で、シーンごとに、ラジオのジングルのように鳴る音楽は、マカロニ・ウェスタンのように響いて、オールドファンならワクワクする。
大ダコとの対決に、マリンパークで飼育している二頭のシャチを連れて行くのもいいアイデアだ。
なのに……。

アマゾンの評価がオール五つ星と言うのにも驚きを覚えるが、まあ、それは個人の評価だし……。
昔、一緒に見に行った友人も「詐欺みたいな映画だ」とボヤいていたが、海が舞台なだけに、今ならこう言っただろう。
「まるでフィッシング詐欺じゃないか!」と……。

category: タ行

tag: タ行 
cm 0   tb 0   page top

『トランスフォーマー:最後の騎士王』を積極的に楽しむ方法? 

どーも、ロッカリアです。

こういう映画をノンストップ・アクションと言うのだろう。
最初から最後まで見せ場の連続で、寝落ちするヒマもなかった……。
だが、こう言う映画は往々にして、山場の連続で、どこが面白かったのか、悩んでしまう。

しかも、アーサー王伝説にオートボットやメガトロンが介入してくると言う、ありえない話になっている。
もともと、アニメから派生した作品だから、無理な設定、現実味のない物語ではあるが、つまらんのか? と言えばそうでもない。
要するに、この作品を、ファンタジー映画と言うジャンルに放り込んでしまえば、んなばかなぁ……と言うシーンも、ゴックンと飲み込めてしまうのだ。

DSCF4049.jpg 

もう一つ。
出来るだけ大きな画面で見る。
ここまで繊細かつ緻密なグラフィックスを味わうには、大画面が向いている。
画面が大きければ、没入感や臨場感が、その作品の欠点を補ってくれるからだ。
もちろん、大画面にはそれなりの音響も欲しいところだが、今はテレビの前に置くだけでも、結構な立体音響と低音を出してくれる専用のスピーカーも、結構安く発売されています。

タイトルに『最後の騎士王』とあるけど、この作品がシリーズの最後という訳ではなく、しっかりと続編のアピールがエンドタイトルの途中にあります。
まだまだ続くと思われるこのシリーズ、『アベンジャーズ』と、どちらが先に終わるのか、予想するのも、もう一つの楽しみ方だ! なんちゃって……。



category: タ行

tag: タ行 
cm 0   tb 0   page top

『未知との遭遇』サントラを休日に聴く悦楽 

どーも、ロッカリアです。

先日、雨の日の日曜日と言うこともあって、レコードを聴く事にしました。(別にそんなルールはないんだけどね)
A面の1曲めから、B面のラスト、エンディングの曲までを通して聴くと、あらま不思議、映画を一本観た感じになりました。

DSCF4047.jpg
(↑このデザイン大好き!)

考えてみると、昔はよくFMで洋楽のLPは丸々一枚オンエアしていたけど、映画のサントラLPを丸々オンエアするなんてなかったなぁ。
録音マニア(昔はみんなそうでした)だったからよく覚えているんだけど、『スター・ウォーズ』の音だけLPに収録した二枚組の時と、ブルース・リーの『燃えよドラゴン』のセリフだけを収録したLPの時だけは丸々オンエアした記憶がある。(だってこの時は、友達と大いに盛り上がったんだから、忘れるはずがない!)
だから、カセットテープに録ったサントラ特集は、メインテーマ曲のオンパレード。(1970年代の話です)
この『未知との遭遇』のLPも、後年、中古レコード屋さんで買ったもの。
手元にあるサントラLPは、ほとんどこのパターンです。

知ってる?
この『未知との遭遇』のテーマも、昔カセットテープに録音したんだけど、実はこの一番有名なテーマ曲、LPには入っていないって事を。
ドーナツ盤(シングル・レコード)オンリーで、あのピ・ポ・パ・ポ・パ〜で始まるテーマ曲を聴きたければ、ドーナツ盤を手に入れるしかないのだ。
(↓ドーナツ盤! でも、記憶の中のメインテーマと、これもちょっと違うんだよな〜、サントラなのに…)

DSCF4048.jpg

これって、サントラあるあるで、例えば『イルカの日』、これもドーナツ盤には「パ〜、マ〜」(←パパ、ママの意味)とイルカの声が入っているが、LPではいきなり曲が始まる。
「タクシードライバー」のメインテーマは、映画とは違うアレンジがされているし、マカロニ・ウェスタンなんて、映画版は銃声がバンバン響いているけど、サントラは音楽だけだった。
そこで、銃声の入ったテーマ曲がどうしても欲しくて、TVのスピーカーからラジカセに録音したもんだ。(必ず母親の声が入っている…)
ブルース・リー関係のレコード(特に『ドラゴンへの道』)は、一体どれがサントラなのか、当時分からなかったわ。

昔の映画のサントラは奥が深い。
聴きたいと思って中古レコード(あるいはCD)を買って、いざ聴いてみると、「ち、ちがう……」「これじゃねえ!」なんて事になるので、衝動買いは避けるべきです。
でもでも、マニアには何を言っても無駄なんだよね、全部欲しいもんだから……。

category: 嗚呼、音楽夜話

tag: サントラ  TV洋画時代 
cm 0   tb 0   page top

『初恋』ヘップバーンのヒッチ印サスペンス! 

どーも、ロッカリアです。

これ、日曜日にホームセンターのコーナンに行き、ワゴンの中で見つけました。
ん〜、¥500、手にとって大丈夫かな……と見ると、HDリマスターされていて、再生して見ると画質は綺麗で、目立ったノイズもなく、ストレスなしで見ることができました。

まず日本語タイトルからディスってみたい。
確かに恋愛の要素があるけど、それはサスペンスをより深くするためのものであって、ラブストーリーではない。
タイトルをつけた人、絶対見てないな。(だって¥500で売るんだもん)

DSCF4045.jpg

死んだ父の遺志を継ぐレジスタンスの男に惹かれているのが、この映画のヒロイン、マリア(ヴァレンティナ・コルテッサ)で、その妹ノーラを演じているのがオードリー・ヘップバーンだ。
オードリーは、まだ『ローマの休日』に出演する前の作品で、バレリーナを志す少女(と言っていいでしょう)を演じています。
彼女がバレエを踊るシーンが見られる貴重な作品と言えます。

レジスタンスの男に恋をしてしまったために、独裁者暗殺計画に巻き込まれていくサスペンスで、イギリス時代のヒッチコック作品、或いは『逃走迷路』『汚名』と言った雰囲気を持っています。
マリアが恋をする男を演じているのが、『冒険者たち』で、レティシアを死に巻き込んだ憎っくき男(笑)セルジュ・レジアニ。
ここでも許せん男を演じています。(怒)
オードリーは実生活でも、若い頃にこの映画に似た状況下でバレエを習っていて、作品と重ね合わせて重ね合わせて見るのも楽しいですね。
この映画が1952年、直後の1953年に『ローマの休日』でオードリーはブレイクしますが、この作品でも間違いなく原石の輝きを放っています。
物語もしっかりしていて、退屈することもありません。
オードリーのファンはもちろん、オールドファン、クラシック映画ファンは必見です。

それにしても『初恋』って、ツルゲーネフじゃあるまいし……。



category: ハ行

tag: ハ行 
cm 0   tb 0   page top

『黒帯ドラゴン』ファンキー版『燃えよドラゴン』です 

どーも、ロッカリアです。

1970年代はじめ、ブルース・リーの登場によって、それまでの映画史が完全に塗り替えられました。
ほとんどマイナいーだったカンフー映画が、『燃えよドラゴン』の登場によって注目が集まり、マカロニ・ウェスタンのブームに代わって、香港で大量生産されました。
ブルース・リーの影響はカンフー映画だけに留まらず、ハリウッドや日本のアクションシーンにも、空手、少林寺と言った格闘技が主流になりました。
カンフー映画の数は、出来は置いておき、星の数ほどあると言ってもいいぐらい。
その影響はもちろん世界の映画にも飛び火しました。
『007 黄金銃を持つ男』、『ダイナマイト諜報機関:クレオパトラ危機突破』&『カジノ征服』『荒野のドラゴン』
その中でも、この『黒帯ドラゴン』は、『燃えよドラゴン』のロバート・クローズが監督、出演していたジム・ケリーが主演を務めた、とてもファンキーな内容の映画になっています。

imgkuroobi.gif

物語も、設定を少し変えたぐらいで、政府から仕事を依頼されたり、マフィアのワイナリーを要塞に見立て、そこに侵入しするとか、明らかに、二匹目のドジョウ狙いの作品です。
ところが、つまらない作品かと言うと、これがとても面白いんです。

音楽がカンフー映画とは全く関係なく、70年代に地位を確立したファンキーなミュージック。(しかも、センスがいい)
そして、殴る、蹴る、倒す際の効果音が、間違いなく『燃えよドラゴン』のサンプリングです。
主演のジム・ケリーも、すっかりブルース・リーを模倣してるし、ヌンチャクのシーンも再現、言ってみれば『燃えよドラゴン』のパクリ作品に過ぎませんが、それでもオリジナル性を感じるのは、黒人を主演に、黒人音楽を多用したのが要因じゃないでしょうか。

全体的にコミカルなタッチの演出で、もちろんツッコミどころ満載で、ストーリーはあってないようなもの。
でも、楽しめて、普通のカンフー映画と全く違うテイストで、ストレスも解消できちゃいます。(だって効果音がアレだもの)
ただ、残念なのがソフト化されていない事です。
私も去年BSで放送したものを録画して見ました。
画質はDVD並です。

カンフー映画ファンだけじゃなく、広い層に見て欲しいのですが、こう言った面白い作品が見られないなんて、なんと不思議な世の中なんでしょうかねぇ。
そう言えば、『ラスト・ドラゴン』も未ソフト化なんですよねぇ……。


category: カ行

tag: カ行  イラスト 
cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。