FC2ブログ

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

TOP > 一口メモ

一口メモ:『スーサイド・スクワッド』

一口メモ:『スーサイド・スクワッド』

魔女が世界征服しようとするのを、極悪非道の連中の首にナノ爆弾を埋め込んで、無理やり戦わす……。重力も関係なく、体から火を出したりと、ま、現実味の無い、いつも通りの映画です。ただ、このスーサイド・スクワッドに対して、バットマンことブルース・ウェイン(ベン・アフレック)が、ジャスティス・リーグ結成までにやめないと、我々の手で潰すと、幹部の女性に予告、後の全面対決を示唆しているのが面白い。...

... 続きを読む

一口メモ:『ロスト・バケーション』

一口メモ:『ロスト・バケーション』

ウディ・アレン監督作『カフェ・ソサエティ』でも注目の女優さん、ブレイク・ライヴリーはいい!海で一番遭遇したくない大きなサメに足を噛み付かれ、一人岩礁に逃げるサーファー。だが、プライベート・ビーチのような海岸では助けが来ない……。潮は徐々に満ちてきて、やがて岩礁も沈んでしまう。このタイムリミット型と動物パニックを組み合わせれば、最後はどうやって助かる、あるいは助からないのかが気になるが、その期待は「え...

... 続きを読む

一口メモ:『恐竜・怪鳥の伝説』

一口メモ:『恐竜・怪鳥の伝説』

トンデモ映画で、肝心の恐竜はTVの「怪獣王子」よりもひどい。とにかく低予算の悲惨な制作状況が伝わってくる作品で、主演の渡瀬恒彦は一人で空回り、損な役どころだ。ラストも「んなバカな〜」でチャンチャン。アマゾンのプライムビデオだから良かったが、わざわざレンタルしてまで見ようとは思わないなぁ。諸口あきらの懐かしい顔が見られるよ。*同時上映は『ドカベン』でした。...

... 続きを読む

ロッカリア">
Re: マナサビイさんへ * by ロッカリア
コメントありがとうございます。

実はDVDも持っていたんですが、なかなか見る機会がなくて、この三連休にたまたま見たんです。
実写版『ドカベン』は、もう何十年も前に見た記憶がありますが、こちらも残念だった記憶があります。
でも、確かにあの時代の空気感は、映画に封印されていて、残念さも含めて懐かしいんですよね。
だから、映画は全部が傑作である必要もなく、それぞれにちゃんと役目みたいのがあるんですよね。

ブログがお役に立つのなら、どんどん使ってやってください。
マナサビイさんも、あのレコ展には色々思うところがあられたみたいですね。
アラン・パーソンズ・プロジェクトやロッドも、もちろん全部揃えて持ってます。
ただ、一度大変なヘマを引越しの時にやらかして、映画や歌謡曲のシングル盤を全部破棄、捨ててしまったんです。
何故だか、自分でも理由が未だにわかりませんが…。
レコードの話も、つきませんよね。
また遊びに来て下さい。


* by マナサビイ
これ、知ってます〜!今はどうかわからないんですが、一時期youtubeの公式チャンネルで公開されていて、少し見ました(^_^;)(笑)
そして同時上映の、たぶんこれ実写版ドカベンですよね?これも6、7年前に見ました(笑) 昔のB級映画ってある面ではめちゃめちゃ見どころがあって面白いですよね!でも、ロッカリアさんがこの作品をチョイスされたところがまた何だか嬉しいです。

ところで、事後報告になってしまいましたが、実は先程upしたブログ記事に、ロッカリアさんのブログの文章を引用させていただきました。
「世界を変えたレコード展」の記事に書かれていた締めの文章です。あの文章、とても素敵だなあと思ったもので、ロッカリアさんのお名前とこちらのブログのお名前を出した上で引用させていただいております。
もし不都合でしたら、削除させていただきますので言って下さい♪^^
私も、あの展覧会行って来たんです♪

一口メモ(チラシ付き):『何かが道をやってくる』

一口メモ(チラシ付き):『何かが道をやってくる』

(↑アメリカ版ポスター)アレレ?こんな映画だったっけ?初見は1980年代のレンタル・ビデオ。レイ・ブラッドベリの原作を高校生の頃読んで、とても感銘を受けていたので、ワクワクしながらビデオを借りた覚えがある。20代後半だったかな、ディズニー作品と言うこともあって、その時は結構面白いと思ったんだけど……。嵐が近付いて来る中、避雷針売りが街に訪れ、真夜中にカーニバルがやってくるオープニングは今見てもワクワクす...

... 続きを読む

ロッカリア">
Re: miriさんへ * by ロッカリア
コメントありがとうございます。

映画を見ていて、以前miriさんが言っていたことを思い出していましたよ。
その通りだな、と。
ほんと、出だしのムードは最高なんですけどね〜。

実は、ヘッド画像の鳥さんたちは、ジャングルジムに全羽止まって……と、そこまで作っていたんですが、
ちょっとグロ過ぎるかなと思ってやめました。

本格的に夏を迎えたら、バイク野郎(ピーター・ホンダのつもり…)も変更します。
ああ、イラストが上手になりたいわ。

また遊びに来て下さいね。

こんばんは☆ * by miri
>その後はツッコミどころも多くて、完成度は低いなぁ。
>昔見た時とは、大分印象が違いました。
>残念。

でも若い時に見られたのは、良かったんですよ♪
その記憶も大切になさってくださいね!

私は昨年ご紹介頂いて見ましたが、
やはり若い頃に見ていればなあと思いました☆
まあ、公開当時のことも考えながら見るようにしていますので
その目線だときっと良かったんだろうなあと想像はつきました。。。

ところで、鳥さんがどんどん増えてキャーッと思っていたのに
バイク野郎に変わってちょっと残念・・・
もっともっと鳥さんが増えるのか?と勝手に思っていて・・・
でも、ちょっとずつ増えたときには楽しませてもらいました☆


.

一口メモ(チラシ付き):『殺し屋ハリー:華麗なる挑戦』

一口メモ(チラシ付き):『殺し屋ハリー:華麗なる挑戦』

これは珍品だ。まず原題のタイトルからして人を食っている。『99 AND 44/100% DEAD』という原題は、『99 AND 44/100% PURE』という石鹸のコマーシャルのキャッチコピーをモジっている。また、最初と最後に、足をコンクリートで固められ、ハドソン川に沈められた死体のシーンが使われているが、実はこれ、もともとセルジオ・レオーネ監督が、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』で使うはずのアイデアを盗用したのは有名...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -