FC2ブログ

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

TOP >  シネマ・エッセイ >  マ行 >  『モーガン:プロトタイプ L-9』最近多いネタ、と言える

『モーガン:プロトタイプ L-9』最近多いネタ、と言える

どーも、ロッカリアです。

DNAを操作して、新しいアンドロイドを作り出す。
今、AIの進化に呼応するように、ロボットも実際に進化していて、映画で描かれるアンドロイド、あるいは人間より凄いレプリカが、現実に姿を現してきています。
先の東京オモチャ・ショーのソニーのブース前にいた、女性のアンドロイドは鳥肌もの、でしたね。
さて、現実がSFを超えだしてきた今、映画の世界でも同じことが言えて、新しいものをただ出して、さあどうでしょうと言われても、ピンとこなくなってきました。

morgan_xlg.jpg

この映画の人間のレプリカは、赤ちゃん誕生から育てて、5歳児ながら見た目は高校生ぐらいの女の子。
この女の子がモーガンで、完璧な人間に成長させるために、大手企業がプロジェクトチームを作り監視していた。
ところが、朝食を共にしようとした女性に飛びかかり、大けがをさせる事態が。
本社からその調査に出向いてきたのが、この映画の主役のリー(ケイト・マーラ)という女性。
彼女は、チームの全員がモーガンを我が子のように接しているのが気になったが、同時にモーガンが時々見せる別人のような表情を見逃さなかった。
この映画のうまいところは、モーガンがいかに人間らしく成長していくのか? を主題にしているように、ミスリードしているところだ。
とっても可愛らしい女の子なのに、「どうして暴力振るっちゃうんだよ〜、ダメだよ〜」などと親父目線で見ていると、ある時点からガラッと映画の性質が変わり……。

ただ、冷静に見ると、矛盾も多く、予想できる展開ですが、最後の最後に、もう一度観客は騙されることになるのが、この映画のミソじゃないでしょうか。

絶賛するまでには行かないが、他の映画との差別化には成功していると思います。
リドリー・スコットがプロデュースしていて、期待しないで見れば、そこそこ楽しめる作品、という感じです。

コメント






管理者にだけ表示を許可する