FC2ブログ

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

TOP >  シネマ・エッセイ >  ハ行 >  『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』あらら?

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』あらら?

どーも、ロッカリアです。

さあ大変だ。
この映画の主人公、魔法生物学者のニュート・スキャマンダーと、闇祓いの専門家でヒロインのティナ・ゴールドスタインの二人を差し置いて、私の心に魔法をかけたのは脇役の二人でした。

img259.gif

資金調達を銀行に断られて、パン屋さんを開業できない太っちょのジェイコブ。
彼は絵本に出てくるような正直者で、ステレオタイプかもしれないが、純真な心の人間を見るのが、私は好きなようだ。
もう一人はティナの妹で、他人の心が読めるクイニーだ。
見た目もとてもチャーミングだが、人の心が読めるが故に、なかなか人を信用できない性格だ。
この二人は出会ってすぐに好印象を抱き、やがて恋に落ちていくが、人間と魔法使いの恋の行方は、ちょっと切ないと感がする。
私はこの二人はが気になって仕方がなかった。
「お前は一体どこを見てるんだ?」とお叱りを受けるかも知れないが、この二人の存在がこの映画のスパイスになっていて、いい味を出しているんです。
主人公の二人を見ていると、心の内があんまり見えてこないし、視点が定まらないので、なんだか魔法の凄さ、つまりCGの出来を見せられている印象が強くなってしまう。
舞台装置だけでは、観客はすぐに飽きちゃうのですよ。
ここに割って入ってくるのが脇役の二人だった。
『ハリポタ』の前日譚という立ち位置の作品だが、大人の恋愛(と言ってもちょっとイノセントすぎる)をちゃんと描いているのはいいね。
あと、アタッシュケースのアイデアだけど、芳崎せいむのコミックス「鞄図書館」を思い出しました。
勧善懲悪の魔法の物語の中に、ピュアな恋愛があることで、作品自体は好印象だ。
ただ、ストーリーは平凡でした。

主人公を食ってしまうのは、CGでも豪華なセットでもなく人間の脇役なんです。
それはアラン・ドロンの時代から今日まで、ずう〜と。
そして映画ファンの私は、未来においても、そうあって欲しいと、願わずに入られません。

コメント






管理者にだけ表示を許可する