FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

INFORMATION

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

『リトル・ロマンス』小さな冒険が始まります 

どーも、ロッカリアです。
今日紹介するのは、1979年の映画で、大好きなダイアン・レインがデビューした作品です。

アメリカ人のローレン(ダイアン・レイン)はセレブな一家の一人娘。
フランス人のダニエル(テロニアス・ベルナール)はタクシー・ドライバーを父に持つ庶民の子。
偶然出会った二人、ローレンはドイツの哲学者、ハイデッカーの本を愛読し、ダニエルは名画座をハシゴするような映画大好き少年。
二人とも大人びていて頭がいい。
そんな二人は、これも偶然知り合った老人のジュリアス(ローレンス・オリヴィエ)からこんな伝説を聞く。

ベニスに古くからある言い伝えだ
恋人同士がゴンドラに乗り、日の沈む時
「ため息の橋」の下をくぐる
ちょうど鐘の鳴る時にキスをすれば
二人はずっと愛し合える
永遠にだ


リトル

母親に幻滅していたローレンに、アメリカに帰国することが告げられ、彼女はどうしてもダニエルとベニスに行き、サンセット・キスをしようと思った。
そして二人は老人のローレンスを巻き込んで、フランスからイタリアのベニスに逃避行へ旅立つが……。

ローレンス・オリヴィエ扮する老人が実は曲者だったり、劇中に、この映画の監督をしたジョージ・ロイ・ヒルが、自身の映画、『明日に向かって撃て!』『スティング』を使ったり、ハンフリー・ボガード主演の『脱出』、ジョン・ウェイン主演の『勇気ある追跡』、レッドフォードの『コンドル』を登場させるサービスぶり。
1979年の映画なので、登場する映画は全て名画座での上映となっているのが、オールドファンには楽しい。
余談ですが、『コンドル』を見ようとした二人は、入り口で13歳以下は入れないと断れるシーン。
ダニエルが「たった3秒の裸なのに!」と抗議するが、はて? この映画にそんなシーンあったっけ?
確かにレッドフォードとフェイ・ダナウェイのベッド・シーンはあったけど……。
ひょっとしたら、日本公開版と違うヴァージョンか? と思ってしまいました。(単純に、外国では少年少女に対する暴力や性表現に対する規制が強いからかも知れません)

この映画を青春時代に見て、宝物にしている人も多いことでしょう。
見るたびに甘酸っぱい、あの頃の気持ちが蘇るように、リトル・ロマンス、小さな冒険心を忘れちゃいけないなぁ、と改めて感じました。

category: ラ行

tag: イラスト  ラ行 
cm 2   tb 0   page top

コメント

Re: マナサビイさんへ

主人公たちと、同年代の時期に見られたんですね。
一生心に残る大切な体験ですね。
しかもパンフレットを後から買って、今も大切に置かれているなんて、この映画に対する愛情が伝わってきます。

確かにローレンス・オリビエの存在感は、意外な正体を含めてなくてはならない役者さんだと思います。
実は子供の時に、逃避行した経験があるので、この映画を見る度に、ちょっと甘酸っぱい気分になるんです。

『小さな恋のメロディ』の話が出ましたが、ダイアン・レインはトレイシー・ハイド、テロニアス・ベルナールはマーク・レスターに似ていると思いませんでした?
私は、ジョージ・ロイ・ヒル監督が、『小さな〜』をかなり意識して作ったのでは、と思いました。
ロケーションは、はるかに『リトル・ロマンス』の方が素晴らしかったです。
ま、個人的にはダイアン・レインを見ているだけで、幸せな映画なんですけどね。

パンフレット、大切にしてください!
コメントありがとうございました。
ロッカリア #- URL [2017/08/31 22:56] edit

小学6年生の時にテレビで見て、感動しました!
で、大学生になってからこの映画のパンフレットを買って、今でも机のすぐ隣の棚に置いています。

ローレンス・オリビエがとってもいい役をされていますよね。あの方がいなければ、このストーリーは成立しなかったかも。作品の全体的なムードを決定づけている存在と言いますか。
映し出されるベネチアの水辺の風景も、子供心に「こんな素敵な場所があるんだ〜〜!」とうっとりしながら見ていました。 
小さな恋のメロディーも良かったのですが、リトルロマンスの方がさらに「現代のお伽話」風の雰囲気になっていて、私は大好きです。
マナサビイ #- URL [2017/08/31 11:05] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://rockaria1960.blog.fc2.com/tb.php/78-93b2844b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。