09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

『ザ・マミー :呪われた砂漠の王女』観てきました! 

どーも、ロッカリアです。

日曜日の朝9時から観てきました。(早っ)
そもそものコンセプトが、往年のユニバーサル・モンスターを現代に復活させる事。
その第一弾と言うわけだが、見る前は、冒険アドベンチャーなのか、昔みたいにホラー色を前面に出すのか、どちら何だろう、と考えていました。

DSCF3676.jpg

冒険心をくすぐられることもなく、かと言って、恐怖心も満たされない、中途半端な感じだなぁ〜と思って観ました。
ぶっちゃけ、『ハムナプトラ:失われた砂漠の都』の勝ちだと思う。
期待し過ぎたせいもあるかも知れませんが、冒頭で、中東の戦闘地域で巨大地下施設を発見するのも、空軍のミサイル一発で発見すると言う、なんともあんちょこな手段だ。
さらに、これは予告編等でも流されているから言っちゃうけど、トムは軍用機と一緒に墜落して死体袋に詰められているのに、無傷で生き返る。
「選ばれし者」と言う一言で片付けられるが、これをすると、もうなんでもありじゃないか。
私は、観客が一番納得しないシチュエーションがこれ、だと思っている。
しかも、蘇ったミイラのアマネットは、スーパーマン顔負けの無敵の超人で、これはもはや、マーベルやDCのキャラ(実際、このダークユニバースはそう言った狙いがある)にかなり寄せている。
超人には超人、と言うことで、最後は……。

シーンを切り取って見ると、所々いいシーンがある。
ミイラたちが水中で追いかけてきたり、軍用機が墜落した場所でアマネットが蘇り、人を襲うシーン。
そして、ロンドンの地下を再現したセットなどなど、この辺はムードたっぷりだ。

もっと恐怖心を煽るような、心臓がバクバクなるようなシーンが個人的には欲しかったね。
さあ、私が言っていることが本当かどうかは、劇場に足を運んで、自分の目で確かめてみてください。

次回作、『フランケンシュタインの花嫁』は、大丈夫かなぁ……。

category: サ行

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://rockaria1960.blog.fc2.com/tb.php/64-dcabec64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック