09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

『レディ・プレイヤー・ワン』やっと映画化! 

どーも、ロッカリアです。

3年ほど前に映画化になると言うことで、原作の「ゲームウォーズ」を読みました。
上下巻あって、物語の内容的には若い人向けかな? とも思いましたが、1980年代のジャパン・ポップカルチャー(と言うと聞こえは良いが、要するにオタク文化)があふれんばかりに盛り込まれてい興味は尽きませんでした。

スクリーンショット 2017-07-26 21.28.52

オアシスという巨大な仮想空間を作り上げたカリスマのハリデーが死亡した。
そして、その巨万の富を示す、イースターエッグを、オアシスのある場所に隠す。
一番最初に、そのイースターエッグを見つけた人に全ての資産を贈る、というビデオログが世界に配信された。

それを知ったゲーマーたちは、我こそはとオアシスで宝探しを始める。
主人公の少年は、オアシスの創設者ハリデーを慕っていて、かなりの80年代オタクだったが、惑星間をまたいで作られた空間で、イースターエッグはそう簡単に見つからない。

イースターエッグを狙っているのは、個人のゲーマーだけじゃなかった。
組織だった大企業は社運をかけて探しているが、殺人も厭わないこの組織に、主人公をはじめ、ゲーマーたちは苦しめられる。
しかも、主人公がイースターエッグに近づいたと知ると、現実の世界で彼を捕まえ、そのありかを聞き出そうとする。(どんな手段を使ってでも)
仮想空間では宝探しを、現実では組織に捕まらないように逃亡する。
二つの世界で主人公は、大人に一歩近づく冒険をする……。
とこれだけなら、ふつ〜うの物語。
予告編を見ただけでも、『アキラ』に登場する金田のオートバイや、アイアンジャイアント、デロリアン、フレディ・クルーガーが登場しているが、実はこの小説の方のラストに、とんでもない戦いが待っているのだ。
今はネタバレになるから言えないが、このラスト、もし小説と同じラストだとすると、80年代にとどまらない、壮絶なラストになる!
ヒントは、特撮ファンなら狂喜乱舞は必至!!!

ゲーム、映画、音楽、アニメ、テレビといった日本では馴染みの80年代オタクカルチャー、これをスピルバーグ監督はどう料理したのか、期待は膨らみます。

予告編です。


こちらは原作本。


category: ニュース

tag: ラ行    映画本 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://rockaria1960.blog.fc2.com/tb.php/62-768f2373
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック