09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

「ダーク・ユニバース」と言うプロジェクト、知ってる? 

どーも、ロッカリアです。

その昔、映画がまだモノクロで上映されていた時代。
観客を恐怖の世界に導いたのが、ユニバーサル・ピクチャーが制作したモンスター映画の数々でした。
『フランケンシュタイン』『狼男』『ミイラ再生』『魔人ドラキュラ』『オペラ座の怪人』『大アマゾンの半魚人』
『透明人間』などなど、これらの映画は観客に畏怖の念を抱かせた。
現代。
これらの映画は様々な形でリメイクを繰り返された。
確かに、『ハムナプトラ』シリーズこそヒットしたが、その他のモンスター映画は話題には上がるものの、観客に受け入れられたかと言うと疑問が残る。
そこで、今回立ち上がった企画が「ダーク・ユニバース」と言うプロジェクト。

スクリーンショット 2017-07-11 22.02.57

主演にトップスターを起用して、最新のテクノロジーを駆使しながらも、原点回帰で観客の心を掴むのが目的。
その第一弾が、トム・クルーズを主演に迎えた『ザ・マミー:呪われた砂漠の王女』
これは『ハムナプトラ』の原型ににもなったクラシック映画の『ミイラ再生』のリメイク作品。
はっきり言って、この作品の出来次第で、今後このプロジェクトに大きな影響を与えることは間違いない。

第二弾は『フランケンシュタインの花嫁』(オリジナルはコメディにしか見えないが…)で、噂ではアンジェリーナ・ジョリーが出演するかも? フランケンシュタイン役でバビエル・バルデム。

以後、『透明人間』にはジョニー・デップ、『狼男』にはドウェイン・ジョンソンが予定されているようだ。
そして、DCコミックの『ジャスティス・リーグ』、マーベルの『アベンジャーズ』のように、作品と作品に統一感を出すように、全シリーズに、ジキル(&ハイド)博士役にラッセル・クロウを起用して出演させる。
このプロジェクトの概要を示した映像をご覧ください。


この「ダーク・ユニバース」は、オールドファンも注目でしょう。
と言うことで、今月28日に公開の『ザ・マミー:呪われた砂漠の王女』は観に行こうと思ってます。

予告編です。

category: シネマ・エッセイ

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://rockaria1960.blog.fc2.com/tb.php/52-8f6c38f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック