【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

『誇り高き戦場』深夜TV洋画劇場の定番作品、これは傑作だ!  

どーも、ロッカリアです。

1970年代、12月になると、決まってこの映画がオンエアされるのは、1944年の12月が舞台だからか。
ベルギーで慰問中だった、エヴァンス(チャールトン・ヘストン)率いるオーケストラの団員70名が、ドイツ軍の捕虜になり、射殺されようとするが、音楽に造詣が深く、天才指揮者エヴァンズを知るシラー将軍(マクシミリアン・シェル)は楽団一行を受け入れる。
そして、シラー将軍はエヴァンスに、我らのために演奏しろ、そうすれば命の保証はすると言うが、この取引をエヴァンスは拒否する。
楽団員からは、俺たちを殺す気か! と詰め寄られるが、エヴァンスにはある思惑があった……。

DSCF3666.jpg

オープニングに、ベートーベンの交響曲第5番「運命」を鳴らし、「運命はこのようにドアを叩く」かのごとく、楽団員70名を待ち受けている壮絶な運命を暗示している見事なプロローグだ。
この映画は、天才指揮者と、敗戦が色濃くなってきたドイツ将軍の意地とプライドが激しくぶつかり合う構図が中心だがそれだけじゃない。
楽団員に紛れ込んだ兵士2名が、脱走するシーンにも効果的に音楽を使っていたり、他にもパルチザンが紛れ込んでいたり、エヴァンスとチェリストの女性の過去もロマンスとして描いている。
さらに、脱走を計画したことがドイツ軍にバレていることから、誰か楽団員が裏切っていることも分かる。
最後は激しい銃撃戦が待っていて、エンターテイメントとしても一級作品に仕上がっている。
一番感動したのは、紛れ込んだ兵士が、少ししかトロンボーンが出来ず、それを見抜かれて、一人だけ「演奏してみろ!」と迫られた時、この兵士がとった行動が楽団員の感動を呼ぶ。
このシーンには脱帽だ。

ただ残念なのは、もう10年以上前に、NHK-BS2で録画した画質、まあ、そこまで酷いとは言いませんが、このDVDも負けず劣らず悪い。
さらに音声はモノラル。
せっかくのオーケストラのダイナミック・レンジは皆無だ。
作品の性質を考えると、これは非常に残念だ。
一つ朗報があるとすれば、日本語吹き替えだ。
1982年7月26日に「月曜ロードショー」でオンエアされた、納谷悟朗さんの声でチャールトン・へストンが聞けます。
オールドファンは、ぜひこちらでも楽しんでください。

チャールトン・へストンとマクシミリアン・シェルに乾杯!

Posted on 2017/07/06 Thu. 23:24 [edit]

category: ハ行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://rockaria1960.blog.fc2.com/tb.php/50-786239e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック

QRコード

タグクラウドとサーチ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム