【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

「ウルトラ怪獣幻画館」という本を買いました  

どーも、ロッカリアです。
ささ、特撮ファンはこの指とまれ!
と言うことで、前々から気になっていた本を買って来ました。

実相寺昭雄氏の名前は、「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」等々の監督て知られていますが、黒澤明監督もそうでしたが、天は二物を与えた、ということがこの本を見ればわかります。
 
DSCF3622.jpg

みうらじゅん氏が推薦文で、「全部掛け軸にして床の間に飾りたい」と言っているように、透明水彩に近い色使いで、特撮世代にはお馴染みの怪獣が描かれています。

DSCF3623.jpg

ウルトラセブン第8話「狙われた街」の絵でも分かるように、全ての絵に実相寺氏がその作品に対する思いを筆に託して絵の上から書いています。
みうら氏が言っているように、墨絵の掛け軸のような趣があります。
このメトロン星人とダンの有名な四畳半のシーンでは、「宇宙人には座布団をすすめるべきか」という言葉が添えられています。

DSCF3624.jpg

これもセブンの大好きなエピソード、45話の「円盤が来た」のペロリンガ星人。
「星を見すぎると、宇宙人が誘いに来る」と、実相寺監督が、夜空を見上げて本当にそう感じたんじゃないか、と思わせる言葉が書かれています。

文庫本で、100ページほどですが、これは特撮ファンにはオススメの一冊です。





Posted on 2017/06/11 Sun. 15:59 [edit]

category: 迷宮図書室

tag: 特撮 
tb: 0   cm: 2

コメント

Re:しろくろshow さんへ

どもども、コメントありがとうございます。

実は買うのに躊躇していたのは、おっしゃるように文庫サイズだからなんです。
このサイズでは、怪獣たちの迫力が半減してしまいますよね。
もちろん絵には大満足で、見ているとドラマをメチャクチャ見たくなってきます。

ちくま文庫、変な本が多いですね!(褒め言葉です)
また遊びに来てねください。

URL | ロッカリア #-
2017/06/12 22:57 | edit

こんばんは。

いやー、これは私も買いました。

正直この内容なら文庫じゃなくてもう少し大きいサイズで出して欲しかったなと思いましたけど、中身には満足しています(実相寺さん絵めっちゃ上手いですし)

それにしてもちくま文庫はたまに侮れない特撮本が出ますねー。

URL | しろくろshow #-
2017/06/12 20:37 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://rockaria1960.blog.fc2.com/tb.php/36-cd15c3ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック

QRコード

タグクラウドとサーチ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム