FC2ブログ

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

TOP >  シネマ・エッセイ >  タ行 >  『弾丸特急ジェット・バス』笑えないパニック・コメディ

『弾丸特急ジェット・バス』笑えないパニック・コメディ

どーも、ロッカリアです。

1976年の映画で、当時ブームだったパニック映画のあらゆるエッセンスを抜き取ったパロディ映画。
だが、近年の長距離運行バスの事故などの悲惨なニュースがどうしても脳裏に焼き付いていて、単純に笑えない。
『カサンドラ・クロス』『ポセイドン・アドベンチャー』『タワーリング・インフェルノ』等を揶揄っているシーンが特に目立ちます。

DSCF3610.jpg
公開当時も「ロードショー誌」や「スクリーン誌」で酷評だったことを覚えています。
バスを2台繫げて疾走する迫力は、確かにアメリカならではの発想。
日本の道路事情では絶対無理だと思いながら見ていました。
1970年代の、ダークサイド映画ですな。

さて、今日は映画の内容はひとまず置いといて、見ていてあるシーンにおや? と思ったことを紹介します。
まずそのシーンを見てください。
女優のストッカード・チャニングのこのポーズ、これを見てある映画をすぐに思い出しました。

DSCF3609.jpg

みなさんの中にも、ああ、あれだ! と思った人もいるんじゃないでしょうかね。
そう、『波の数だけ抱きしめて』の中で、ミポリン(中山美穂)が願いごとをするシーンと同じポーズなんです。

img136-1.jpg

私は最初にミポリンのポーズにインパクトを受けていたので、ちょっとビックリ。
で、これは何のポーズなのか調べてみると、アメリカで古くから伝わる、願い事をするときの定番ポーズなんですと。(ふ〜ん)

全く関係ない映画と映画が時代を超えて、繋がった感じがして、ちょっとうれしい発見でした。
カルト作品が好きな人限定にオススメです。



コメント






管理者にだけ表示を許可する