FC2ブログ

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

TOP >  シネマ・エッセイ >  マ行 >  『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ナイショ話はやめてくれ!

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ナイショ話はやめてくれ!

どーも、ロッカリアです。
今日は少しネタバレ気味で行くので、未見の人はご遠慮ください。
この作品の面白さについては、皆さんが多く語っているので、ここではチョット気になる別の事を取り上げたいと思います。

ミッションフォールアウト

この映画を見た人で、あのラストシーンが気になった人っています?
『M:I:3』で結婚したイーサンとジュリアだったが、人質に取られたりして、彼女の命が危険だと判断したイーサンはジュリアと距離を置いた。
その後、『ゴースト・プロトコル』『ローグ・ネイション』にも姿を見せたが、生存確認程度のわずかな時間だった。
ところが今作では、終盤にガッツリ登場しているが、この再会シーンがとても切なかった。
劇中イーサンは、何度かジュリアの夢を見る。
しかも悪夢だ。
イーサンは、自分がジュリアの人生をメチャクチャにしてしまった、と言う後悔の念に囚われていたのだ。
そこに登場したのが女スパイのイルサで、彼女は前作でイーサンに、「私と一緒に逃げよう」と言ってのけた。
イルサがイーサンに恋心を抱いているのは明白だったが、今作では、イルサに対して、ルーサーがこんな事を言う。
「イーサンが真剣に愛した女性は二人。一人は妻だ」
このとき初めて、イーサンに妻がいる事を知るイルサだったが、同時に二人の悲しい事情も知る。
上手いのが、この時、イーサンが愛したもう一人の女性の名前を言わなかった事だ。

イーサンとジュリアの再開が実に切ないと思うのは、彼女は他の男性と既に結婚していた事を、この再会のシーンで観客が知らされるからだ。
夫を紹介された時のイーサンの心情を考えると、男なら計り知れないものがある。
ラスト、負傷してベッドに横たわるイーサンにジュリアは言った。
「あなたと出会ったからこそ、自分はどう自分はどう生きるべきなのかを知る事が出来た。今はとても幸せよ」と。
イーサンが悪夢から解放された瞬間だ。
そして問題のシーンがやってくる。
ジュリアが立ち去ろうとした時、イルサが入ってくる。
ジュリアとイルサはお互い向き合うと、イルサがジュリアの耳元で何か囁いた。
一体何と言ったのか?
もちろん、その内容は知るよしもないが、この時、イーサンへの愛情が、ジュリアからイルサに受け継がれた構図、と考えるのは早計だろうか?
例えば、「あとは私に任せて」的な事を言ったと仮定したら、次回作はトンデモナイ、やばい展開になってきそうだ。
プルトニウムは3個のうち2個しか回収していない。
となれば、残りの一つを巡って、イルサに危険が迫る展開になるであろう事が想像できる。
今作では、繰り返しイーサンが一人の命を大切にする事が、状況を悪くしている事が描かれている。
イーサンとイルサの愛情が表面化すれば、この構図が次回作でも踏襲され、もっと悪い状況を招くかも知れない。
ま、これはいつもの妄想だと思いますが、イルサとジュリアが、ヒソヒソ話をするから、妄想が膨らむんです!
それにしても、このシリーズはいつまで続くんでしょうか。
トム・クルーズの身体が心配です。
次回作を作る頃、もう還暦に差し掛かるんじゃないでしょうか……。
ヒッチ4
「見せない、と言うのも一つの手じゃが、聞かせない、と言うのも効果がある」

コメント






管理者にだけ表示を許可する