FC2ブログ

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

TOP >  嗚呼、音楽夜話 >  ロックファンなら【ばんばひろふみRock’na 夜咄】を聞こう!

ロックファンなら【ばんばひろふみRock’na 夜咄】を聞こう!

どーも、ロッカリアです。

今やFM放送は無料で全国の放送が聞ける時代です。大阪のローカル局ですが、ぜひ一度聞いてみて下さい。
※「WIZ RADIO」と言うスマホのアプリ。Android版、iOS版があり、ダウンロードして聞くだけなら無料です。
 radikoと言う手もありますが、全国の曲が聴けるのは有償です。(詳細はこちらのホームページで解説しているので参照してください)

bannbann.png
(FMCOCOLOのホームページより)

大阪のFM局に、FMCOCOLO(ココロ)と言うステーションがあって、この局は45歳以上のリスナーを対象にしている珍しい局です。
そのCOCOLOで、毎週木曜日の深夜12時にオンエアされているのが、「ばんばひろふみRock’na 夜咄」です。
タイトル通り、ロックに関しての番組ですが、これがすごい!
何がすごいのかと言うと、DJのばんばんがすごいんです。
1時間番組で、ワンアーチストか、アルバムを一枚丸々紹介しています。
この、アーチストやアルバムに対しての蘊蓄(ウンチク)がハンパないんです。
アルバムの曲を一曲一曲のエピソードが聞け、しかもその話が楽しいんです。
リスナーが、「へえ〜、そうだったのか!」と感心する情報が次から次へと出てきます。
私は、個人的にはピーター・バラカン氏と小林克也氏のファンですが、現在の一押しDJは間違いなくばんばんです。
二人のDJと決定的に違うのがユーモアのセンス。(しかも多め)
全く嫌味がなく、それでいて知識は博学と言う所がたまりません。
RADIKOならタイムフリーで過去一週間のオンエアが聞けるので、リアルタイムで聞くのが難しい人は、時間を見つけて聞いてみて下さい。
今日は木曜日、一体どんな「ロックな夜咄」が聞けるんでしょうか。

P.S
番組内で、一枚のアルバムを取り上げて、じっくり聞かせてくれるので、アルバムを買う判断ができて助かります。
例えば先週のローリング・ストーンズ「べガーズ・バンケット」50周年記念エディションを取り上げ、従来のアルバムとの違い教えてくれました。
当然、購買意欲はダダ上がり!!
昔はこういったプログラム、結構あったんですけどね。
余談ですが、このアルバムに入っている「悪魔を憐れむ歌」は、デンゼル・ワシントン主演の映画タイトルに使われましたが、劇中に流れたのは2ndアルバムに収録の「タイム・イズ・オン・マイ・サイド 」でした。

コメント






管理者にだけ表示を許可する