FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

INFORMATION

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

『ジャッカルの日』鬼ごっこの理論がこの名作を生んだ 

どーも、ロッカリアです。
この映画、中学生の頃から何回見ているだろう? 
当時はテレビの洋画劇場、水曜ロードショーが一番オンエア回数が多かったかな。
数年前に録ったHD映像をスクリーンに映して、日曜の午後、名画座気分で見ました。(なんと贅沢な過ごし方だ…)

アメリカのケネディ大統領が暗殺された時、次はフランスのド・ゴールだとメディアでは囁かれました。
実際、この人ほど暗殺されかけた大統領もいないでしょう。
何故なら、この物語でも登場する武装テロ組織のO.A.Sは実在し、その力で大統領になったド・ゴールが、そのテロ組織をすべて排除、つまり裏切ったからだ。

オープニングのクレジットの文字が黒く、不気味な感じで始まる。
ド・ゴール大統領は数台の車(シトロエン!)を引き連れ、地方の空港へ向かうが、途中、激しい銃撃に見舞われる。
が、車の窓ガラスこそ割れたが、奇跡的に死傷者ゼロと言う展開で幕をあける。
これは実話で、この後からがフィクションになる。

この一件でO.A.Sの幹部が処刑され、手薄になった組織は外部から暗殺者を雇うことになる。
その筆頭に選ばれたのが、実績のある、コードネーム・ジャッカルと言うイギリス人だった。
ジャッカルの要求する金額が法外だったため、テロ組織は銀行など数カ所を襲って資金を調達する姿が涙ぐましい。(笑)
この映画は、プロの殺し屋が、一体どんな方法で暗殺を実行するのかを、ドキュメンタリー・タッチで克明に、そして鮮明に見せる。
オーダーメイドのライフルやパスポート、免許証の偽造、他人に成り済ます変装や車の改造・偽造、暗殺の実行場所の選定など、どれも抜かりがない。
なかでも、スイカを人の頭に見立てて、ライフルの照準値をドライバーで少しづつ合わせていくシーン、男子諸君なら、みんなシビレること、間違いない。

だが、予期せぬ事態もジャッカルには起こるが、その時の危機管理の凄さは素晴らしい。
どれを取っても超一流の殺し屋、観客はジャッカルの有能さに目を奪われる。

ジャッカルの日

一方で、そのジャッカルを国家レベルで追う執念の刑事がいる。
叩き上げの匂いがプンプンするルベル警視だ。
当たり前の話だが、インターネットの無い時代、情報は常に後手後手で、追い詰めながらも、あと一歩の所で逃してしまう。
実はここに、この映画を面白くしている要素がある。
それは「鬼ごっこ」だ。
捕まりそうで捕まらない、このハラハラドキドキ感は鬼ごっこそのモノなのだ。
それは、パリ解放式典に出るド・ゴール大統領を狙う大団円まで続き、観客は全く目が離せない。
映画史に燦然と輝く、いや輝き続ける名作だ!

余談ですが、オールドファンに情報を一つ。
ジャッカルが初めてO.A.Sの幹部が待っているウィーンのホテルへ向かうシーン。
入る直前に観覧車が見えるが、実はこれ、『第三の男』で、オーソン・ウェルズとジェゼフ・コットンが対峙する、あの有名な観覧車なのだ。

まだ見ていない人、これこそが映画。
お見逃しなく。


category: サ行

tag: サ行 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://rockaria1960.blog.fc2.com/tb.php/201-b54570ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。