06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

INFORMATION

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

『サタデー・サイト・フィーバー』40周年記念盤の話 

スクリーンショット 2018-06-03 13.58.24

サタデー・ナイト・フィーバー40周年記念盤が発売されます。
なんで取り上げたかと言うと、映画本編をブルーレイに収め、オリジナルサウンド・トラックをSHM-CDに収め、しかもソフトが入っているケースは、レコードのジャケットを再現した紙ジャケット仕様の、凝ったソフトだからです。

どーも。ロッカリアです。
1970年代にディスコ・ブームの火付け役だけじゃなく、のちに『トップ・ガン』『フラッシュ・ダンス』『フットルース』など、ロックで埋めつくされた大ヒット・サントラのルーツになりました。

全世界でチャートを賑わせたビージーズの「ステイン・アライブ」「恋のナイト・フィーバー」「愛はきらめきに中に」「モア・ザン・ア・ウーマン 」「ジャイブ・トーキン」「ユー・シュッド・ビー・ダンシング」は、名作『小さな恋のメロディ』のような曲調から一変し、ダンスを挑発させるディスコ・サウンドになっていて、このモデルチェンジに当時のファンは相当驚きました。

DSCF4051.jpg

『アメリカン・グラフィティ』のサントラも全曲ロックでしたが、こちらはオールディーズでした。
『サタデー・サイト・フィーバー』の新しいサウンドに、当時の若者が反応し、世界的ブームを作りました。

トラボルタ演じるトニーは、小さなペンキ屋で働く青年。
家に帰ると、父親は失業中で母親とケンカばかり、神父で自慢の長男は、その職を辞めて父親と衝突を繰り返すと言う、散々な家庭だが、土曜の夜になって、白いスーツでバッチリ決めてディスコに繰り出すと、嫌な日常を忘れゴキゲンだ。
ところが、ステファニーと言う女性がトニーの前に現れた時から、彼は人生の意味を考え直すようになる……。
決してミーハーな内容にとどまらなかったことが、この映画を成功に導いたと思います。

トニーの部屋に、ブルース・リーのポスターがありました。
リーのアクションを見て、あれほど体が動いて戦えたら気持ちがいいだろうなぁ、と思ったが、トニーのダンスにも全く同じことが言えると思います。
ブルース・リーは空手・拳法ブームを起こした。
そしてトラボルタはディスコ・ブームを生み出した、と言うのも興味深いですね。
当時の若者が熱狂したこの映画、今の人が見たらどう思うのか、とても興味がありますね。

よ〜し、今夜はこのサントラをかけてフィーバーするぞ!(って、今日は日曜日……)

category: ニュース

tag: サントラ  ブルーレイ 
cm 2   tb 0   page top

コメント

Re: 宵乃さんへ

コメントありがとうございます。

映画でのトラボルタが演じるトニーは、最初の恋人の接し方は別として、暗く酷い青春の中にあって、意外と正義感が強く、真面目な青年として描かれていたと思います。
ダンス大会の優勝を受け入れられなかったり、仲間はずれの友達を励ましたり、ステファニーに真っ向からそんなのは間違っていると意見したり。
だから、宵乃さんがおっしゃる通り、ダンスシーンでは輝いて見えたんだと思います。

私も、今年に入って見直したんですが、ダサい、のを一回りして、ダンスもかっこよく見えました。
この映画を見るたびに、ディスコで踊った10代から20代前半のことを思い出します。
ただし、隅っこの方で……。

この映画では、ディスコ、『フラッシュダンス』ではカフェバー、古くは『サムライ』を見てトレンチコート、アラン・ドロンを見てタバコを、『ミニミニ大作戦』を見てミニのクーパーをと、映画に絶大な影響を受ける自分が今もいます。
でも、最近は影響を受ける映画が少なくて、ちょっと残念です……。
強烈な映画にたくさん出会いたいものです。

また遊びに来てください。
ロッカリア #- URL [2018/06/04 23:54] edit

トラボルタのダンスのキレが

素晴らしかったですね~。観る前は「今見たら絶対ダサいだろ」と思ってましたが、実際にはカッコよかったです。トラボルタ以外じゃ、どうなるかわかりませんが(汗)
青春のあれこれはちょっと酷いなぁと思うところもあり、でもダンスに熱中するシーンが輝いているのは暗い部分があるからなんでしょうね。
ディスコブームを巻き起こしたというのも納得です。
宵乃 #K4YeSyNc URL [2018/06/04 15:42] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://rockaria1960.blog.fc2.com/tb.php/198-ba6b6cff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。