FC2ブログ

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

TOP >  シネマ・エッセイ >  ハ行 >  『初恋』ヘップバーンのヒッチ印サスペンス!

『初恋』ヘップバーンのヒッチ印サスペンス!

どーも、ロッカリアです。

これ、日曜日にホームセンターのコーナンに行き、ワゴンの中で見つけました。
ん〜、¥500、手にとって大丈夫かな……と見ると、HDリマスターされていて、再生して見ると画質は綺麗で、目立ったノイズもなく、ストレスなしで見ることができました。

まず日本語タイトルからディスってみたい。
確かに恋愛の要素があるけど、それはサスペンスをより深くするためのものであって、ラブストーリーではない。
タイトルをつけた人、絶対見てないな。(だって¥500で売るんだもん)

DSCF4045.jpg

死んだ父の遺志を継ぐレジスタンスの男に惹かれているのが、この映画のヒロイン、マリア(ヴァレンティナ・コルテッサ)で、その妹ノーラを演じているのがオードリー・ヘップバーンだ。
オードリーは、まだ『ローマの休日』に出演する前の作品で、バレリーナを志す少女(と言っていいでしょう)を演じています。
彼女がバレエを踊るシーンが見られる貴重な作品と言えます。

レジスタンスの男に恋をしてしまったために、独裁者暗殺計画に巻き込まれていくサスペンスで、イギリス時代のヒッチコック作品、或いは『逃走迷路』『汚名』と言った雰囲気を持っています。
マリアが恋をする男を演じているのが、『冒険者たち』で、レティシアを死に巻き込んだ憎っくき男(笑)セルジュ・レジアニ。
ここでも許せん男を演じています。(怒)
オードリーは実生活でも、若い頃にこの映画に似た状況下でバレエを習っていて、作品と重ね合わせて重ね合わせて見るのも楽しいですね。
この映画が1952年、直後の1953年に『ローマの休日』でオードリーはブレイクしますが、この作品でも間違いなく原石の輝きを放っています。
物語もしっかりしていて、退屈することもありません。
オードリーのファンはもちろん、オールドファン、クラシック映画ファンは必見です。

それにしても『初恋』って、ツルゲーネフじゃあるまいし……。



コメント






管理者にだけ表示を許可する