FC2ブログ

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

TOP >  特撮 >  総天然色「ウルトラQ」第27話 206便消滅す

総天然色「ウルトラQ」第27話 206便消滅す

どーも、ロッカリアです。
『大空港』である。

DSCF4030.jpg

香港から万城目と一平を乗せた超音速旅客機は、もう直ぐ空港に着くと言うところで、空にできた渦巻き状の乱気流に飲み込まれてしまう。

DSCF4029.jpg

空港で待つユリちゃんと一の谷博士は事故の一報を聞いて、ユリちゃんは気を失う。
ところが、姿は見えないのに、ジェット機のエンジン音だけが響き渡る、不思議な現象に包まれる。

DSCF4031.jpg

乱気流のようなものは、実は四次元の入り口のようなもので、乗客やパイロットが失神から元に戻ると、飛行機は雲の上に停車しているように止まっていた、
しかも、乗客の中に護送中の凶悪犯、オリオン太郎がいて、刑事の銃を奪いみんな道連れにしてやると豪語する。
機長と副操縦士、万城目と一平はオリオン太郎に脅され飛行機の外に出る。

DSCF4032.jpg

そこ見た光景は、たくさんの飛行機が朽ち果てた姿で雲の中にあり、零戦まであった。
パイロットが乗っていたが、すでに死んでいた。

ところが、その雲の中に大きなダイヤが何故かゴロゴロしていて、それを見たオリオン太郎は欲に目がくらみ、その隙を突いて万城目は銃を奪おうとする。
が、オリオン太郎が撃った弾はパイロットと副操縦士に当たってしまい、重傷を負う。
格闘の末、オリオン太郎はなぜか雲の隙間から落ちてしまう。
代わりに、その雲の合間から巨大なアザラシ怪獣、トドラが姿を現わす。

DSCF4033.jpg

万城目は銃で応戦するが、トドラには全く効かない。
なんとか飛行機に戻ったが、他の乗客から「誰が飛行機を動かすんだ?」と問われ、万城目が「僕が操縦します!」と言うシーンはカッコいい。
だが飛行機のエンジンがかからない。
その間にもトドラは飛行機はだんだんと迫っていた……。

エンジン音は聞こえるが、管制塔のレーダーには映らない、そんな状況で、普段セスナのパイロットの万城目が、燃料のない旅客機を必死になって操縦する。
地上ではユリちゃんが二人を心配して泣いている。

DSCF4034.jpg

まるで映画『大空港』のような緊迫感があってとても面白いエピソードに仕上がっています。
四次元という言葉こそ出てこないが、これ以後に、不思議な空間=四次元という言葉が小学生の間には浸透したのであった。
ユリちゃんと万城目の繋がりがいかに深いかがわかるエピソードです。
管理人のみ閲覧できます * by -

ロッカリア">
Re: 鉦鼓亭さんへ * by ロッカリア
コメントありがとうございます。

鉦鼓亭さん、多分お忘れになっていると思いますが、実は次の「開けてくれ」の最終回の方が、ユリちゃんと万城目の間が浮き彫りになっています。
しかも露骨な表現をしているんですよ。
そこもちゃんと記事に書くのでお楽しみに!(笑)

小泉博さんは画面に登場すると、やっぱりオーラがありますね。
鉦鼓亭さんにいわれるまで、スチュワーデス(古い?)さんが八代美紀だとは気が付きませんでした。(汗)

確かにセット、ミニチュア、トドラの出来はイマイチでした。
特にトドラの使い方は雑すぎのような感じがしました。

「ウルトラQ」のプラモは持ってなかったですね〜。
リモコンで動くプラモといえば、ガメラ、バルゴンというラインナップでした。

最終回の記事のアップが終わったら、私が考えたある仮説も記事にするので、またコメントをお持ちしてます。

* by 鉦鼓亭
 ロッカリアさん、こんばんは

リアル放映では、これが最終回。
もう少し、上質なので〆て欲しかったです。(汗)

この最終回の見ものは

ユリちゃんと万城目の繋がりがいかに深いかがわかるエピソードです

これに尽きて、これ以外無かった・・・。

上の写真にも出てますが、この回は、江川宇礼雄に伊藤久哉、「マタンゴ」の小泉さん、八代美紀と結構、キャストに予算かけてますね。
(羽田管制塔以外、着ぐるみトドラとミニチュア飛行機、客室セットだけと質素だったからでしょうか(スモーク焚いてホリゾンド真っ白だし))

昔、リモコンで動くプラモデル「トドラ」持ってました。(笑)

コメント






管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018-05-02 * [ 編集 ]

ロッカリア">

Re: 鉦鼓亭さんへ

コメントありがとうございます。

鉦鼓亭さん、多分お忘れになっていると思いますが、実は次の「開けてくれ」の最終回の方が、ユリちゃんと万城目の間が浮き彫りになっています。
しかも露骨な表現をしているんですよ。
そこもちゃんと記事に書くのでお楽しみに!(笑)

小泉博さんは画面に登場すると、やっぱりオーラがありますね。
鉦鼓亭さんにいわれるまで、スチュワーデス(古い?)さんが八代美紀だとは気が付きませんでした。(汗)

確かにセット、ミニチュア、トドラの出来はイマイチでした。
特にトドラの使い方は雑すぎのような感じがしました。

「ウルトラQ」のプラモは持ってなかったですね〜。
リモコンで動くプラモといえば、ガメラ、バルゴンというラインナップでした。

最終回の記事のアップが終わったら、私が考えたある仮説も記事にするので、またコメントをお持ちしてます。
2018-04-30 * ロッカリア [ 編集 ]

 ロッカリアさん、こんばんは

リアル放映では、これが最終回。
もう少し、上質なので〆て欲しかったです。(汗)

この最終回の見ものは

ユリちゃんと万城目の繋がりがいかに深いかがわかるエピソードです

これに尽きて、これ以外無かった・・・。

上の写真にも出てますが、この回は、江川宇礼雄に伊藤久哉、「マタンゴ」の小泉さん、八代美紀と結構、キャストに予算かけてますね。
(羽田管制塔以外、着ぐるみトドラとミニチュア飛行機、客室セットだけと質素だったからでしょうか(スモーク焚いてホリゾンド真っ白だし))

昔、リモコンで動くプラモデル「トドラ」持ってました。(笑)
2018-04-29 * 鉦鼓亭 [ 編集 ]