FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

INFORMATION

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

総天然色「ウルトラQ」第23話 南海の怒り 

どーも、ロッカリアです。

『テンタクルズ』である。
南海の孤島、コンパス島の付近で漁に出ていた漁船第五太平丸は、突如大ダコに襲われ、父親と乗組員は海の中へ消え、雄三だけがある島へ漂着する。

DSCF4005.jpg

アニタという女性が、海岸で気を失っている雄三を発見、介抱する。

DSCF4006.jpg

一方、死の海で行方不明になった漁船の取材を、デスクから依頼された万城目と一平だが、なぜかユリちゃんは乗り気ではない。
現地の人も美人のスマイルには弱いはずだと説得するも、それじゃただのバカが来たと思われると承知しない。

DSCF4007.jpg

デスクは、天才的な通訳で一風変わった南という人物が同行するから、安心しろとなだめる。

DSCF4009.jpg

アニタの介護で気が付いた雄三は、バナナを食べながら、言葉を教えあう。
もちろん日本人が原住民を演じているのだが、東宝の十八番、違和感がない(笑)

DSCF4008.jpg

コンパス島についた万城目たち三人だったが、住民からは出て行けと迫られる。
その時、大ダコのスダールが子供を襲うと、万城目は危険を顧みず助けに向かう。
この勇気ある行動が気に入られ、島の取材は許される。

DSCF4010.jpg

雄三は、第五太平丸を沈めたのが大ダコ、スダールの仕業だと知ると、復讐を誓うが、実は島の守り神であると聞かされ、スダールの居場所を教えようとしない。
万城目達が、国連の飛行隊に連絡を取ると、三機の飛行機がスダールに攻撃を加える。

DSCF4011.jpg

ところがスダールには全く効力なく、逆に島の住人達を襲い始めてしまった。
竹ヤリで立ち向かう住人と雄三だが、スダールは止められない。
その時、ライフルを持って立ち上がったのが、スダールを攻撃してはならないと言っていたアニタだった……

DSCF4012.jpg

レッチ島を舞台にした『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』の公開と同じ年に作られ、『モスラ』がいるインファント島のような島が舞台で、原住民も勿論日本人が演じています。
ガキの頃からこのシチュエーションを見ているので、なんの違和感もなく見られました。
とにかく、大ダコのスダールがよく出来ていて、あのヌメヌメ感は絶品です。
所々本物のタコも使っていますが、それも溶け込んでいます。

冒頭で、漁船がスダールに襲われるシーンは、特撮としてもよく出来ています。
短編の特撮映画を見た気がして、とても得した気分です。

category: 特撮

tag: ウルトラQ  特撮 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://rockaria1960.blog.fc2.com/tb.php/181-eef31132
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。