09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

映画秘宝セレクション「映画評論・入門」映画ブロガーさん、必読じゃないでしょうか!? 

どーも、ロッカリアです。

見た映画の感想やレビューを何気に書く。
何を書こうと、その映画のどこを切り取ろうと、それは見た人の自由だが、ブログで活字にする人は、細心の注意が必要だ。
なぜなら、その文字が表現する印象が、良くも悪くも、モロに影響されるのは、その作品だからです。

DSCF3598.jpg

映画評論とは何か? レビューとは? 映画解説とは? 感想って? はたまた映画ライターとの違いは?
その回答がこの本には書かれています。

過去の映画をめぐる論争を紹介していたり、評論をするためにはその映画を見ただけでは不十分だ、活字にする前には準備が必要だ、と言う、プロとしての心構えなども書かれていますが、これはブログでレビューを書いている人にも、ある程度共通することが、たくさん書かれています。

私も今までのブログでは堂々とレビューを書いていましたが、このブログでは、エッセイとして映画を語ろうかなと思っていました。
その昔は、淀川長治さんのように、あるいは双葉十三郎先生のような、映画評論家になりたいと言う強い願望がありました。
でも、映画をもっと自由に語る、もっと違う形のアプローチがあるんじゃないかと最近ずーと思っていました。
読むラジオというコンセプトのブログ形態にしたかったのも、今までとは違う、映画や音楽に対するアプローチができるんじゃないかと思ったからです。

話が脱線しましたが、この本にはイラストも写真も一切ありません。
この本の帯を見てください。
映画ブロガーの皆さん、こんな挑発を受けて無視できますか?
内容は決して若い人向きではないけど(古い映画や論争にピンとこないでしょうから)、映画のレビューや感想を書く人なら、一度は目を通しておきたい本だと思います。

この本の中で、桑田佳祐さんが監督した『稲村ジェーン』が公開当時ボロクソに論評された事が書かれています。
特に、北野武さんとの丁々発止のやりとりがあったことも思い出しました。
でも、私も昔はサーファーに憧れていたので、この作品はとっても好意的に見る事ができました。
逆に、ヤクザや任侠といった世界観が苦手なので、北野氏の映画は話題になってもあんまり見る事がありません。

私が言い続けていることはただ一つ。
どんな評論家や映画ライターがその映画を評価しなかったとしても、最後はやっぱり自分の目で確かめる事が大切です。
極論を言ってしまえば、映画は、いいとか悪いとかよりも、好きか嫌いか、じゃないでしょうか?
他人がどんなに酷評しようとも、その作品を好きになれば、それは見た人の宝物になるわけですから。

私は、その作品を語ることによって、その映画を観たくなるような、そんなエッセイが書けるように、今日もブログに向き合っています。(なんちゃって!)


category: 迷宮図書室

tag: 映画本 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://rockaria1960.blog.fc2.com/tb.php/15-37a960be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック