06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

INFORMATION

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

あなたが初めて買ったレコードは何? 私は…… 

どーも、ロッカリアです。
大阪は今雪が降っています。(さぶ)

中学二年生の頃から映画(TVの洋画劇場ね)にどっぷりハマりました。
夜の9時から始まる映画や深夜放送の映画はもちろん、特に土曜日の昼過ぎから始まる洋画劇場は好きでした。
今から考えると、大体が1時間半の放送だったので、カットだらけの映画だったんですけどね。

午前中で授業が終わり、家のTVで吉本新喜劇を見ながら昼飯を食う。
一息ついたところで、洋画劇場が始まる。
この頃、お昼の定番的存在だったのが、マカロニウェスタンだった。
マカロニの特徴と言えばガン・アクションだ。
次に、ハリウッド製西部劇には無い暴力描写とお色気。(断っておくと、決してエログロでは無い)

クリントが1秒間に五人を倒したり、馬に踏まれて使い物にならない手で復讐するジャンゴことフランク・ネロ。
銃で撃たれ、死んだと思ったら、胸ポケットに入れてあった1ドル銀貨に命を救われたジェンマ。
本家に負けじと、アイデアと情熱で対抗していたマカロニ。
そして、それらのドラマを盛り上げ、作品の看板を背負っていたのが、とても印象に残るテーマ曲、サウンドトラックだった。

貧しかったが、新聞配達と、足りない分は母親が足してくれ、プラスティック製のプレーヤー兼レシーバーと、スピーカーまでプラスチックだったが、いっちょ前にLR分離型のステレオを買った。
その時一緒に買ったのが、「マカロニウェスタン・テーマ:ゴールド・デラックス」と言うレコードだった。

DSCF3755.jpg

オリジナル・サウンドトラックと言う言葉を知らなかった少年は、擦り切れるほどレコードを聴いているうちに、「あ、これは映画と同じだ。でも、この曲はちょっと違うようなぁ……」と思いながらも毎日楽しんだ。(これしかなかったからね)
ジャケットはカビが生え、レコードの溝も甘くなってしまったが、正真正銘、今でも私の宝物だ。
あの頃からもう40年以上が過ぎたが、今もあんまり変わらん事をしているなぁ、と思う自分がいるけど、「これでいいのだ!」と思う自分もいる。

皆さんも初めて買ったレコード、覚えてますか?
あるいは、レコードなんて捨てちゃったから忘れた?
良かったら、そんな思い出を聞かせてください。

お、なんか今日はラジオっぽいぞ。

category: ボクの70年代ノート

tag: レコード  TV洋画時代  マカロニ・ウエスタン 
cm 9   tb 0   page top

コメント

Re: miriさんへ

コメントありがとうございます。
そうですか〜、買っちゃいましたか〜。
思いきられましたね〜。
買ったプレイヤーが、どうか故障せずに、長持ちすることを祈ります。

私もレコード聴いて、一日の疲れを取ったり、休日にはリラックスしたり、ライフスタイルには欠かせないものなので、miriさんにも、昔のように楽しんでもらえたら、記事を書いて良かったと思っています。

「サークル・ゲーム」「若葉のころ」「悲しき天使」
「幸せの黄色いリボン」「ウイズアウト・ユー」懐かしいですね。
『いちご白書』はフェイバリット・ムービーですし、『小さな恋のメロディ』もそうでう。
「悲しき天使」は色んな人がカバーしていますね。
「幸せの黄色いリボン」は伊東ゆかり?
「ウィズアウト・ユー」はアルバム(ベスト盤)で持っています。

僕は、カセットデッキが死んだ時に、ネットでジャンク品を買って自分で修理して(LDもそうでした)テープを聴いていましたが、今はもうそのテープがありません。
これは後悔してもしきれません。
すごい青春が詰まってましたから。

感謝なんてとんでもない、少しでも、お役に立てて良かっと、こっちが感謝したいです。
参加型の記事ですか……、また、何か思いついたら、アップしますねって、すでにプレッシャーやん!
ロッカリア #- URL [2018/01/31 22:55] edit

こんばんは☆

>レコードは今も聞けるんですか?

ロッカリアさんの記事に背中をバーーーーン!と押されました☆

私は今から15年くらい前に、
レコードやカセットをCDに焼けるけっこう高級な機械を買って、
持っていたカセットテープは ほぼすべて CD化したのですが
レコードはほとんど出来ないまま、機械を壊してしまいました。

その後は、あまり音楽を聴く事が出来ず、
2009年以降は映画を再びたくさん見るようになって、
レコードはそのままリビングボードで眠っていました。

数年前から、昔持っていたような良い機械ではなく、ちゃちーのですが、
5万円くらいで売っている、レコードが聞けてCDにも焼ける機械、
それがずっと気になっていました・・・でも、
日本製(TEAC)でも中身はほぼ外国製らしく、
当たり外れもありそうで迷ってばかり・・・

それがこちらの記事で
背中をバーンと押されたんですよね~!
サンキュー!って感じです☆

音質には拘らないので、そういうちゃっちー安い機械でも、満足しています!
早速購入して、レコードを聴いて、
レコードを入れる袋も Amazonにあったから買って 新品みたいになって
今は(古い言い方ですが)るんるん気分です☆

本当に有難うございました☆

あと、アグネスは香港の人なので、今は中国ですが
当時はイギリス人だったんですよ~
英語の発音も美しくて(日本語はアレでしたが・笑)。

外国の曲も、そのレコードで、まず覚えたので、
今 youtube でも聞けるオリジナルの人よりも
私はすべてアグネスの声で、彼女の歌い方が馴染んでいます。

「サークル・ゲーム」 「若葉のころ」 「悲しき天使」
「幸せの黄色いリボン」 「ウイズアウト・ユー」 等々。。。

今回、全ての曲もおしゃべりも、覚えていた通りに耳の奥から
そして目の前のスピーカーから、同じように聞こえて
若い時の記憶がすごいなあって思いました。

長々と申し訳ございません。
本当に感謝です。

また参加型の記事をお待ちしていますね~♪
(あ、プレッシャーにはしないでくださいね・笑)


.
miri #jSBoJ0Ww URL [2018/01/31 20:30] edit

Re: しろくろshowさんへ

コメント有り難うございます。

「アクマイザー3」に「ウルトラマン大百科」ですか!
根っからの特撮ファンですね〜。
「アクマイザー3」は、レコードは持ってませんがフィギュアなら持ってます。(ちっこいヤツ)

サントラ・コレクターの人と一緒に輸入レコードの通販買いですか!
これも凄いですね〜。
でも、手元いないと言うことは、捨てられてしまったのでしょうか。
だとしたらもったいないラインナップですね。(グレムリンはLPで持っています)
私も一時期DATと言うレコーダーにサントラを撮りまくったんですが、DATが世間から消えて今では聞くこともできません。
音源を持ってらっしゃるだけ、良かったですね。

あと、QUEENの『フラッシュ・ゴードン』、あれは良いアルバムでしたね。
こちらはCD化されているので、私もいつか買おうと思っています。
映画自体は酷評でしたが、『テッド』同様、個人的には好きな映画なんですがねぇ。

それにしても、『銀河伝説クルール』(LDを今でも持ってます)『トワイライトゾーン』『カプリコン1』『カサンドラクロス』(EP盤は持ってます)『アルゴ探検隊の大冒険』『ブラジルから来た少年』『イルカの日』(これもEP盤で)は、やっぱり勿体無いですねぇ〜。

貴重なお話、ありがとうございました。
また機会がありましたら、お話聞かせてくださいね。
ロッカリア #- URL [2018/01/28 00:42] edit

Re: miriさんへ

コメントありがとうございます。

手、短かっ! と写真を見て思いました。
まさかこの写真で爪まで見られるなんて、さすが女性の視線は怖いと思いました!(笑)
しかもパジャマだし……。

アグネス・チャンのライブ・レコード!
確かに、その頃ライブ盤って何ぞや? と僕も思っていたなぁ〜。
アグネスのTV登場にはビックリしました。
中国の人が日本語で上手に歌っている、と言う驚きでした。(僕はこの頃、天地真理が好きでしたねぇ)
しかも歌詞をノートに書き写して、意味まで調べたなんて!
映画ノートの時も驚かされましたが(そんな頃に映画ノートを付けていたことにたいして)、そうやって英語まで勉強していたんですか。
それだけアグネスのことが好きだったんですね。

僕は高校の時から、洋楽のLPに付いている日本語の歌詞を見ながら音楽を聴いて、この曲はそう言う意味なのか、と楽しんでいました。(歌詞を写し取ると言う発想さえありませんでしたよ)
今も大事な宝物として持っているんですね。
レコードは今も聞けるんですか?
昔のレコードって、CD化されていないものも結構あるので、これからも大切にしてください。

貴重なお話を聴けて楽しかったです。
また遊びに来てください。

ロッカリア #- URL [2018/01/28 00:24] edit

Re: 鉦鼓亭 さんへ

コメント有り難うございます。

環境が整っておられたんですね。
シルビィ・バルタンの曲、私も出し好きでした。
少6の時の友達の家に、家具調のステレオがあって、よく聞きに行きました。
その頃はザ・タイガースやミッシェル・ポルナレフなどを一緒に聞いていました。
なかでも、「帰ってきたヨッパライ」は学校でも流行っていたなぁ。
その後、郷ひろみとか西城秀樹、山口百恵や中村雅俊と聞き継いで行きましたが、中学になると、『007』や『卒業』のサイモンとガーファンクルにハマり、映画音楽と洋楽に目覚めました。
最初に買われたのがフランシス・レイだとしたら凄いですね。
なんだかマカロニと言っている私が恥ずかしくなります。(子供っぽくて)
鉦鼓亭さんとは真逆で、高校に入ると洋楽オンリーでした。
これも友人による影響が大きかったと思います。
ツェッペリンにパープル、そしてピンク・フロイドにキング・クリムゾン、イエス、アラン・パーソンズ・プロジェクト、ELPにELO。
段々プログレにハマりました。
この頃には、映画のサントラはシングル盤を中心に買って、あとはFMでエアチェックしてカセット・テープに録音しまくりました。
いい時代でした。

ちなみに、『ある愛の詩』、私は大好きで、この曲が流れると、あの真っ白な雪景色を思い出さずに入られません。
映画音楽が好きで良かったと、つくづく思います。

貴重なコメントありがとうございました。
また、折に触れ、映画の話で盛り上がりましょう!

※訂正も承りました。

ロッカリア #- URL [2018/01/28 00:02] edit

すいません、訂正です
「マミー・ブルース」→「マミー・ブルー」でした。(汗)
40年以上前なので・・・。
鉦鼓亭 #AM34sMcQ URL [2018/01/27 21:05] edit

こんにちは。

これは自分で買ったものの事ですよね??

と、なると自分の場合は「アクマイザー3」のドーナツEPでした( ̄。 ̄;) 初LPは「ウルトラマン大百科」という主題歌集で、映画音楽兼まともな(?)歌モノだとQueenが担当した「フラッシュゴードン」のサントラ盤でしたねー。

高校生になってからはサントラ盤コレクターの人と知り合いになりまして、彼と一緒にて輸入モノのLPを通販でよく買っていた記憶があります(渋谷にあった「すみや」だったかな??)憶えているのは「銀河伝説クルール」「グレムリン」「トワイライトゾーン」「カプリコン1」「カサンドラクロス」「アルゴ探検隊の大冒険」「ブラジルから来た少年」「イルカの日」あたり(今は手元に一枚も残っていないのでうろ覚えですが、音源は録音したヤツが残っているのでたぶん間違いないと思います)

今思うとLPレコードはあのサイズが視覚的にインパクトがありましたよね。CDジャケットの大きさではあの感動は味わえませんでした(これはLD>DVDでも同様でしたが)
しろくろshow #- URL [2018/01/27 14:37] edit

こんにちは☆

>お、なんか今日はラジオっぽいぞ。

ホント、こういう感じ、イイですね☆
それに爪の短いきれいなお手々まで見せていただいて(笑)。
だんだん仮面をはがしてください!

私はハッキリとしていて、映画は中3からなので皆さんより遅くて
その前に一番大好きだったのが

アグネス・チャン!

一番最初に買ったレコードは、彼女の初めてのライブレコード
(当時は意味がいまいち分からなかった・笑)

アグネス・チャンのLP「フラワー・コンサート」です♪
もちろん今もリビングボードに鎮座ましましています。
その後買ったいろんなアーティストのいろんなレコードや
映画のサントラよりずっと、このレコードは
私にとっての宝物です。

彼女の本格的な発音の英語の歌を、全部ノートに歌詞を書き写して
自分なりに意味を調べて・・・
中1・中2は、他の人も好きだったけど
やっぱりアグネス・チャン!でした♪

読むラジオ、この記事は素敵ですね、多くの皆様の
初めて買ったレコードのお話聞きたいです!


.
miri #jSBoJ0Ww URL [2018/01/27 13:50] edit

 ロッカリアさん、こんにちは

レコードは捨てられないですね、大袈裟に言えば自分史だから。(笑)
同居してた叔母はブルー・コメッツが好きで母は越路吹雪の大ファン
まぁ、そんなの聞いて育ったみたい。
一番最初に歌詞を覚えた曲 「ウナ・セラ・ディ東京」ザ・ピーナッツ〜シャボン玉ホリデーの影響かな、歌本で覚えた。
一番衝撃的だった曲 「帰って来たヨッパライ」父が買って来て家族で笑い転げた
最初のレコード 小学生の時 「フランシーヌの場合」新谷のり子(爆)叔母に買ってもらった。
中学時代、親友から使い古しのポータブルレコーダーとレコード20枚位を貰ってから、音楽を聴くように、その中に有ったのが
一番最初に惚れた歌手 ジャケット惚れ シルヴィ・バルタン「悲しみの兵士」、「アイドルを探せ」 。「フランシーヌ〜」も「悲しみの〜」もどっちもガチの反戦歌だわ(笑)、ベトナム戦争、全学連の時代だったし。
一番最初の映画音楽 「雨の訪問者」フランシス・レイ、「ブーベの恋人」
中学時代はラジオでテキトーに洋楽ばかり聴いてました,でもビートルズは余り聞かなかった、S&Gは聴いたけど(「サウンド・オブ・サイレンス」、「ボクサー」、「スカボロー・フェア」が好きですね)
自腹で買った最初のレコード 「マミー・ブルース」
自腹で最初に買った映画音楽〜高校時代
肝心のこれが思い出せない(汗)
多分、「男と女」、「パリのめぐり逢い」、「個人教授」のどれか。
流行ってたとは言え、僕はフランシス・レイから映画音楽に入っていったんですね、すっかり、忘れてました。(「ある愛の詩」はヒットしすぎで拒否反応)

外国語が思いっ切り苦手で高校からは邦楽一辺倒、同世代だった桜田淳子、山口百恵、キャンディーズ・・・(笑)
その後、10年以上毎日のように浴びるほど聞いて劇症中毒となり、骨の髄まで影響を受けたのが中島みゆき。(笑)
鉦鼓亭 #AM34sMcQ URL [2018/01/27 10:25] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://rockaria1960.blog.fc2.com/tb.php/134-f86ec0e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。