06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

INFORMATION

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【クリント・イーストウッド ポスター大全】素晴らしい本だ! 

ううう、痛い……。
肩甲骨が中々治りません。
これが歳を取る、と言う事なのか……。
どーも、ロッカリアです。

クリントのファンなら、これは絶対買うべし。
デビューした『半魚人の逆襲』から、2014年の『アメリカン・スナイパー』の全ポスターが掲載されていて、1作品に2〜5、6種類の海外ポスターもすべてカラーで載っています。

DSCF3717.jpg


『ダーティハリー』のポスターは、ちょっとだけチラシのデザインと違っていたりします。
DSCF3718.jpg

左はお馴染みのデザインですが、右側のポスターは、アメリカでのスペシャル・ポスターで、ツイードのジャケットが光っていますね。
大砲のように見えるマグナム44に圧倒されます。
DSCF3719.jpg

私が一番好きなポスターは、昔からこの作品!
『アイガー・サンクション』このデザインはサントラLPとシングル盤に採用されていましたし、DVDのジュエル・ケース(CDケース)もこのデザインでした。
DSCF3720.jpg


昔、映画館に行くと、上映中のポスターやロビーカードが入り口出迎えてくれました。
お風呂は銭湯に行っていたので、そこでもよく映画のポスターを見ては、この映画どうしようかなぁ、見に行こうかなぁと、悩んだものでした。
電柱にも、縦に長いポスターが貼られていました。
バンバンの「いちご白書」をもう一度と言う曲を聴くたびに、電柱のポスターが思い出されます。
クリントといえば、我の時代のヒーロー。
一人の俳優のポスターが、これだけ(200点以上)存在することにまず驚きますが、それを繰り返し見ても飽きない内容になっているので、これは映画ファン、特にオールド・ファン&クリントのファンにはオススメの本です。
ちょっと高いけど、納得の内容になっています。

category: 迷宮図書室

tag: 映画本  ポスター 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://rockaria1960.blog.fc2.com/tb.php/114-992a006d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。