06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

INFORMATION

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

『ヴァイラス』日本語ではウイルス 

う〜、体調がシャキッとせんわい。
どーも、ロッカリアです。
歳をとると、風邪なのか他に原因があって悪いのか、よくわかりません。
ま、こんなものだと、諦めていきましょう。

さて、今日紹介するのは、1999年の映画です。
ジュエルケースのDVDが発売されて、すぐに廃盤。
以後、再販される事はありませんでした。
そんなに面白くないのか? と勘ぐってしまいますが、ところがどっこい(死語…)これが面白いんです。
今回は、CSムービープラスでオンエアされたものを録画して見ました。
HD放送なので、DVDよりも画質がキレイで見やすくなっていました。

DSCF3715.jpg

ロシアの宇宙ステーション「ミール」が、突然謎の物質体に遭遇すると、地球の海上で連絡を取り合っていた衛星探査船「ボルコフ号」に強烈な電磁波が伝わって来た。
船のコントロール、及びすべてのコンピューターが制御不能になり、船内は阿鼻叫喚のパニックになった。

7日後、台風に巻き込まれた運搬船「シースター号」も沈没の危機にあった。
何とか台風の目に入り込んだ「シースター号」は、そこで幽霊船のように漂っている「ボルコフ号」に遭遇する。
無人船と判断した船長のエバートン(ドナルド・サザーランド)は、「ボルコフ号」を港まで曳航することで、一攫千金を目論むが、「ボルコフ号」に乗船したクルー達を待っていたのは、人間と機械が融合したハイブリッドの生命体だった……。

「シースター号」のクルーに、ジェイミー・リー・カーティス、ウィリアム・ボールドウィンを配し、VFXを高度な技術で見せるのは、ジェームズ・キャメロンの右腕と言われ、この作品が初監督作品となるジョン・ブルーノ。
人間と機械のハイブリッドマシンは、『ターミネーター』の影響が見られて面白い。

どうして電磁波の生命体が襲って来たのか、なぜ人間がヴァイラス(ウイルス)として殲滅されなければいけないのか、なんて野暮な事は考えないで、「シースター号」のクルーになった気分で見ましょう。
きっと楽しめるはずです。

おっと、また体調が悪くなって来ました。
何かのウイルスに感染したのかも……。

category: ア行

cm 2   tb 0   page top

コメント

Re: 宵乃さんへ

コメントありがとうございます。

VFXはCGを使っていませんが、とてもよく出来ていましたよね。
肉体を持っていないことが、この『ヴァイラス』のタイトルに現れていて、人間のことをウイルスと言っていますが、実はこの実態のない生命体のことを言っているんだ、だから宇宙ステーション「ミール」から、電磁波がウイルスのように船に感染した、と解釈しました。
電磁波は人体には無害です。
ただし、映画の画像を見ていると、絶対無事じゃないだろう、と言えるほどの演出でしたね。
電磁波なんて本来目には見えないものですから。
昔の映画(といえば言い過ぎでしょうが)ツッコミどころを探したら、キリがないですよね。

宵乃さんも、ご自愛ください。
また遊びに来てください1
ロッカリア #- URL [2017/11/09 23:24] edit

ビジュアル的に

楽しめる作品ですよね。生身の人間と機械の融合など、今ならCGで作ってしまいそうなところを美術スタッフが一生懸命作っていたと思うと萌えます。
でも、肉体を持たない敵なのに物理攻撃ばかりするのは若干しらけました。一番最初に登場した時に、何か電磁波攻撃的なことしてませんでしたっけ?
人体には無害だったのかな?
ツッコミどころはありますが、気楽にみられるSFでしたね。

では、お大事に~。
宵乃 #K4YeSyNc URL [2017/11/09 07:30] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://rockaria1960.blog.fc2.com/tb.php/108-9de9ccb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。