FC2ブログ

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

TOP > 2018年06月

【東宝特撮王国】 只今復活中!

【東宝特撮王国】 只今復活中!

どーも、ロッカリアです。大阪を襲った地震で、被害に遭われた方は、本当に大変だと、その心中をお察しします。うちはマンションですが、かなり揺れました。幸いにも、飾ってあったレコードが3枚落ちたぐらいですみました。更なる地震が来ないことを祈るばかりです……。ビビっていてもしょうがないので、いつも通り。他愛もない記事ですが、遊んで行ってください。何年か前に、東宝特撮作品を定期的にオンエアしていた日本映画専門...

... 続きを読む

ロッカリア">
Re: しろくろshowさんへ * by ロッカリア
コメントありがとうございます。
しろくろshowさんは当然知っておられると思っていました!(笑)
意外と粒子が細かくて驚きました。
リマスターされる邦画は、結構ナローな画面になりがちなんですが、ハッキリくっきり感がすごいと思います。
『マタンゴ』は絶対オンエアして欲しいのですが……。
あと「血を吸うシリーズ」も三部作。
あと『ハウス』や『宇宙からのメッセージ』なんてのも見たいです…。
あと……、ま、きりがないのでやめときます。

また遊びに来て下さい。


* by しろくろshow
こんにちは。

最近はすっかりサスペンス劇場の再放送ばかりになったニッセンCHに興味は無くなっていたのですが、この枠が復活したときは直ぐ再加入しました( ̄。 ̄;)

初回の「ラドン」の時から驚きっぱなしなのですけど、どれもこれも画質めちゃめちゃ綺麗になってますよね。怪獣の細かい表情や女優さんの美しさ等をより感じる事が出来て毎回楽しんでおります。

今のところ10月までしか告知が出てないけど、永続的にやってもらいたい企画です。

エンニオ・モリコーネの「プラチナ・コレクション」と言うCDを買いました

エンニオ・モリコーネの「プラチナ・コレクション」と言うCDを買いました

どーも、ロッカリアです。これは2007年に輸入盤として発売されていたものに、日本語の帯をつけて再発という形の発売です。CD3枚組で、モリコーネが手がけたサントラがバラエティーに盛り込まれています。『続・夕陽のガンマン』『ウェスタン』『夕陽のギャングたち』『ミスター・ノーボディ』と言ったマカロニの大ヒット曲からは、テーマと挿入曲が収録。『ニュー・シネマ・パラダイス』『ワンス・ア・ポンア・タイム・イン・アメ...

... 続きを読む

「村上ラヂオ」が本当にオンエア!

「村上ラヂオ」が本当にオンエア!

どーも、ロッカリアです。「村上ラヂオ」と言えば、村上春樹氏のエッセイ集ですが、なんと、その村上氏が、本当にDJを務めるラジオ・プログラムがオンエアされます。その名もズバリ、「村上RADIO〜RUN&SONGS〜」!!(ホームページより)TOKYO FM系でオンエアされます。なんと言っても、今回、人生で初めてDJをすることになった村上氏、小説からも分かる通り、音楽には造詣が深く、一体どんな選曲をして来るのか楽しみです。も...

... 続きを読む

これはヤバイ! 原点回帰の続編『ハロウィン』はカーペンターが制作総指揮です!

これはヤバイ! 原点回帰の続編『ハロウィン』はカーペンターが制作総指揮です!

どーも、ロッカリアです。1978年に公開された『ハロウィン』は、ジョン・カーペンターが監督・音楽・脚本を務めたホラー映画の金字塔である。あのブギーマンが普通に住宅街を闊歩する姿は、本当に恐ろしい。そして今年、そのカーペンターが制作総指揮を務めた、一作目から直属の続編が作られた。つまり、『ハロウィンⅡ』以降、10作近く作られたシリーズを完全に無視した形で制作されたのだ。監督こそデヴィッド・ゴードン・グリー...

... 続きを読む

『セント・アイブス』ブロンソンありきの作品か…

『セント・アイブス』ブロンソンありきの作品か…

どーも、ロッカリアです。J.リー・トンプソン監督と言えば、『ナバロンの要塞』『マッケンナの黄金』『猿の惑星:征服』『最後の猿の惑星』などの超大作に見られる、ダイナミックな演出が光る監督さん。でも、この作品に関して言えば、突出した見せ場もない上、サスペンスに振った演出は苦手のようだ。ヒッチ先生の映画を見れば分かるが、サスペンス・スリラーの作品は、演出に繊細さが必要だ。この作品はそういった繊細さとは無縁...

... 続きを読む

『ジャッカルの日』鬼ごっこの理論がこの名作を生んだ

『ジャッカルの日』鬼ごっこの理論がこの名作を生んだ

どーも、ロッカリアです。この映画、中学生の頃から何回見ているだろう? 当時はテレビの洋画劇場、水曜ロードショーが一番オンエア回数が多かったかな。数年前に録ったHD映像をスクリーンに映して、日曜の午後、名画座気分で見ました。(なんと贅沢な過ごし方だ…)アメリカのケネディ大統領が暗殺された時、次はフランスのド・ゴールだとメディアでは囁かれました。実際、この人ほど暗殺されかけた大統領もいないでしょう。何故...

... 続きを読む

『サタデー・サイト・フィーバー』40周年記念盤の話

『サタデー・サイト・フィーバー』40周年記念盤の話

サタデー・ナイト・フィーバー40周年記念盤が発売されます。なんで取り上げたかと言うと、映画本編をブルーレイに収め、オリジナルサウンド・トラックをSHM-CDに収め、しかもソフトが入っているケースは、レコードのジャケットを再現した紙ジャケット仕様の、凝ったソフトだからです。どーも。ロッカリアです。1970年代にディスコ・ブームの火付け役だけじゃなく、のちに『トップ・ガン』『フラッシュ・ダンス』『フットルース』な...

... 続きを読む

ロッカリア">
Re: 宵乃さんへ * by ロッカリア
コメントありがとうございます。

映画でのトラボルタが演じるトニーは、最初の恋人の接し方は別として、暗く酷い青春の中にあって、意外と正義感が強く、真面目な青年として描かれていたと思います。
ダンス大会の優勝を受け入れられなかったり、仲間はずれの友達を励ましたり、ステファニーに真っ向からそんなのは間違っていると意見したり。
だから、宵乃さんがおっしゃる通り、ダンスシーンでは輝いて見えたんだと思います。

私も、今年に入って見直したんですが、ダサい、のを一回りして、ダンスもかっこよく見えました。
この映画を見るたびに、ディスコで踊った10代から20代前半のことを思い出します。
ただし、隅っこの方で……。

この映画では、ディスコ、『フラッシュダンス』ではカフェバー、古くは『サムライ』を見てトレンチコート、アラン・ドロンを見てタバコを、『ミニミニ大作戦』を見てミニのクーパーをと、映画に絶大な影響を受ける自分が今もいます。
でも、最近は影響を受ける映画が少なくて、ちょっと残念です……。
強烈な映画にたくさん出会いたいものです。

また遊びに来てください。

トラボルタのダンスのキレが * by 宵乃
素晴らしかったですね~。観る前は「今見たら絶対ダサいだろ」と思ってましたが、実際にはカッコよかったです。トラボルタ以外じゃ、どうなるかわかりませんが(汗)
青春のあれこれはちょっと酷いなぁと思うところもあり、でもダンスに熱中するシーンが輝いているのは暗い部分があるからなんでしょうね。
ディスコブームを巻き起こしたというのも納得です。