FC2ブログ

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

TOP > 2017年06月

リメイク版『オリエント急行殺人事件』の予告編。ん〜

リメイク版『オリエント急行殺人事件』の予告編。ん〜

どーも、ロッカリアです。雪に行く手を阻まれたオリエント急行の車内で殺人が起こる。たまたま乗り合わせていた灰色の頭脳の名探偵、エルキュール・ポアロが事件解明に乗り出す。アガサ・クリスティ原作の傑作ミステリ小説を、1974年に映画化し大ヒット。そのリメイク版が今年公開(アメリカ)で公開されます。ミステリー・ファンとしては、やっぱり黙っていられないので、今日はこの映画について語ります。シドニー・ルメットが監...

... 続きを読む

NHK少年ドラマシリーズ「なぞの転校生」泣ける……

NHK少年ドラマシリーズ「なぞの転校生」泣ける……

どーも、ロッカリアです。去年の3月になりますが、日本映画専門チャンネルで、もはや伝説に近い「NHK少年ドラマシリーズ」で、唯一、完全に残されている名作ドラマ、「なぞの転校生」がオンエアされたので、録画して毎日見ていました。東京郊外。ここに住む高校生の岩田くんのマンションに、同じ年頃の青年が引っ越してくるが、とても変わっている。彼が岩田広一を演じる高野浩幸。当時、同世代の女子に絶大な人気があった。彼が...

... 続きを読む

ロッカリア">
Re: マナサビイさんへ * by ロッカリア
さすがマナサビイさん!
DVD、持っておられるんですね。

私たち世代では、この少年ドラマシリーズは、ある意味トラウマになっている人も多いでしょうね。
おっしゃるように、セットとはいえ、団地や教室の風景や街並み。
どれも空気感を感じるし、思い出させてくれますよね。

時代は変われども、いま、こう言った良質なドラマが少年向けに作られないこと、非常に残念で仕方ありません。
私たちが当時気付いていないだけで、振り返ると、いい時代だったんですね。
そのことはマナサビイさんのブログを見ていても強く感じます。
コメントありがとうございました。
また遊びに来てください。


DVD持ってます! * by マナサビイ
今のブログの前身にあたるブログを始めた10年前、少年ドラマシリーズにはまっていまして、このDVD、買ってしまいました!! 
少年ドラマシリーズの中でも一番好きかも。私の場合は映し出される当時の団地の風景やら何やら・・・というノスタルジック、レトロな側面から入ったんですが、それもありながら、何とも言えないいいドラマだなと。
SF的な作品て、社会に対する警鐘や風刺を込めた作品が多いですよね。当時は当時で公害問題とかいろいろあったでしょうが、作品自体に得も言われぬ「透明感」を感じます。これぞ70年代の空気だなと思います。
こういうの、逆に今の子供達に見て欲しい!



ドキュメンタリー映画『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK』のオンエアが決定! 監督は、あのロン・ハワード

ドキュメンタリー映画『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK』のオンエアが決定! 監督は、あのロン・ハワード

どーも、ロッカリアです。(↑これはハリウッド・ボウルのライブを収録したしたCDで、この時の映像も使われています)正式には、『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK ‐The Touring Years』 というタイトルで、彼らの10年の活動を、ライブ映像や楽屋でくつろぐ様子、リハーザル、インタビューなどを盛り込んだ、ファン必見の映画です。少し気が早いですが、7月のオンエアがWOWOWで決定したので、このソフトを買おうか迷っている人は...

... 続きを読む

『ローマの休日』過去記事リミックス

『ローマの休日』過去記事リミックス

これは以前のブログで書いた記事です。イラストだけを差し替えて当時のまま掲載します。こんばんは、ロッカリアです。僕の生涯ベスト10の作品。ついに、この映画を劇場で観る事ができた!  感無量だ……。僕がまだ中学生だった頃、もう35年も前になるが、初めてTVの洋画劇場でこの映画を見てから、幾度と無くこの作品を見続けて来た。この映画の凄い所は、何回見ようが、初めて見た時と全く印象が変わらない映画、と言う所だ...

... 続きを読む

ロッカリア">
Re: 鉦鼓亭 さんへ * by ロッカリア
ご無沙汰しております。

勿論『飛べ!フェニックス』も見ています(笑)
この『ローマの休日』は、同世代の人にとっては、宝物の映画ですよね。
誰もが愛する名画だと思います。

名シーンや名セリフも実に多くて、気高く、時に可愛いオードリー以外に、私もこの映画の成功はなかったと思います。
吹き替え版のドラムソロには気付きませんでしたが、リマスター版では、あの有名な時計の間違いシーンが訂正されていました。(オンエア版でも修正)
池田昌子&城達也両氏の吹き替えも、TV洋画世代としては強く心に残っています。
そして、私が所有している50周年記念版DVDには、この二人の吹き替えが収録されているは勿論、池田昌子さんによる、ローマ市の観光案内のナレーションが入っています。

考えてみたら、この映画を男性と真正面から語り尽くしたことって、あんまりないんですよね。
こうやって、ブログでも意見を交換できることを、本当に楽しく思っています。
熱いコメントありがとうございました。
また遊びに来て下さい!

管理人のみ閲覧できます * by -

* by 鉦鼓亭
 追伸

「ミスター・ハート!」は心臓に悪いしトイレに駆け込みたくもないので
教授の時は後ろの席で隠れながらブツブツ言います。(笑)

* by 鉦鼓亭
 ロッカリアさん、こんにちは

僕達の世代の映画ファン(男)なら、殆どがTVで「ローマの休日」、「大脱走」、「眼下の敵」は見てますよね、もしかしたら「飛べ!フェニックス」も。(笑)

A・ヘプバーン(当然、大ファンだけど、ちょっと別格(神棚行き))
〉僕は、この人の一番の特徴は「気品」だと思います、これは誰にも真似ができない。(ま、消せない気品が邪魔しちゃう時も、「許されざる者」etc)
「ローマの休日」を他の女優が演ったとしても名作にはなったでしょう(ワイラーなら)、でも、ヘプバーンの持つ気品が、これを大傑作にしたと思ってます。

「ローマの休日」
一番好きなシーンは記事にもある、
「もし、私が義務と責任を忘れていたのなら、今夜、ここに帰ってこなかったでしょう、永遠に」
この時の凜としたお姿が、実に神々しい。(笑〜ナイトガウンでさえ神々しい)
後、ギターの戴冠とアーヴィングが思い出の品を献上する所も大好き。
ギターの戴冠〉二度目の時、原語版はドラムソロが入ってるけどDVDの吹き替え版(下の三人組版)には入ってない、何故だろう?昔、見た時は入ってた気がするんだけど。
※刷り込み効果なのか吹き替えは、池田昌子、城達也、理容師・広川太一郎でないと違和感が・・・。(笑)

ホント、この作品は語り出したら止まらないので、この辺で。(汗)

『ビッグ』この映画には、確かに魔法があります

『ビッグ』この映画には、確かに魔法があります

どーも、ロッカリアです。移動遊園地の片隅に、忘れられたように置かれてる一台のマシン。ゾルターと言って、25セントを口の中に入れると、願い事が叶うと言う遊具だ。そのマシンに、子供のジョシュは「早く大きくなりたい」と願う。するとマシンから“願いは叶えられた”と言うカードが出てくる。翌朝、ジョシュが目覚めると大人の体(トム・ハンクス)になっていて、ここから騒動が始まります。劇場公開版よりも約20分長い、エ...

... 続きを読む