03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

INFORMATION



★ ヘッダー画像をまたまたチェンジしてみました。
  写真のラジオは愛機クーガー7です!  


まずは『ゼイラム』と言う特撮映画から始めましょう 

どーも、ロッカリアです。
いよいよゴールデンウィークに突入した、と言う方も多いんじゃないでしょうか。
月・火をしのげば五連休、もう一息がんばりましょう。

さて、この新しいブログでは、レビューと言う形に固執しないで作品を紹介して行こうと思っています。
みなさんは雨宮慶太という監督さんをご存知でしょうか?
ゲーム会社のナムコのスポンサーを受けて作ったビデオ映画『未来忍者:慶雲機忍外伝』で、それまでの時代劇とは一線を画し、サイボーグ忍者が活躍する、パラレルワールド時代劇としてとても評判になった監督さんです。(イラストレーターとしても有名でした)
その監督が1991年に、とんでもないSF映画をいきなり作ってしまったのが、この『ゼイラム』です。

ゼイラム4

ゼイラムという凶悪なエイリアンを、賞金稼ぎのイリヤ(森山祐子)と相棒のコンピューター・ボブが、東京の一画にゾーンという仮想の街を作り出し、そこでゼイラムを待ち構えて捕獲する、と言うのが物語の核。
そこに偶然迷い込んでしまう電気屋の二人が、物語を抜群に面白くして、ただのアクション映画に終わらせない。
そこに持ってきて、イリヤというキャラは公開当時、男子諸君のハートをがっちり掴み、森山祐子を一躍スターにしてしまった。
ハリウッドなら、アンジェリーナ・ジョリーや、時代的にはシガニー・ウィーバーが演じ、ただの激しい映画に終わっただろうが、このイリヤは、魅力的な身体を持ちながらも、その口から出る言葉は、探偵マーロウのようにハードボイルドそのものなのだ。
このアンバランスさが、観客にはとても心地良い。

さらに凶悪ゼイラムは、『エイリアン』『遊星からの物体X』のクリーチャーをリスペクトし、後半になる程不気味さが増してくるし、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の影響も見られ、見る者をニンマリさせる。

SF映画というよりは、特撮映画と言った方がピッタリくるのは、背景をCG以前のマットペイントで丁寧に描いているし、オプチカル合成でゾーンの崩れていくシーンを構成するなど、コンピューターの中だけで作業していない、手作りの魅力に溢れているからだ。

この映画、当時あまりにも高評価だったので続編『ゼイラム2』も後に作られました。
ただ、個人的に言わせてもらうと、この雨宮慶太と言う人、時代劇が好きすぎて(想像です)続編もかなり時代劇色が強くなって行き、一作目とは毛色が違う作品になっています。
その証拠に、『ゼイラム2』の数年後、『タオの月』と言う怪物を登場させる時代劇を作っています。

今回見たのは持っているDVDで。
ブルーレイも欲しいけど、結構高いんだよね。
もし「まだ見てないぞ〜」と言う人、レンタルもされているようなので、GWにご覧になってはいかがでしょう。
オススメです。

category: サ行

thread: 特撮・SF・ファンタジー映画 - janre: 映画

tag: サ行  イラスト 
cm 0   tb --   page top

「R」と書いてリミックスと言います 

初めましての方と、いつもお世話になっている方、ロッカリアです、よろしくおねがします。

2007年に最初に立ち上げたブログ名が【ラジオ・ヒッチコック】と言うものでした。
どうしてこんな変てこりんなタイトルしたのか?
ひとつには、私が大のラジオ好きだった、と言うこと。
もうひとつは、アルフレッド・ヒッチコック監督の作品が大好きだった、と言うことがありました。

今から10年前の深夜帯、FMラジオの番組と言えば、主に若者をターゲットにしていて、私みたいなオッサンが聴くような番組と言えば、昔から続いている「ジェットストリーム」ぐらいしかありませんでした。

「ああ、昔みたいに、ラジオをつけるとヒッチコックのテーマが聞こえてくるような、そんな時代がめぐって来ないかなぁ……」と言う思いから付けたタイトルが【ラジオ・ヒッチコック】と言うものでした。

ここで言うヒッチコックのテーマとは、昔、TVでオンエアされていた「ヒッチコック劇場」(←1950年代から60年代)のテーマ曲のことで、正式名は「マリオネットの葬送行進曲」と言います。

諸事情により続けることが困難になり、ブログを辞めようとしましたが、どうしても映画や音楽のことで皆さんと繋がりたくて、新しいブログ【シネマの自由時間】を2011年に作りました。
こちらのブログも頑張ってきましたが、近年は少しマンネリ気味で、自身が楽しめなくなって来ました。
そこで、ブログ開始10年を記念(?)して、性懲りも無く新しいブログを作ることにしたんです。

考えたのが、やっぱり初めに作ったブログのコンセプト、「読むラジオ」が自分には合っているような気がしました。
【ラジオ・ヒッチコック】を読み返している時に、自分で言うのもおかしな話ですが、その記事には、稚拙ながらも情熱が潜んでいるような気がしたのです。
現在では誰にも読まれなくなってしまったそのブログですが、記事を放置するのも何となく惜しい気がして来たのです。
この新しいブログでは、そんな過去の記事にも時折スポットライトを当てようと思っています。
ただ、イラストはいただけません。
ヘタウマという言葉が昔流行りましたが、今見てもただの下手くそな落書きにしか見えません。(事実そうなんですが…)
少しは時間も経過して、描く絵にも多少の個性が表れ来つつあります(←嘘つけ!)
だったら、イラストだけは描き直して、たまには蘇らせることも可能かなと思い、今度のブログのタイトルのような【リミックス】という言葉をを付け加え、新たなブログのタイトルとしました。

昭和の日に、何とか開設、スタートしたくて、取り急ぎご挨拶させて頂きました。
今後、映画や音楽、いろんな話でまったりと、自身が楽しんでやっていけるようなブログを目指していきますので、よろしくお願いいたします。

2017年4月29日土曜日「昭和の日」において。

category: 未分類

cm 8   tb --   page top

プロフィール

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック