FC2ブログ

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

TOP > 過去記事リミックス

特撮の雄、土屋嘉男氏を偲んで……

特撮の雄、土屋嘉男氏を偲んで……

数々の特撮映画に出演され、なくてはならない存在だった土屋嘉男氏が、今年の二月に肺がんで亡くなられていた、というニュースが今日伝わってきました。氏を偲んで、以前のブログの記事を掲載します。急な訃報だったので、イラストも以前のままで。変身人間シリーズ(美女と液体人間、電送人間)の最期を飾るのがコレ。前二作で刑事役をしていた土屋嘉男が、ガス人間こと水野を熱演している。(一見、雨上がりの宮迫に似ている?)...

... 続きを読む

Re: しろくろshowさんへ * by ロッカリア
コメントありがとうございます。

私も、ちょっとまえにTVでオンエアされていた「ウルトラ警備隊、西へ」で、土田博士を見ました。
子供時代に見た俳優さんが、洋邦に限らず亡くなって行かれるのが、最近多くてとても残念で寂しいですね。
土屋氏のように、出演作が多くて、特撮の常連さんのように見ていましたから、一層引きずります。

私も『ガス人間第一号』を近いうちに見直そうと思ってます。(合掌……)

* by しろくろshow
こんばんは。

いや、ホントに驚きました。ちょうど先月末に高知の上映会で土屋さんの雄志を見てきたばかりだったので余計に喪失感を覚えてしまいましたね(T_T)(中島春雄さんに続いて寂しい話が続くなと)

今夜あたり追悼をかねて「ガス人間」を見返そうかなとも思っています。

※私はおそらく映画よりもテレビで土屋さんを知ったクチだと思っていますが、「ウルトラセブン」の土田博士みたいな役も印象的でしたね。

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

『死刑台のエレベーター』ジャンヌ・モローを偲んで…

『死刑台のエレベーター』ジャンヌ・モローを偲んで…

先月、7月31日にフランス女優、ジャンヌ・モローさんが死去されました。ヌーベルバーグの恋人と呼ばれ、同時代を生きた女性たちに与えた影響は計り知れません。以前のブログで、2011年に『死刑台のエレベーター』の記事を書きました。改めてイラストを描き直した、リミックス・ヴァージョンで、彼女を偲びたいと思います。まあ、こう言うことだ。制作された年代も古く、編集でもアラが目立つ。お前は忍者か!と突っ込みたくなる場...

... 続きを読む

『ザ・フォッグ』この恨み、はらさずにおくべきか!

『ザ・フォッグ』この恨み、はらさずにおくべきか!

どーも、ロッカリアです。暑いので、今日は2009年に以前のブログの記事に、イラストを書き足した過去記事でお楽しみ下さい。これはリメイク版ではない、ジョン・カーペンター監督のオリジナル版。いちいちこんな説明を付け加えないといけないリメイク・ブームのハリウッド。海賊版のほうで、「恐怖映画特集」なるものをやっている(お、何気に宣伝…)影響で、この時期、真夜中に見る映画と言えばやっぱりホラーでしょ、てな訳で、...

... 続きを読む

ロッカリア">
Re: 鉦鼓亭 さんへ * by ロッカリア
コメントありがとうございます!

暑いのは大変ですよね〜。
若い時は夏大好きだったんですが(笑)

この作品、決して傑作じゃありませんが、ホラー映画のムードは満点、そこが好きです。
鉦鼓亭 さんがおっしゃる通り、続編があるのか? 的な終わり方でもよかったと思うんですよね。

確かに、あの霧の演出は凄かったですね。
鉦鼓亭 さんが体験した匂い、間違いなく「エンティティー」ですな!(怖っ!)

また遊びに来て下さい。

* by 鉦鼓亭
 ロッカリアさん、こんばんは

こちら、今日は蒸し暑かったけど、それまで2,3日、息抜ける日があったので・・。(汗)

この恨み、はらさずにおくべきか!
>ちょっと、「八つ墓伝説」みたいでしたね。(笑)
この話、因果応報のオチを付けず不気味なままの方が良かったような。
理屈通した途端、ちょっと醒めた・・・。(汗)

強烈な悪臭・・匂い・・匂い?何かあったような・・・「エンティティー 霊体 」かな、(笑)

『ローマの休日』過去記事リミックス

『ローマの休日』過去記事リミックス

これは以前のブログで書いた記事です。イラストだけを差し替えて当時のまま掲載します。こんばんは、ロッカリアです。僕の生涯ベスト10の作品。ついに、この映画を劇場で観る事ができた!  感無量だ……。僕がまだ中学生だった頃、もう35年も前になるが、初めてTVの洋画劇場でこの映画を見てから、幾度と無くこの作品を見続けて来た。この映画の凄い所は、何回見ようが、初めて見た時と全く印象が変わらない映画、と言う所だ...

... 続きを読む

ロッカリア">
Re: 鉦鼓亭 さんへ * by ロッカリア
ご無沙汰しております。

勿論『飛べ!フェニックス』も見ています(笑)
この『ローマの休日』は、同世代の人にとっては、宝物の映画ですよね。
誰もが愛する名画だと思います。

名シーンや名セリフも実に多くて、気高く、時に可愛いオードリー以外に、私もこの映画の成功はなかったと思います。
吹き替え版のドラムソロには気付きませんでしたが、リマスター版では、あの有名な時計の間違いシーンが訂正されていました。(オンエア版でも修正)
池田昌子&城達也両氏の吹き替えも、TV洋画世代としては強く心に残っています。
そして、私が所有している50周年記念版DVDには、この二人の吹き替えが収録されているは勿論、池田昌子さんによる、ローマ市の観光案内のナレーションが入っています。

考えてみたら、この映画を男性と真正面から語り尽くしたことって、あんまりないんですよね。
こうやって、ブログでも意見を交換できることを、本当に楽しく思っています。
熱いコメントありがとうございました。
また遊びに来て下さい!

管理人のみ閲覧できます * by -

* by 鉦鼓亭
 追伸

「ミスター・ハート!」は心臓に悪いしトイレに駆け込みたくもないので
教授の時は後ろの席で隠れながらブツブツ言います。(笑)

* by 鉦鼓亭
 ロッカリアさん、こんにちは

僕達の世代の映画ファン(男)なら、殆どがTVで「ローマの休日」、「大脱走」、「眼下の敵」は見てますよね、もしかしたら「飛べ!フェニックス」も。(笑)

A・ヘプバーン(当然、大ファンだけど、ちょっと別格(神棚行き))
〉僕は、この人の一番の特徴は「気品」だと思います、これは誰にも真似ができない。(ま、消せない気品が邪魔しちゃう時も、「許されざる者」etc)
「ローマの休日」を他の女優が演ったとしても名作にはなったでしょう(ワイラーなら)、でも、ヘプバーンの持つ気品が、これを大傑作にしたと思ってます。

「ローマの休日」
一番好きなシーンは記事にもある、
「もし、私が義務と責任を忘れていたのなら、今夜、ここに帰ってこなかったでしょう、永遠に」
この時の凜としたお姿が、実に神々しい。(笑〜ナイトガウンでさえ神々しい)
後、ギターの戴冠とアーヴィングが思い出の品を献上する所も大好き。
ギターの戴冠〉二度目の時、原語版はドラムソロが入ってるけどDVDの吹き替え版(下の三人組版)には入ってない、何故だろう?昔、見た時は入ってた気がするんだけど。
※刷り込み効果なのか吹き替えは、池田昌子、城達也、理容師・広川太一郎でないと違和感が・・・。(笑)

ホント、この作品は語り出したら止まらないので、この辺で。(汗)