【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

あなたが初めて買ったレコードは何? 私は……  

どーも、ロッカリアです。
大阪は今雪が降っています。(さぶ)

中学二年生の頃から映画(TVの洋画劇場ね)にどっぷりハマりました。
夜の9時から始まる映画や深夜放送の映画はもちろん、特に土曜日の昼過ぎから始まる洋画劇場は好きでした。
今から考えると、大体が1時間半の放送だったので、カットだらけの映画だったんですけどね。

午前中で授業が終わり、家のTVで吉本新喜劇を見ながら昼飯を食う。
一息ついたところで、洋画劇場が始まる。
この頃、お昼の定番的存在だったのが、マカロニウェスタンだった。
マカロニの特徴と言えばガン・アクションだ。
次に、ハリウッド製西部劇には無い暴力描写とお色気。(断っておくと、決してエログロでは無い)

クリントが1秒間に五人を倒したり、馬に踏まれて使い物にならない手で復讐するジャンゴことフランク・ネロ。
銃で撃たれ、死んだと思ったら、胸ポケットに入れてあった1ドル銀貨に命を救われたジェンマ。
本家に負けじと、アイデアと情熱で対抗していたマカロニ。
そして、それらのドラマを盛り上げ、作品の看板を背負っていたのが、とても印象に残るテーマ曲、サウンドトラックだった。

貧しかったが、新聞配達と、足りない分は母親が足してくれ、プラスティック製のプレーヤー兼レシーバーと、スピーカーまでプラスチックだったが、いっちょ前にLR分離型のステレオを買った。
その時一緒に買ったのが、「マカロニウェスタン・テーマ:ゴールド・デラックス」と言うレコードだった。

DSCF3755.jpg

オリジナル・サウンドトラックと言う言葉を知らなかった少年は、擦り切れるほどレコードを聴いているうちに、「あ、これは映画と同じだ。でも、この曲はちょっと違うようなぁ……」と思いながらも毎日楽しんだ。(これしかなかったからね)
ジャケットはカビが生え、レコードの溝も甘くなってしまったが、正真正銘、今でも私の宝物だ。
あの頃からもう40年以上が過ぎたが、今もあんまり変わらん事をしているなぁ、と思う自分がいるけど、「これでいいのだ!」と思う自分もいる。

皆さんも初めて買ったレコード、覚えてますか?
あるいは、レコードなんて捨てちゃったから忘れた?
良かったら、そんな思い出を聞かせてください。

お、なんか今日はラジオっぽいぞ。

Posted on 2018/01/26 Fri. 23:25 [edit]

category: ボクの70年代ノート

tag: レコード  TV洋画時代  マカロニ・ウエスタン 
tb: 0   cm: 9

お正月映画と言えば、立ち見は当たり前?  

どーも、ロッカリアです。

今日、『スター・ウォーズ:最後のジェダイ』を見てきました。
内容については、また後日記事にするとして、今日は朝の8時40分上映開始と言うことで、普段と変わらない時間に起きて劇場に行きました。
いつもネット予約していくので、中央のシートでゆっくり見ることができました。
朝早い上映時間にもかかわらず、ほぼ満席状態でした。
毎年そうなんですが、いつもお正月に映画を観にい行くと決まってあることを思い出します。

昔、具体的に言うと1970年代の話なんですが(それ以前も勿論そうだと思いますが)、指定席と言う概念が、映画館ではあまりなくて、私の記憶によると、『ゴッドファーザー』とか『スター・ウォーズ』とかぐらいで、普通のロードショー作品なら、同じ料金で、その日の内なら何回でも観られたんです。(いい時代!)

そんな1970年代、中高校生の頃にパニック映画が大ブームになっていました。
『ポセイドン・アドベンチャー』『大空港』『大地震』『タワーリング・インフェルノ』『エアポート75』『パニック・イン・スタジアム』『メテオ』邦画なら『日本沈没』『東京湾炎上』『ノストラダムスの大予言』『新幹線大爆破』
動物パニックなら『ジョーズ』『グリズリー』『ウィラード』『ベン』『スウォーム』『オルカ』『テンタクルズ』等々、きりがありません。
そんな大ブームの中、パニック超大作と銘打って、お正月に公開されたのが『カサンドラ・クロス』でした。

スクリーンショット 2018-01-03 21.50.14


世界保健機構をテロリストが襲撃した際、アメリカ軍が極秘で開発していた細菌を浴びてしまい、キャリアとなったテロリストが大陸横断超特急に逃げ込む。
それを察知したアメリカの陸軍の情報部マッケンジー大佐(バート・ランカスター)が乗客を列車ごと葬ってしまおうとするパニック映画。
「ロードショー紙」などで情報を集め、前売り券を買って、お正月、心ウキウキでお昼頃に劇場に向かうと、すでに長蛇の列!
劇場に入った順番で好きな席を取る時代、やっとの事で入場したのはいいが、すでに満席で、一番後ろの出入り口の所で、約2時間立ち見を強いられたのです。
学習能力に優れていた私は(嘘つけ!)この経験から、映画見に行くなら朝一番、と心に決めました。
以後、お正月であろうが、大ヒット作であろうが、必ず席に座って見ることが出来ました。

昭和の風物詩と言ってもいい立ち見は、その後も劇場で見かけましたが、シネコンが台頭して、指定席が当たり前になると当然消えていきました。

それでも、毎年お正月に映画を見に行くと、あの立ち見をした光景が思い出されます。
昭和とは、不便な時代だったかも知れませんが、面白い時代だったと、今も時々思い出しては、懐かしんでいます。
でも、いくら懐かしくても、この歳になると、2時間の立ち見なんて、絶対嫌だぁ〜!

Posted on 2018/01/03 Wed. 23:20 [edit]

category: ボクの70年代ノート

tb: 0   cm: 2

ラジオドラマ「ハウス」の音源を見つけました  

どーも、ロッカリアです。

スクリーンショット 2017-07-13 22.34.34
『ハウス 』オリジナル・サウンドトラック

1976年。
オールナイトニッポンと言う番組の特別企画で、ラジオドラマ「ハウス」がオンエアされました。
4時間のドラマは、録音ではなく、生放送という、今では考えられないスタイルでした。
深夜のホラー(当時はホラーと言う言葉も、日本ではまだ一般に浸透していませんでした)ドラマと言うこともあり、とても話題になり、「明星」や「平凡」といった雑誌に舞台裏の写真が掲載されていました。

ここで紹介しているのドラマ1は、冒頭から11分間。
その後、9話に細かく別れているので、こちらをクリックすると全て聴くことができます。
この音源は、映画にも出演されていた松原愛さんが所持していたテープをシェアされたものです。
もしCDで発売されたら絶対買うんですけどね。

余談ですが、翌年には大林宣彦監督による映画版が制作されました。
当時としては画期的なオプチカル合成を駆使して撮影されましたが、作品としては賛否両論に別れました。
でも、好きか嫌いかで言うと、個人的には好きな映画です。
今の若い人が見ても決して理解できない、あの日あの時映画ですね。

前置きが長くなりました。
11分間のタイムスリップをどうぞ。

(↓プレイボタンで再生が始まります)

Posted on 2017/07/13 Thu. 22:33 [edit]

category: ボクの70年代ノート

tb: 0   cm: 0

NHK少年ドラマシリーズ「なぞの転校生」泣ける……  

どーも、ロッカリアです。

去年の3月になりますが、日本映画専門チャンネルで、もはや伝説に近い「NHK少年ドラマシリーズ」で、唯一、完全に残されている名作ドラマ、「なぞの転校生」がオンエアされたので、録画して毎日見ていました。
DSCF3613.jpg

東京郊外。
ここに住む高校生の岩田くんのマンションに、同じ年頃の青年が引っ越してくるが、とても変わっている。
DSCF3614.jpg

彼が岩田広一を演じる高野浩幸。当時、同世代の女子に絶大な人気があった。
DSCF3615.jpg

彼がなぞの転校生、山沢典夫。
マンションの廊下で、二人は出会い、同じエレベーターに乗るが……
DSCF3616.jpg

エレベーターが急に停止。
山沢くんはパニックになると、ポケットからライトのようなものを取り出して、壁に照射。
壁が溶け始めて、岩田くんは驚く。
DSCF3617.jpg

岩田くんの寝室には懐かしのラジカセがある。
この時代の高校生には、今のパソコンのように、なくてはならない必需品だった。
ラジオから流れているのカーペンターズの曲だ。
DSCF3618.jpg

そして、岩田くんの教室に山沢くんが転校して来て、ここから物語は転がり始める。
担任の大谷先生は、男子に大人気の岡田可愛!(サインはVだぞ!)
DSCF3619.jpg

山沢くんの耳の後ろには、ちょっと分かりにくいかも知れないが、星型のあざ(マーク?)があって、ドラマの後半では、同じような人がたくさん出てくる。
DSCF3620.jpg

彼女は香川みどり。
後に山沢くんを好きになり、岩田くんには、ちょっぴり苦い初恋物語になってしまう。
DSCF3621.jpg

ネタばらしでもいいよね?
なぞの転校生山沢くん、実は時間ジプシーとなって、理想の世界を探して旅を続ける未来人。
この物語では核に対する強い反戦メッセージがあり、その核の脅威に、極端に怯える山沢くんたちの姿を描く一方で、見直して改めて感じたのは、岩田くんとの強い友情、絆の結びつきだった。
感情表現をしない山沢くんは、最終回で、岩田くんとの別れで感情を爆発させ、最初に出会った時から、岩田くんの事を信用していたという。

泣いた。50過ぎのオッサンだが、嗚咽するほど泣いてしまった。
懐かしくて涙がてるんじゃない。
高校生の純真な友情を前に、心がふるえたんだ。

いじめ、初恋、スポーツ、そして謎を同時進行させながら、同世代の心をつかんだドラマ。
他の作品、「夕映え作戦」「明日への追跡」「幕末未来人」「まぼろしのペンフレンド」「その町を消せ!」
「タイムトラベラー」「赤い月」「ねらわれた学園」「未来からの挑戦」等々、残念ながらもう見られない。
一部録画テープがあり、DVDにもなっているが、話が飛んでいたり、全くない作品も多々あって、それが残念でしかたがない。

この「なぞの転校生」を見直す度に、昔のことだったり、今の自分を見つめ直すことができる。
思い出というのは、今の自分を見つめ直すためにあるのかも知れない、そんな事を考えさせられました。

結局、この世界で住む事を決意した山沢くん、大阪に転校してしまったが、そうなると、大阪在住の私は、どこかで山沢くんと遭遇していたかも知れないなぁ……。

Posted on 2017/06/08 Thu. 23:29 [edit]

category: ボクの70年代ノート

tag: オンエア 
tb: 0   cm: 2

『南から北用心棒』とチビロク事件の惨劇!  

どーも、ロッカリアです。

皆さんも、映画に夢中だ、と言う人も多いと思いますが、それには何かきっかけがあったと思います。
私が映画の世界にのめり込んだ理由は、中学2年生の頃(1974年)に出会ったブルース・リーと、当時TVで頻繁にオンエアされていたマカロニ・ウエスタンに間違いありません。
それまで見た西部劇とは全く違うと言っていいほどのガン・アクションや残酷シーン、そしてオープニングに流れる曲の格好良さに惹かれました。

先日、中古レコード屋さんで見つけたEP盤の『南から来た用心棒』を買って、鮮明に思い出した記憶があります。
それは、中2の少年には、衝撃的な、ある意味マカロニ・ウエスタンよりも残酷な出来事だったのです。
DSCF3585.jpg

中2の頃、いつも六人でつるんでいて、みんな映画が好きでした。
ある日の土曜日、午後1時30分から洋画劇場で『南から来た用心棒』がオンエアされると知り、6人で見ることにしました。
学校から一番近いF君の家で見ることになり、ご両親は仕事で不在と言う事もあってちょうど良かったんです。
家に着いた時、映画が始まるまで1時間ほどありました。
まだ昼飯も食べていなかったので、みんなお腹をすかしていました。
その時、F君は一階の台所で「チビロクあるわ〜! みんなで食べようぜ」と言ったので、インスタントラーメンを作らせたら右に出る者はいない私とF君で作ることになりました。

チビロク……。
それは通常の袋に入ったインスタントラーメンの、約半分ぐらいの大きさが6個パックになっている、ちょうど小腹が空いた時に重宝する、我らの強い味方だったのです。

二つの鍋に3個づつ入れて出来上がるのを待ちました。
F君が、「タマゴ2個しかないけど入れようか?」と言ったので、もちろん賛成、反対する愚か者など誰もいません。
冷蔵庫からタマゴ2個を取り出し、それぞれの鍋に割って入れました。
その時、惨劇は起こりました!

割って入れたタマゴのうち一つが、血だらけだったんです!
「ゲッ!」
「気持ち悪り〜」
今なら、その部分を取り除いて、最小限の被害で済ませる知恵もあるでしょうが、なんせ中2。
とにかく気持ち悪いが優先し、みんなの意見は捨てようぜ、という結論に。
勿体無いと思いながらも三角コーナーに捨てました……。

残った3個のラーメン。
と言ってもチビロクですから、実質1.5個を、食べ盛りの6人で分けるという、それってどうなん? という事態になってしまいました。
『南から来た用心棒』の映画が始まって、みんなはラーメンのことを忘れるように夢中で見ましたが、銃声よりも響いていたのは、、グウ〜ッと言うお腹の音だったことは、言うまでもありません……。

この主題歌を聴くと、このチビロク事件を思い出す、なんともお茶目な思い出でした。

Posted on 2017/05/07 Sun. 13:26 [edit]

category: ボクの70年代ノート

tag: マ行  サントラ  マカロニ・ウエスタン 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック

QRコード

タグクラウドとサーチ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム