09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

『レイズ・ザ・タイタニック』トンデモ映画だ! 

どーも、ロッカリアです。

昔から見たくて、夏にソフトが発売された時にどうしようか迷ったんですが、BSイマジカ(今月10月からシネフィルWOWOW)でオンエア、さっそく録画して見ることができました。
悲劇的な最後を迎えてしまった豪華客船タイタニック号。
実はその積み荷の中に、「シシリー計画」と言う、アメリカがミサイル防衛に必要なビザニウムと言う鉱石が積まれていた、と言う作り話がこの映画の核だ。
そんな計画も存在しなければ、ビザニウムと言う鉱石も作り事、実在しない。
つまり、原作者のクライブ・カッスラーも、なんちゅう映画だ! と酷評していることから、作品の出来も、ホント良くない。(原作の細かい、重要なプロットを全く無い物にしていますから)

(↓アメリカ版のこのポスターはいけてる! しかも長い)
raise_the_titanic_xlg.jpg

出演は主役にリチャード・ジョーダン。
この人で印象に残っている映画といえば、『2300年未来への旅』でも『デューン:砂の惑星』でも『インテリア』でもない。
マイケル・J・フォックスの伯父さん役だった『摩天楼はバラ色に』だ。
その共演にジェイソン・ロバーツとくれば、この映画の地味な感じもわかると言うもの。
え? タイタニック号を深海から引き上げる映画なのに地味?
そんなはずはない! すごいスペクタクル作品に違いないだろう! と意義を唱えたい人の気持ちもわかります。(私がそうでしたから)
実際、特撮技術に関しては、マニアには萌える要素が結構あり、良く出来ています。

では、何がそんなにひどいのか?
それは、タイタニック号を引き上げる計画に無理がありすぎる。
深海艇が、海底3500メートルを簡単に行ったり来たりするし、引き上げる計画を簡単に前倒ししたり、何十年も深海にあった死体が原型のままだったり、浮上したタイタニック号は、いくら穴を塞いだからといって普通に浮いて、細いロープ1本でニューヨークまで曳航したり(しかもロープが張ってない)、もう観客を舐めきっているとしか言いようがありません。(第一回ラジー賞にノミネートされたんだよ、と言えば多少理解してもらえるでしょう)

さらに、この作品を不幸にしているのは、キャメロンが後年に制作した『タイタニック』の存在だ。
実際にタイタニック号が眠っている深海まで行き、沈む工程をコンピューターでシミュレーションして、タイタニック号は自重に耐えられずに折れた、と言うこと知らされている今では、この映画での原型のままの姿は絵空事になっている。

そして最後は、何じゃそら、と言うオチが待ち構えている事を付け加えておきましょう。

余談ですが、オープニングは本物のタイタニック号を製造、出航、楽しそうな船内を映し出したモノクロ写真と、ジョン・バリーの音楽が、船に乗り合わせた人々を待ち受けている悲劇を浮き彫りにさせる印象深いオープニングです。

もう一つ余談ですが、タイタニック号の生き残りとして、名優アレック・ギネスが出ていますが、『スター・ウォーズ』から3年ほどしか経っていないのに、かなり太り、年老いた印象になっていました。

どうしても見たい人だけ、ご覧ください。

category: ラ行

tag: ラ行 
cm 0   tb 0   page top

『リトル・ロマンス』小さな冒険が始まります 

どーも、ロッカリアです。
今日紹介するのは、1979年の映画で、大好きなダイアン・レインがデビューした作品です。

アメリカ人のローレン(ダイアン・レイン)はセレブな一家の一人娘。
フランス人のダニエル(テロニアス・ベルナール)はタクシー・ドライバーを父に持つ庶民の子。
偶然出会った二人、ローレンはドイツの哲学者、ハイデッカーの本を愛読し、ダニエルは名画座をハシゴするような映画大好き少年。
二人とも大人びていて頭がいい。
そんな二人は、これも偶然知り合った老人のジュリアス(ローレンス・オリヴィエ)からこんな伝説を聞く。

ベニスに古くからある言い伝えだ
恋人同士がゴンドラに乗り、日の沈む時
「ため息の橋」の下をくぐる
ちょうど鐘の鳴る時にキスをすれば
二人はずっと愛し合える
永遠にだ


リトル

母親に幻滅していたローレンに、アメリカに帰国することが告げられ、彼女はどうしてもダニエルとベニスに行き、サンセット・キスをしようと思った。
そして二人は老人のローレンスを巻き込んで、フランスからイタリアのベニスに逃避行へ旅立つが……。

ローレンス・オリヴィエ扮する老人が実は曲者だったり、劇中に、この映画の監督をしたジョージ・ロイ・ヒルが、自身の映画、『明日に向かって撃て!』『スティング』を使ったり、ハンフリー・ボガード主演の『脱出』、ジョン・ウェイン主演の『勇気ある追跡』、レッドフォードの『コンドル』を登場させるサービスぶり。
1979年の映画なので、登場する映画は全て名画座での上映となっているのが、オールドファンには楽しい。
余談ですが、『コンドル』を見ようとした二人は、入り口で13歳以下は入れないと断れるシーン。
ダニエルが「たった3秒の裸なのに!」と抗議するが、はて? この映画にそんなシーンあったっけ?
確かにレッドフォードとフェイ・ダナウェイのベッド・シーンはあったけど……。
ひょっとしたら、日本公開版と違うヴァージョンか? と思ってしまいました。(単純に、外国では少年少女に対する暴力や性表現に対する規制が強いからかも知れません)

この映画を青春時代に見て、宝物にしている人も多いことでしょう。
見るたびに甘酸っぱい、あの頃の気持ちが蘇るように、リトル・ロマンス、小さな冒険心を忘れちゃいけないなぁ、と改めて感じました。

category: ラ行

tag: イラスト  ラ行 
cm 2   tb 0   page top

プロフィール

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック