【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

『スター・ウォーズ:最後のジェダイ』罪な映画であることには間違いない  

どーも、ロッカリアです。

私の中での『スター・ウォーズ』は、EP.Ⅳ〜Ⅵでちゃんと完結しているので、後出しジャンケンの他エピソードはおまけのようなもの。
見られてラッキーと言う感じだ。
しかも今エピソードはディズニー主導なので、大きくルーカス構想から逸脱した物語と言うのは周知の通り。
だから楽しんで見ればいいや、ぐらいの気持ちで劇場に行きました。

DSCF3735.jpg


面白い。

賛否両論の嵐が吹き荒れるレビューをよそに、楽しめました。
勿論、これをルーカスが作ったと言うのなら私も物語が波状していると、声を高々に非難してたかも知れません。
ルークやハン・ソロ、レイア姫といったオリジナル・エピソードに出ていたキャラが、今シリーズには出ているものの、オールドファンならこれが続編だと言う認識で見ている人は少ないんじゃないかな。

「こんなはずじゃない!」
「これはスター・ウォーズじゃない!」
この映画を批判している人は、一体どんなスター・ウォーズを望んでいるんだろうか?

ビッグ・ファンが多いシリーズだが、みんなの希望通りに物語が進むはずもない。
むしろ今回は、「みんなが想像出来ないサプライズがある」と言われ、実際に驚いたし(カイロ・レンには二度驚いたが…)、個人的には普通に楽しめ、あっと言う間の2時間30分でした。
これは『帝国の逆襲』からずっと劇場で一緒に見てきた妻も同意見でした。


以下ネタバレ、未見の人は回避してください。

ただ、今回の作品はオールドファンには少し感傷的すぎる。
既に亡くなっているキャリー・フィッシャーのレイア姫を何故あのシーンでそのままにしなかったのか。
ルークが沈みゆく二つの夕陽に、タトゥイーンの、あの時を重ねて消えていくシーンには涙が止まらない。
あまりにも悲しいのに、やはりこの作品のラストでは、また希望を抱かせて終わる。
本当に罪な映画なのだ、『スター・ウォーズ』は。

そうそう、前作『フォースの覚醒』でハン・ソロがレンにライトセーバーで刺され落ちていくシーンがあったよね。
みんな彼、ハン・ソロが死んだと思っている?
私は、この時代の医療技術で彼は一命を取り留めて、なんとか脱出、どこかで治療している。
そして、きっとここ一番って言う時に、帰ってくるような気がしている。
チューバッカは、何か隠しているような、そんなそぶりが見えるからね。(あくまで希望的観測です)

壮大な宇宙空間を舞台にした壮大な冒険物語、大いに楽しもうじゃありませんか!

Posted on 2018/01/09 Tue. 22:48 [edit]

category: サ行

tag: サ行 
tb: 0   cm: 0

『サンダ対ガイラ』これはもう進撃の巨人!  

どーも、ロッカリアです。

正式には『フランケンシュタインの怪獣:サンダ対ガイラ』です。
『フランケンシュタイン対地底怪獣』の続編と言う位置の映画ですが、これはこれで独立した作品として見られます。

DSCF3688.jpg

「海彦山彦」と言う昔話がベースにありますが、今この映画を見ると、「進撃の巨人」そのもの。
ガイラの食料は人間。
捕まえては口に放り込んじゃう。
その描写は、公開当時かなりのインパクトがありました。
私の記憶では、この人を食べるシーンがかなり強烈なので、テレビでオンエアされたことが無かったんじゃないでしょうか?
この映画も、円谷特撮チームが優れた演出で魅せてくれます。
メーサー殺獣光線車はゴジラ・シリーズでは有名な兵器ですが、この映画で初登場しました。

若い世代の人が見ると、着ぐるみを着た怪獣が戦うナンジャコラ映画ですが、オールドファンにとっては、今見ても怖い映画に変わりないですね。

Posted on 2017/09/02 Sat. 00:06 [edit]

category: サ行

tag: サ行 
tb: 0   cm: 0

『そして誰もいなくなった』(1945)このタイトルって……。  

どーも、ロッカリアです。

結末を知っていても、つまり犯人やトリックを既に知っていても、何度も見てしまうミステリー映画というのがある。
その最たるものが、市川崑監督による金田一耕助シリーズだ。
ストーリーだけじゃない、俳優さんの魅力、美術に音楽、何度見ても飽きない演出に興味が尽きない。

また、原作のミステリー小説を読んでいて、犯人を知っているのに、映画を見ると全くの別物になっていて、驚くこともある、この作品がそうだった。
ミステリー映画の性質上、詳しく内容を話せないので難しいのですが、タイトルが……。(汗)

img255-2.gif

実はこの映画、1970年代にNHKの教育チャンネル(今のEテレ)で見て、とても面白かった記憶があり、ず〜っと廉価版のDVDを探していたのですが見つからず、結局Amazonで買いました。
ただ、結末のシチュエーションをすっかり忘れていて、原作とは違う、という事だけは憶えていました。
『オリエント急行殺人事件』の新作ニュースが聞こえてくる中、この映画の存在を思い出し、どうしても見たかったんです。
低価格DVDと言うこともあって、画質は非常〜に悪いです。20インチかパソコンの画面で見るのが最適で、大画面で見ると線が二重に見えてとても目が疲れます。(ま、そのうち慣れてきますが…)

物語は、現在のミステリーの礎を築いた孤島環境ミステリーで、オーエン邸に八人の男女がボートに乗って向かうところから始まり、オーエン邸の執事と給仕(夫婦)を合わせた十人が、マザーグース(一説には違うと言う指摘あり)の十人のインディアンの歌のとおりの見立て殺人が起こります。
ここで歌われる「十人のインディアン」の歌は、あの、ワン・リトル、ツー・リトル、スリー・リトル・インディアン……と言うあの童謡とは違います。
集まった十人の罪が、レコードから流れ、人が殺されていく度に、居間に飾ってある十人のインディアン人形が一つ、また一つ、壊されたりなくなっていきます。
これがこの映画の特徴と言えます。
映画では、犯人がこの中にいると、お互いが疑心暗鬼になり、見ている方も、早く犯人が知りたい(犯人は原作と同じ)と思える巧みな演出で最後まで飽きません。
小説の結末を知っている人も、充分楽しめます。

この十人の中に、ヒッチコック監督の『レベッカ』でダンヴァース夫人こと、ジュディス・アンダーソンが出ているのも、オールドファンには楽しみの一つです。
画質の悪さを我慢すれば、とても楽しめるミステリーだと思います。
見た人は全員、このタイトルにツッコミを入れたくなると思いますが……。


Posted on 2017/08/20 Sun. 15:53 [edit]

category: サ行

tag: ミステリー  イラスト  サ行 
tb: 0   cm: 0

『ザ・マミー :呪われた砂漠の王女』観てきました!  

どーも、ロッカリアです。

日曜日の朝9時から観てきました。(早っ)
そもそものコンセプトが、往年のユニバーサル・モンスターを現代に復活させる事。
その第一弾と言うわけだが、見る前は、冒険アドベンチャーなのか、昔みたいにホラー色を前面に出すのか、どちら何だろう、と考えていました。

DSCF3676.jpg

冒険心をくすぐられることもなく、かと言って、恐怖心も満たされない、中途半端な感じだなぁ〜と思って観ました。
ぶっちゃけ、『ハムナプトラ:失われた砂漠の都』の勝ちだと思う。
期待し過ぎたせいもあるかも知れませんが、冒頭で、中東の戦闘地域で巨大地下施設を発見するのも、空軍のミサイル一発で発見すると言う、なんともあんちょこな手段だ。
さらに、これは予告編等でも流されているから言っちゃうけど、トムは軍用機と一緒に墜落して死体袋に詰められているのに、無傷で生き返る。
「選ばれし者」と言う一言で片付けられるが、これをすると、もうなんでもありじゃないか。
私は、観客が一番納得しないシチュエーションがこれ、だと思っている。
しかも、蘇ったミイラのアマネットは、スーパーマン顔負けの無敵の超人で、これはもはや、マーベルやDCのキャラ(実際、このダークユニバースはそう言った狙いがある)にかなり寄せている。
超人には超人、と言うことで、最後は……。

シーンを切り取って見ると、所々いいシーンがある。
ミイラたちが水中で追いかけてきたり、軍用機が墜落した場所でアマネットが蘇り、人を襲うシーン。
そして、ロンドンの地下を再現したセットなどなど、この辺はムードたっぷりだ。

もっと恐怖心を煽るような、心臓がバクバクなるようなシーンが個人的には欲しかったね。
さあ、私が言っていることが本当かどうかは、劇場に足を運んで、自分の目で確かめてみてください。

次回作、『フランケンシュタインの花嫁』は、大丈夫かなぁ……。

Posted on 2017/07/30 Sun. 21:22 [edit]

category: サ行

tb: 0   cm: 0

『ローグ・ワン』「嫌な予感」はいつも当たる  

どーも、ロッカリアです。
本題に入る前に、一昨日のクイズの答えを。
音楽がないのに成功した映画、それはヒッチコックの『鳥』でした。
簡単すぎでしたね。

少し前にブルーレイを買って観ました。
『ローグ・ワン:スター・ウォーズ・ストーリー 』のスター・ウォーズ・ストーリー って、わざわざ付け足さなくても、いいと思うんですが……。

 DSCF3611.jpg

コアなファンが多いだけに、賛否両論、ネットでも結構荒れていましたね。
1977年から登場したエピソード4〜6で、『スター・ウォーズ』は完結していると思っているファンには、新たにどんな映画が『スター・ウォーズ』の冠を付けて登場しても、きっと許し難いことなんだろう、と思います。
かく言う私も、一作目からシリーズ全てをリアルタイムで劇場で見てきた、自称コアなファン、です。
でも、この映画だけは劇場で見る機会を失ってしまいまいした。
だから、どーせまた亜流なんだろうなぁ……と思いながらブルーレイを再生しました。
 
DSCF3612.jpg

この『ローグ・ワン』は、ルーク・スカイウォーカーが反乱軍のローグ中隊の隊長になったが、そのローグ中隊はどのようにして誕生したのか? が描かれている。
つまり、エピソード4の、前段の話と言う位置付けだ。

物語のトーンとしては全体的に悲壮感があると思うが、そう思うのは私だけなんだろうか。
彼らは、デス・スターの設計図を手に入れ、レイア姫に渡すために勝ち目のない戦いをする。
それは主人公の女性、ジンにも背負わされている。
これだけ自己犠牲を前面に出した映画は珍しい。

てっきり亜流だと思いながらこの映画を観ていましたが、観終わるとまた違う感情が湧いてきました。
単純にスピン・オフと決めつけるのは間違っている、とも思う。
タイトルのローグ・ワンから、本筋のストーリーからはぐれた作品と解釈するのもどうなのか?

ここからはちょっとネタバレ。
未見の人は読まないで。

この映画のラスト、ダース・ベイダーが暗闇の中、ライトセーバーを抜いた瞬間に、鳥肌が立った。
思わず声が上がった。
そして、設計図がレイア姫に渡り、「これで希望が持てる!」と言ったシーンに、熱いものが込み上げてきた。
間違いなく、『スター・ウォーズ』の遺伝子が宿っていたんです。
レイアを演じたキャリー・フィッシャーはもう亡くなり、CGで蘇った彼女に賛否するのもいいが、見られない映像を見せてくれるのが映画の魔法、ではないのか?

気が付けば、『スター・ウォーズ』を初めて観た時の気持ちを少し思い出していました。
映画は批評家目線では決して楽しめない。
批評なんてものは専門家に任せて、いつも、一映画ファンとして映画を楽しみたい。
だから私は、あのラスト5分ですっかり虜にされてしまいました。
ダース・ベイダーに乾杯!

そして、キャリー・フィッシャーに敬愛を込めて。(涙)

Posted on 2017/07/27 Thu. 23:44 [edit]

category: サ行

tag: サ行 
tb: 0   cm: 2

プロフィール

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック

QRコード

タグクラウドとサーチ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム