06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

INFORMATION

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

『セント・アイブス』ブロンソンありきの作品か… 

どーも、ロッカリアです。

J.リー・トンプソン監督と言えば、『ナバロンの要塞』『マッケンナの黄金』『猿の惑星:征服』『最後の猿の惑星』などの超大作に見られる、ダイナミックな演出が光る監督さん。
でも、この作品に関して言えば、突出した見せ場もない上、サスペンスに振った演出は苦手のようだ。
ヒッチ先生の映画を見れば分かるが、サスペンス・スリラーの作品は、演出に繊細さが必要だ。
この作品はそういった繊細さとは無縁に、全体的に雑に作られていた。

まず設定だが、新聞記者を辞め、売れない作家が何故大富豪から金の運び屋に指名されるのか不明。
その大富豪の正体を明かす場面、説明不足でわかりにくいし、犯人にしても、詳しく言えませんが、あの職業と、この職業だなんて、ちょっとアンチョコすぎる。
え? 一体どんな物語なのかって?

スクリーンショット 2018-06-10 23.08.43
(写真はDVD、今回はハイビジョンで録画したものを見ました)

新聞記者を辞めて作家になったブロンソン。(ただし一度もタイプを叩くシーンはない)
何故か、弁護士から大富豪プロケインから、盗まれた日記と10万ドルを交換する人間に選ばれたと電話がかかって来る。
そのプロケインの家に行くと、絶対訳がありそうな美女、ジャクリーン・ビセットがいて、彼女がブロンソンを指名したと言う。(何故?)
10万ドルを持って、指定されたコインランドリーに行くと、男がドラム式の洗濯機の中でグルグル回って死んでいた。(何で?)
そして、二転三転しながらも、盗まれた日記はプロケインの所に戻り、ここから映画の見せ場になって行くのだが……。

この映画の正しい見方。
チャールズ・ブロンソン、そのままのイメージ通りのタフガイとユーモアを楽しみ、ジャクリーン・ビセットの美しさに酔う。
もう一つの楽しみは、ブロンソンが大富豪の家に行くシーン。
同じシーンの作品があって、例えば『動く標的』のポール・ニューマン、『大いなる眠り』のローバート・ミッチャム、彼らは私立探偵だった。
ブロンソンは作家だが、同じ匂いがして面白い。

脇役にも、『ダーティハリー』のハリー・ガーディノ、『ザ・フライ』のジェフ・ゴールドブラム(チョイ役)、あと、マクシミリアン・シェル、ジョン・ハウスマンなどを揃えている。
これでどうしてこんな映画に……、と思うのは、やめておきましょう。
スポンサーサイト

category: サ行

tag: サ行  サスペンス  スリラー 
cm 0   tb 0   page top

『ジャッカルの日』鬼ごっこの理論がこの名作を生んだ 

どーも、ロッカリアです。
この映画、中学生の頃から何回見ているだろう? 
当時はテレビの洋画劇場、水曜ロードショーが一番オンエア回数が多かったかな。
数年前に録ったHD映像をスクリーンに映して、日曜の午後、名画座気分で見ました。(なんと贅沢な過ごし方だ…)

アメリカのケネディ大統領が暗殺された時、次はフランスのド・ゴールだとメディアでは囁かれました。
実際、この人ほど暗殺されかけた大統領もいないでしょう。
何故なら、この物語でも登場する武装テロ組織のO.A.Sは実在し、その力で大統領になったド・ゴールが、そのテロ組織をすべて排除、つまり裏切ったからだ。

オープニングのクレジットの文字が黒く、不気味な感じで始まる。
ド・ゴール大統領は数台の車(シトロエン!)を引き連れ、地方の空港へ向かうが、途中、激しい銃撃に見舞われる。
が、車の窓ガラスこそ割れたが、奇跡的に死傷者ゼロと言う展開で幕をあける。
これは実話で、この後からがフィクションになる。

この一件でO.A.Sの幹部が処刑され、手薄になった組織は外部から暗殺者を雇うことになる。
その筆頭に選ばれたのが、実績のある、コードネーム・ジャッカルと言うイギリス人だった。
ジャッカルの要求する金額が法外だったため、テロ組織は銀行など数カ所を襲って資金を調達する姿が涙ぐましい。(笑)
この映画は、プロの殺し屋が、一体どんな方法で暗殺を実行するのかを、ドキュメンタリー・タッチで克明に、そして鮮明に見せる。
オーダーメイドのライフルやパスポート、免許証の偽造、他人に成り済ます変装や車の改造・偽造、暗殺の実行場所の選定など、どれも抜かりがない。
なかでも、スイカを人の頭に見立てて、ライフルの照準値をドライバーで少しづつ合わせていくシーン、男子諸君なら、みんなシビレること、間違いない。

だが、予期せぬ事態もジャッカルには起こるが、その時の危機管理の凄さは素晴らしい。
どれを取っても超一流の殺し屋、観客はジャッカルの有能さに目を奪われる。

ジャッカルの日

一方で、そのジャッカルを国家レベルで追う執念の刑事がいる。
叩き上げの匂いがプンプンするルベル警視だ。
当たり前の話だが、インターネットの無い時代、情報は常に後手後手で、追い詰めながらも、あと一歩の所で逃してしまう。
実はここに、この映画を面白くしている要素がある。
それは「鬼ごっこ」だ。
捕まりそうで捕まらない、このハラハラドキドキ感は鬼ごっこそのモノなのだ。
それは、パリ解放式典に出るド・ゴール大統領を狙う大団円まで続き、観客は全く目が離せない。
映画史に燦然と輝く、いや輝き続ける名作だ!

余談ですが、オールドファンに情報を一つ。
ジャッカルが初めてO.A.Sの幹部が待っているウィーンのホテルへ向かうシーン。
入る直前に観覧車が見えるが、実はこれ、『第三の男』で、オーソン・ウェルズとジェゼフ・コットンが対峙する、あの有名な観覧車なのだ。

まだ見ていない人、これこそが映画。
お見逃しなく。


category: サ行

tag: サ行 
cm 0   tb 0   page top

『ソイレント・グリーン』衝撃のラストは一度だけ! 

どーも、ロッカリアです。
ゴールデンウィークですね〜、今日は久しぶりの映画の話です。

1970年代に、TVの洋画劇場で初めて見た時、そのラストのインパクトは凄かった。
10代だった私は、「そんなことが本当に起こったら、世界はもう終わりだ〜」と真剣に思いました。

この映画には原作があります。
ハリイ・ハリスンの「人間がいっぱい」の基本設定を元に制作されました。(映画と原作はかなり違います)

2022年。
人口の爆発、環境破壊が進んだ未来。
今で言う格差社会が極端になったアメリカでは、市民のほとんどが衣食住に困っていた。
とりわけ、食料は配給制で、ソイレント社が海のプランクトンで作った合成食品(ビスケット状)でまかなわれていた。

一方で、富裕層のサイモンソン(ジョゼフ・コットン)はソイレント社の幹部で、高級マンションの一室に、家具として扱われている女性と一緒に暮らしていた。(これ、大問題だが、ラストの伏線になっています)
ところが、彼は重大な秘密を知ってしまい、覚悟していたのか、あっさりと殺し屋によって命を奪われてしまう。
その殺人事件の捜査に乗り出すのが、栄養充分、食糧不足なんてウソだろ! と言いたくなるソーン刑事(チャールトン・ヘストン)だ。
物語は、ソイレント社に隠された秘密を、ソーン刑事が巨大プラントに潜入して暴いていくまでが描かれている。
その彼を、助手的な役割で助けるのが、名脇役の老人、エドワード・G・ロビンソンだ。(『シンシナティ・キッド』の、あのギャンブラーだ!)

ソイレント

1973年から見た2022年の話だから、色々な部分で現在とはマッチしていないが、例えば格差社会などは、日本を含め、アメリカ、中国などで顕著だし、インドや東南アジア諸国では人口爆発、そして環境破壊に至っては、世界中の問題になっている。
食糧不足にしても、都会にあふれているホームレス問題、高齢化社会による安楽死の問題と、この映画が含んでいる問題が、今の現実社会では当たり前のようになっている。
昔から、SF映画なんて絵空事だと単純に決めつけていなかっただろうか?
だとしたら、ラストシーンで、ソーン刑事の叫びを、悪いジョークだと決めつける事が出来るだろうか……。
スクリーンショット 2018-05-03 15.09.57
(インパクトのあるポスターです↑)

ポスターにあるように、暴動を起こした人間たちを、ブルドーザーですくい上げるシーンは、今見ても気分が悪くなります。

余談ですが、エドワード・G・ロビンソンは、この映画の公開を待つ事なく、撮影終了後わずか10日で亡くなられました。
レトロなSF映画でも大丈夫、と言う人にオススメですが、今のスピード感には全く合っていない作品、と言うことだけは、付け加えておきます。

category: サ行

tag: セリフ泥棒  サ行  イラスト 
cm 2   tb 0   page top

『スター・ウォーズ:最後のジェダイ』罪な映画であることには間違いない 

どーも、ロッカリアです。

私の中での『スター・ウォーズ』は、EP.Ⅳ〜Ⅵでちゃんと完結しているので、後出しジャンケンの他エピソードはおまけのようなもの。
見られてラッキーと言う感じだ。
しかも今エピソードはディズニー主導なので、大きくルーカス構想から逸脱した物語と言うのは周知の通り。
だから楽しんで見ればいいや、ぐらいの気持ちで劇場に行きました。

DSCF3735.jpg


面白い。

賛否両論の嵐が吹き荒れるレビューをよそに、楽しめました。
勿論、これをルーカスが作ったと言うのなら私も物語が波状していると、声を高々に非難してたかも知れません。
ルークやハン・ソロ、レイア姫といったオリジナル・エピソードに出ていたキャラが、今シリーズには出ているものの、オールドファンならこれが続編だと言う認識で見ている人は少ないんじゃないかな。

「こんなはずじゃない!」
「これはスター・ウォーズじゃない!」
この映画を批判している人は、一体どんなスター・ウォーズを望んでいるんだろうか?

ビッグ・ファンが多いシリーズだが、みんなの希望通りに物語が進むはずもない。
むしろ今回は、「みんなが想像出来ないサプライズがある」と言われ、実際に驚いたし(カイロ・レンには二度驚いたが…)、個人的には普通に楽しめ、あっと言う間の2時間30分でした。
これは『帝国の逆襲』からずっと劇場で一緒に見てきた妻も同意見でした。


以下ネタバレ、未見の人は回避してください。

ただ、今回の作品はオールドファンには少し感傷的すぎる。
既に亡くなっているキャリー・フィッシャーのレイア姫を何故あのシーンでそのままにしなかったのか。
ルークが沈みゆく二つの夕陽に、タトゥイーンの、あの時を重ねて消えていくシーンには涙が止まらない。
あまりにも悲しいのに、やはりこの作品のラストでは、また希望を抱かせて終わる。
本当に罪な映画なのだ、『スター・ウォーズ』は。

そうそう、前作『フォースの覚醒』でハン・ソロがレンにライトセーバーで刺され落ちていくシーンがあったよね。
みんな彼、ハン・ソロが死んだと思っている?
私は、この時代の医療技術で彼は一命を取り留めて、なんとか脱出、どこかで治療している。
そして、きっとここ一番って言う時に、帰ってくるような気がしている。
チューバッカは、何か隠しているような、そんなそぶりが見えるからね。(あくまで希望的観測です)

壮大な宇宙空間を舞台にした壮大な冒険物語、大いに楽しもうじゃありませんか!

category: サ行

tag: サ行 
cm 0   tb 0   page top

『サンダ対ガイラ』これはもう進撃の巨人! 

どーも、ロッカリアです。

正式には『フランケンシュタインの怪獣:サンダ対ガイラ』です。
『フランケンシュタイン対地底怪獣』の続編と言う位置の映画ですが、これはこれで独立した作品として見られます。

DSCF3688.jpg

「海彦山彦」と言う昔話がベースにありますが、今この映画を見ると、「進撃の巨人」そのもの。
ガイラの食料は人間。
捕まえては口に放り込んじゃう。
その描写は、公開当時かなりのインパクトがありました。
私の記憶では、この人を食べるシーンがかなり強烈なので、テレビでオンエアされたことが無かったんじゃないでしょうか?
この映画も、円谷特撮チームが優れた演出で魅せてくれます。
メーサー殺獣光線車はゴジラ・シリーズでは有名な兵器ですが、この映画で初登場しました。

若い世代の人が見ると、着ぐるみを着た怪獣が戦うナンジャコラ映画ですが、オールドファンにとっては、今見ても怖い映画に変わりないですね。

category: サ行

tag: サ行 
cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。