FC2ブログ

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

TOP > カ行

平成ガメラ・トリロジー3 『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』

平成ガメラ・トリロジー3 『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』

どーも、ロッカリアです。これほど見事で、観客の度肝を抜く特撮シーンが、かつてあっただろうか?東京渋谷という都会のど真ん中に、ガメラが登場してギャオスを倒す。その際に、人や建物など一切考慮せず破壊してしてしまう。結果、多くの犠牲者を出してしまうが、これが、一作目で同じように両親の命を奪われ、ガメラを憎む少女の物語として語られるのが今作だ。どこか昭和のムードを漂わせる物語両親を亡くして、奈良の親戚の家...

... 続きを読む

平成ガメラ・トリロジー2 『ガメラ2:レギオン襲来』

平成ガメラ・トリロジー2 『ガメラ2:レギオン襲来』

どーも、ロッカリアです。一作目で、ガメラを巨大生物兵器と言う認識を与えると、その宿敵ギャオスを倒した後の存在はどうしようか?あの手があるじゃないか! と言ったとか言わなかったとか。(いや、多分言ってないだろ)そう、今度の敵は、宇宙からの来訪者です。(↓シアター兼リビング兼書斎兼…に飾ってあるポスターです。この下に一作目のポスターが潜んでます) 北海道に落下した隕石が移動する、と言う不思議な現象で幕を...

... 続きを読む

平成ガメラ・トリロジー1 『ガメラ:大怪獣空中決戦』

平成ガメラ・トリロジー1 『ガメラ:大怪獣空中決戦』

どーも、ロッカリアです。昔、特撮っ子だった大人向けに作られた、本気モード全開の特撮映画の金字塔!全ては、観客を驚かせ、喜ばせるために作られた映画、それが『平成ガメラトリロジー』です。え? 「怪獣映画なんて、所詮子供向けの映画だろ?」ですって?つまり、「怪獣映画」=バカバカしい、と言う認識なんですね?確かに、怪獣が唐突に現れ、街を破壊しまくる、と言う構図は、日本人なら特に「ウルトラマン」や『ゴジラ』...

... 続きを読む

『刑事ニコ:法の死角』大阪弁で合気道の達人参上!

『刑事ニコ:法の死角』大阪弁で合気道の達人参上!

どーも、ロッカリアです。スティーヴン・セガールのデビュー作にして、彼を一躍スターダムに伸し上げたアクション映画!合気道七段の凄腕は、本物のアクションスターを誕生させた。良くも悪くも80年代のアクション映画で、セガールの格闘シーンは、ブルース・リーのように、見ていて気持ちよくなる爽快感がある。昨今のようなC.Gによる修正もなく、本気モードのアクション・シーンは80年、あるいは70年代の熱気が伝わってきます。...

... 続きを読む

『黒帯ドラゴン』ファンキー版『燃えよドラゴン』です

『黒帯ドラゴン』ファンキー版『燃えよドラゴン』です

どーも、ロッカリアです。1970年代はじめ、ブルース・リーの登場によって、それまでの映画史が完全に塗り替えられました。ほとんどマイナいーだったカンフー映画が、『燃えよドラゴン』の登場によって注目が集まり、マカロニ・ウェスタンのブームに代わって、香港で大量生産されました。ブルース・リーの影響はカンフー映画だけに留まらず、ハリウッドや日本のアクションシーンにも、空手、少林寺と言った格闘技が主流になりました...

... 続きを読む