06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

INFORMATION

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

『セント・アイブス』ブロンソンありきの作品か… 

どーも、ロッカリアです。

J.リー・トンプソン監督と言えば、『ナバロンの要塞』『マッケンナの黄金』『猿の惑星:征服』『最後の猿の惑星』などの超大作に見られる、ダイナミックな演出が光る監督さん。
でも、この作品に関して言えば、突出した見せ場もない上、サスペンスに振った演出は苦手のようだ。
ヒッチ先生の映画を見れば分かるが、サスペンス・スリラーの作品は、演出に繊細さが必要だ。
この作品はそういった繊細さとは無縁に、全体的に雑に作られていた。

まず設定だが、新聞記者を辞め、売れない作家が何故大富豪から金の運び屋に指名されるのか不明。
その大富豪の正体を明かす場面、説明不足でわかりにくいし、犯人にしても、詳しく言えませんが、あの職業と、この職業だなんて、ちょっとアンチョコすぎる。
え? 一体どんな物語なのかって?

スクリーンショット 2018-06-10 23.08.43
(写真はDVD、今回はハイビジョンで録画したものを見ました)

新聞記者を辞めて作家になったブロンソン。(ただし一度もタイプを叩くシーンはない)
何故か、弁護士から大富豪プロケインから、盗まれた日記と10万ドルを交換する人間に選ばれたと電話がかかって来る。
そのプロケインの家に行くと、絶対訳がありそうな美女、ジャクリーン・ビセットがいて、彼女がブロンソンを指名したと言う。(何故?)
10万ドルを持って、指定されたコインランドリーに行くと、男がドラム式の洗濯機の中でグルグル回って死んでいた。(何で?)
そして、二転三転しながらも、盗まれた日記はプロケインの所に戻り、ここから映画の見せ場になって行くのだが……。

この映画の正しい見方。
チャールズ・ブロンソン、そのままのイメージ通りのタフガイとユーモアを楽しみ、ジャクリーン・ビセットの美しさに酔う。
もう一つの楽しみは、ブロンソンが大富豪の家に行くシーン。
同じシーンの作品があって、例えば『動く標的』のポール・ニューマン、『大いなる眠り』のローバート・ミッチャム、彼らは私立探偵だった。
ブロンソンは作家だが、同じ匂いがして面白い。

脇役にも、『ダーティハリー』のハリー・ガーディノ、『ザ・フライ』のジェフ・ゴールドブラム(チョイ役)、あと、マクシミリアン・シェル、ジョン・ハウスマンなどを揃えている。
これでどうしてこんな映画に……、と思うのは、やめておきましょう。
スポンサーサイト

category: サ行

tag: サ行  サスペンス  スリラー 
cm 0   tb 0   page top

『ジャッカルの日』鬼ごっこの理論がこの名作を生んだ 

どーも、ロッカリアです。
この映画、中学生の頃から何回見ているだろう? 
当時はテレビの洋画劇場、水曜ロードショーが一番オンエア回数が多かったかな。
数年前に録ったHD映像をスクリーンに映して、日曜の午後、名画座気分で見ました。(なんと贅沢な過ごし方だ…)

アメリカのケネディ大統領が暗殺された時、次はフランスのド・ゴールだとメディアでは囁かれました。
実際、この人ほど暗殺されかけた大統領もいないでしょう。
何故なら、この物語でも登場する武装テロ組織のO.A.Sは実在し、その力で大統領になったド・ゴールが、そのテロ組織をすべて排除、つまり裏切ったからだ。

オープニングのクレジットの文字が黒く、不気味な感じで始まる。
ド・ゴール大統領は数台の車(シトロエン!)を引き連れ、地方の空港へ向かうが、途中、激しい銃撃に見舞われる。
が、車の窓ガラスこそ割れたが、奇跡的に死傷者ゼロと言う展開で幕をあける。
これは実話で、この後からがフィクションになる。

この一件でO.A.Sの幹部が処刑され、手薄になった組織は外部から暗殺者を雇うことになる。
その筆頭に選ばれたのが、実績のある、コードネーム・ジャッカルと言うイギリス人だった。
ジャッカルの要求する金額が法外だったため、テロ組織は銀行など数カ所を襲って資金を調達する姿が涙ぐましい。(笑)
この映画は、プロの殺し屋が、一体どんな方法で暗殺を実行するのかを、ドキュメンタリー・タッチで克明に、そして鮮明に見せる。
オーダーメイドのライフルやパスポート、免許証の偽造、他人に成り済ます変装や車の改造・偽造、暗殺の実行場所の選定など、どれも抜かりがない。
なかでも、スイカを人の頭に見立てて、ライフルの照準値をドライバーで少しづつ合わせていくシーン、男子諸君なら、みんなシビレること、間違いない。

だが、予期せぬ事態もジャッカルには起こるが、その時の危機管理の凄さは素晴らしい。
どれを取っても超一流の殺し屋、観客はジャッカルの有能さに目を奪われる。

ジャッカルの日

一方で、そのジャッカルを国家レベルで追う執念の刑事がいる。
叩き上げの匂いがプンプンするルベル警視だ。
当たり前の話だが、インターネットの無い時代、情報は常に後手後手で、追い詰めながらも、あと一歩の所で逃してしまう。
実はここに、この映画を面白くしている要素がある。
それは「鬼ごっこ」だ。
捕まりそうで捕まらない、このハラハラドキドキ感は鬼ごっこそのモノなのだ。
それは、パリ解放式典に出るド・ゴール大統領を狙う大団円まで続き、観客は全く目が離せない。
映画史に燦然と輝く、いや輝き続ける名作だ!

余談ですが、オールドファンに情報を一つ。
ジャッカルが初めてO.A.Sの幹部が待っているウィーンのホテルへ向かうシーン。
入る直前に観覧車が見えるが、実はこれ、『第三の男』で、オーソン・ウェルズとジェゼフ・コットンが対峙する、あの有名な観覧車なのだ。

まだ見ていない人、これこそが映画。
お見逃しなく。


category: サ行

tag: サ行 
cm 0   tb 0   page top

『ワンダーウーマン』 

どーも、ロッカリアです。

「地上最強の美女:バイオニック・ジェミー」のリンゼイ・ワグナー以来、久しぶりに憧憬するヒロインです。
ルーブル美術館で働いている(初めて知ったけど)時の、コンサバと言うよりは派手目のボディコンシャス姿から、ワンダーウーマンになった時のコスチューム姿、そのギャップが男心を鷲掴みにしますな。
ガル・ガドットの魅力が、大きくこの映画に貢献している。

物語は、ダイアナが幼少期の頃から始まり、一人前の戦士に成長、そこに初めての男が現れ、第一次世界大戦下のロンドンへ行き、そこから世界を救うために、軍神アレスを求めて旅に出るが、そのアレスが実は……。

私は単細胞な生き物なので、「愛こそが地球を救う」と言った、愛の力や、人を思いやる姿がちゃんと描かれていると、すぐにウルッときてしまうのです。

wander.gif

マーベルに比べて、DCの方が一人ひとりのキャラの掘り下げ方がうまい。
バットマンにしろ、スーパーマンにしろ、そしてこのワンダーウーマンにしても、背負っているバックグラウンドは重い。
特にDCの方は、ダークな感じが個人的には好きで、単純に「善と悪」と言う勧善懲悪ではなく、正義とは何か? 悪とはどう言ったものなのか、と言う定義もしっかりしている。

ワンダーウーマンがどうして無敵なのか、それはラスト近くで明かされる驚愕の事実、ギリシャ神話もビックリである。
また、女性監督らしい演出も冴えていて、Dr.ポイズン(原作では日本の元プリンセス、マルと言う設定)の描き方が実に繊細だ。
モンスター的な描写を避け、心理描写まで見せる手の込みようだ。

この映画をこれから見る人に、キーワードを二つ上げておこう。
「ゴッドキラー」と「粘土から生まれた子」だ。
この言葉の意味が、最後で明かされるので、覚えていても損はない。

それにしても不思議だ。
ダイアナの成長は、第一次世界大戦の時から、なぜ止まっているんだろうか……。

category: ワ行

tag: イラスト  ワ行 
cm 0   tb 0   page top

『テンタクルズ』こうして私は騙された!? 

どーも、ロッカリアです。
本人のケガに続き、今度は高齢の母がベッドから落ちて(立ち上がった状態から)背骨を圧迫骨折して入院です。
1ヶ月ほどの入院で、退院すれば、また歩けるとの事で一安心です。
少しブログが途絶えがちになるかも知れませんね。(いつもじゃん)

さて、この映画は大ヒットした『ジョーズ』の完コピですが、何が残念なのかと言うと、肝心のテンタクルズ、つまり大ダコが魚屋さんで売っているようなタコで、海中から出てこない。(に等しい)
実はこの映画、ロードショーの時に劇場で見てしまったのです……。
と言うのも、高校の友達が、『ジョーズ』の陸上版だ! とか、『グリズリー』より面白い! などと評価していて、それを信じてしまったからです。
このあてにならない友人の評価に騙されたのと、ジョン・ヒューストン、ヘンリー・フォンダ、シェリー・ウィンタースにボー・ブリッジス。
この渋い俳優陣にも騙された。
幾ら何でも、このクラスの俳優なら、充分作品を吟味して出演するはずだと考えたからだ。(高校生にしては正論だ)
時が経ち、今見ればまた、違った視点から楽しめるかもしれない、そう思い、約40年ぶりに見た感想は……。

DSCF4050.jpg
(↑当時買ったパンフレット。¥200)

ひとつの映画として見た時に、ストーリーは『ジョーズ』の真似だとしても、作品として観客が楽しめる基準に達していない。
画質はBSで録画したものだがとても綺麗で、シーンごとに、ラジオのジングルのように鳴る音楽は、マカロニ・ウェスタンのように響いて、オールドファンならワクワクする。
大ダコとの対決に、マリンパークで飼育している二頭のシャチを連れて行くのもいいアイデアだ。
なのに……。

アマゾンの評価がオール五つ星と言うのにも驚きを覚えるが、まあ、それは個人の評価だし……。
昔、一緒に見に行った友人も「詐欺みたいな映画だ」とボヤいていたが、海が舞台なだけに、今ならこう言っただろう。
「まるでフィッシング詐欺じゃないか!」と……。

category: タ行

tag: タ行 
cm 0   tb 0   page top

『トランスフォーマー:最後の騎士王』を積極的に楽しむ方法? 

どーも、ロッカリアです。

こういう映画をノンストップ・アクションと言うのだろう。
最初から最後まで見せ場の連続で、寝落ちするヒマもなかった……。
だが、こう言う映画は往々にして、山場の連続で、どこが面白かったのか、悩んでしまう。

しかも、アーサー王伝説にオートボットやメガトロンが介入してくると言う、ありえない話になっている。
もともと、アニメから派生した作品だから、無理な設定、現実味のない物語ではあるが、つまらんのか? と言えばそうでもない。
要するに、この作品を、ファンタジー映画と言うジャンルに放り込んでしまえば、んなばかなぁ……と言うシーンも、ゴックンと飲み込めてしまうのだ。

DSCF4049.jpg 

もう一つ。
出来るだけ大きな画面で見る。
ここまで繊細かつ緻密なグラフィックスを味わうには、大画面が向いている。
画面が大きければ、没入感や臨場感が、その作品の欠点を補ってくれるからだ。
もちろん、大画面にはそれなりの音響も欲しいところだが、今はテレビの前に置くだけでも、結構な立体音響と低音を出してくれる専用のスピーカーも、結構安く発売されています。

タイトルに『最後の騎士王』とあるけど、この作品がシリーズの最後という訳ではなく、しっかりと続編のアピールがエンドタイトルの途中にあります。
まだまだ続くと思われるこのシリーズ、『アベンジャーズ』と、どちらが先に終わるのか、予想するのも、もう一つの楽しみ方だ! なんちゃって……。



category: タ行

tag: タ行 
cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。