【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

『ベイビー・ドライバー』初めてのiPOD映画  

どーも、ロッカリアです。

新種のアクション・ミュージカルとでも呼べば良いのか、iPODの宣伝映画と呼べば良いのか、『ザ・ドライバー』(1978)をベースしたカースタント映画。
『トランスポーター』とか『ドライブ』を連想する人も多いみたいだが、私みたいなオッさんは、音楽+車とくれば、名作『バニシング・ポイント』を思い出す。

ベイビー1

昔はカーステレオのラジオから、DJがかける音楽が流れて来たものだが、現代では主人公のベイビーが全編通してイヤフォンで音楽を聴いている。

ベイビー2

さて、「映画秘宝」誌でもベスト3位になった映画だが、投票した個別の得点を見ると、総合点で3位に入ったと言う感じで、ぶっちぎりの上位にあげた人は少ない。

変態ケビン・スペイシーや、ジェイミー・フォックスらクセのある俳優に囲まれながら、アンセル・エルゴートくんは健闘していて、運転技術は天才的ながら、まだまだ大人になりきれないベイビーの人生は、タイトルのように、ひよっこの運転手のように、危なっかしい役を見事に演じきっています。(もちろんタイトルには二重の意味がありますよね)

根っからの悪人、と言うよりは、自分の犯した過去の過ちで、嫌々犯罪に加担するが、基本的に良い人なので、救いようのないラストへ向かって行く展開にハラハラ、結末がとても気になる上手い演出だ。
この、基本的に良い人、と言う所が最後のミソになっていて、途中の出来事がうまく伏線となってラストに生きてくるのが良い。
見所は、派手な銃撃戦や、激しいカースタントと言うより、ベイビー自身の生き方ではないでしょうか。
エンドロールでは、サイモンとガーファンクルの「ベイビー・ドライバー」が流れます。
この映画、若い人にオススメです。

Posted on 2018/02/23 Fri. 22:23 [edit]

category: ハ行

tag: ハ行 
tb: 0   cm: 0

映画『メッセージ』からのメッセージがある  

ナゾナゾです。
始まりが終わりで、終わりが始まり、の映画は?
答えはもちろんこの映画です。
どーも、ロッカリアです。


映画の原題はアメリカが『Arriva』、そして邦題が『メッセージ』と、双方テッド・チャン原作のタイトルとは大きく違いますが、この邦題には感心しました。

SF映画で、エイリアンが大挙して地球に来て、人類とコンタクトを取るとくれば、このタイトルから想像するのは、核戦争の危機や民族紛争、環境破壊など危機に瀕している人類に、何らかのメッセージを伝えに来たのでは……、と想像しがちですが、全く違い、実はこの邦題にはとても深い意味がありました。

lスクリーンショット 2018-02-21 19.57.07

映画は時として、見る者に残酷な仕打ちをする事がある。
極力ネタバレを回避して話を進めて行こう。

ただし、フェルマーの定理や、ハンナ(Hannah)をどちらかから読んでも同じ綴りが、映画に関係しているとか、エイリアンは何をしに来たのか、細かい分析はどうでも良い。

この映画は、最後に、観ている観客に残酷な試練を突きつけてくる。
それが、この映画の全てだと言っても良くて、他の現象は、このラストに向けての大いなる伏線、と言っても言い過ぎではないだろう。

この映画は、見るものに問いかけているのだ。
原作はこれだ。
 
スクリーンショット 2018-02-21 19.53.59

「あなたの人生の物語」(Story of Your Life )
そう、これが、ルイーズに起こった出来事ではなく、もしも「あなたの人生の物語」だとしたら、あなたはどんな決断をしますか? と突きつけられているんだ。

分かっていても、ルイーズのような決断をするのか?
あるいは別の決断、違う道を行くのか?

あまりにも哀しく、そして残酷な選択ではないだろうか?
もし、結末が変わらないと分かっていても、あれだけの愛情を捧げられるのか?
もし、違う道を選択したら、出会えないという後悔はしないのか?

観終わった後、私は思わず、既に大きくなった子どもを強く、そして優しく抱きしめたくなりました。(実際にはなかなか…)

子を持つ全ての親が、子供たちを待っている運命を知る事ができたら、もっともっと愛情を注ぎ、虐待などと言う愚かな行為が世の中から無くなりはしないのか、そんな思いが押し寄せて来ました。

良い映画なので、ぜひ一度、観てください。

Posted on 2018/02/21 Wed. 23:01 [edit]

category: マ行

tag: マ行 
tb: 0   cm: 0

『インディ・ジョーンズ・コンプリート・ボックス』を買いました  

どーも、ロッカリアです。

電気屋さんに行ったついでにソフトを見ていたら、本来¥13,650もする『インディ・ジョーンズ』4作品が入ったブルーレイ・ボックスが、¥3,980で売られていました。
目の前に人参がぶら下げられたように、即、飛びついてしまいました。

DSCF3756.jpg

フィルムが一枚封入されていて、数量限定、さてどんなシーンのフィルムが入っているのか楽しみに開封すると……。

DSCF3757.png

後ろからライトを当てると、『レイダース:失われたアーク(聖壇)』の蛇の落とし穴のシーン!
中々いいシーンじゃないですか。
映画の方は、これからゆっくり見るとして、リビングシアターのチューニングをしなければ。
今、スピーカーを無性に買い換えたい衝動にとらわれています。
先ずはオーディオ・ラック。
設計図は書いたもの、これでいいのか判断に迷っているし、まだまだやらなければならないことが多過ぎます。

貧乏暇なしとは、私の事だったんですね……。


Posted on 2018/02/02 Fri. 23:42 [edit]

category: シネマ・エッセイ

tag: ブルーレイ  ソフト 
tb: 0   cm: 0

『ドクター・ストレンジ』CGこそ現代の魔法か?  

どーも、ロッカリアです。
皆さんの貴重なレコード体験を読ませて頂き、とても楽しかったです。
また、機会がありましたら、よろしくお願いします。

さて、この映画、魔法とCGの相性はバツグンだ。
CGも一種の魔法だからかも知れない。
ただ、それゆえに、実写であろうがセット撮影であろうが、全てがCGの世界で展開しているように思えて仕方がない。
原作がマーベル・コミックだからそれがむしろ当然なのかも知れません。
じゃあ、実写化になんの意味があるんじゃ! と言う心の声も存在しますが……。

img265.jpg

この作品の主人公が、医者として使えなくなった手を元に戻すために、魔法を習得しようとするが、物語はあらぬ方向へ進み、『インセプション』の夢のシーンを、もっと派手に演出した見せ場もあって、ラストまで飽きずに見れました。
が、結局、この手の映画を見て、純粋に楽しめる歳じゃないんだろうなぁ、と思ってしまいました。(今頃…)

でも、この映画で一番印象的なのは、至高の魔術師ワンがいったセリフだ。
憶えているだろうか。
「死があるから人生が輝く」
何のこっちゃ、と思われる人もいるだろう。
実はこのセリフに似たものを本で読んだことがある。
それは哲学書の入門書的な本で、こんなシチュエーションだった。

ある生徒が先生に尋ねる。
「人は皆死んでしまうののだから、人生は無意味ではないのか?」と。
それに対して先生はこう答える。
「もし、人の命が永遠なら、何を成し遂げても、何をしても、所詮、それは通過点に過ぎない」と。
「そんな人生が有意義な人生といえるだろうか? 人には寿命があるからこそ、人生は輝き、意味があるものになる」

かなり端折った文章で申し訳ないが、多少意味は通じるでしょう。
ま、あんまり堅い話はよそう。

話を戻そう。
CGが現代の魔法(映画において)だとすると、その使い手によって、良くも悪くもなるんですよね。
だから映画を観る私たちは、良い魔術師になるべく出会いたいものです。
ただ、それはかなり難しいようです。
なぜなら、この映画のエンドロールが終わってからのシーンで語られていましたよね。

「魔術師が多すぎる」って。

Posted on 2018/01/29 Mon. 22:38 [edit]

category: タ行

tag: タ行  イラスト 
tb: 0   cm: 0

『ゴースト・イン・ザ・シェル』  

どーも、ロッカリアです。

薙素子のアイデンティティーを確立させるためのドラマであり、それ以上でも以下でもない。
本家のように、電脳バトルや派手なアクションを期待して見ると、少々肩透かしを食らう。
しかも、そのアイデンティティーを確立させるのに、日本人の素子が如何にしてアメリカ人のシェルに入れられながらも、やっぱり脳は日本人? と言うから見る側としては複雑だ。

ゴースト

いっそ、オールキャストを外国人設定にして、舞台をニューヨーク、と割り切って作っていたらどうか。
ビートたけし一人が日本語ってのも変な感じがするんだが……。
本当にシリーズ化されるのかどうかは疑問だが、二作目を作るなら、それなりにハードルが高いことを製作陣は意識して欲しいもんだ。
と言うのも、ビジュアルを含めたテクノロジーに対するイマジネーションが、原作及びアニメと比較して衰退している、そう感じるからだ。

ただ、今回のラストで、素子は自分が誰なのか、と言う答えを見つけるシーンでのセリフは、心に残ったセリフがあるので、少し紹介しおきます。

「人は記憶の中に、自分の証を求めるけど、何をするかが人を決める」


記憶や思い出がその人を造るのではなく、その人の行いが人格を形成する。
その人の行いが、その人を造る。
良いセリフではないか。

Posted on 2018/01/25 Thu. 23:15 [edit]

category: カ行

tag: カ行 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック

QRコード

タグクラウドとサーチ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム