【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

あなたが初めて買ったレコードは何? 私は……  

どーも、ロッカリアです。
大阪は今雪が降っています。(さぶ)

中学二年生の頃から映画(TVの洋画劇場ね)にどっぷりハマりました。
夜の9時から始まる映画や深夜放送の映画はもちろん、特に土曜日の昼過ぎから始まる洋画劇場は好きでした。
今から考えると、大体が1時間半の放送だったので、カットだらけの映画だったんですけどね。

午前中で授業が終わり、家のTVで吉本新喜劇を見ながら昼飯を食う。
一息ついたところで、洋画劇場が始まる。
この頃、お昼の定番的存在だったのが、マカロニウェスタンだった。
マカロニの特徴と言えばガン・アクションだ。
次に、ハリウッド製西部劇には無い暴力描写とお色気。(断っておくと、決してエログロでは無い)

クリントが1秒間に五人を倒したり、馬に踏まれて使い物にならない手で復讐するジャンゴことフランク・ネロ。
銃で撃たれ、死んだと思ったら、胸ポケットに入れてあった1ドル銀貨に命を救われたジェンマ。
本家に負けじと、アイデアと情熱で対抗していたマカロニ。
そして、それらのドラマを盛り上げ、作品の看板を背負っていたのが、とても印象に残るテーマ曲、サウンドトラックだった。

貧しかったが、新聞配達と、足りない分は母親が足してくれ、プラスティック製のプレーヤー兼レシーバーと、スピーカーまでプラスチックだったが、いっちょ前にLR分離型のステレオを買った。
その時一緒に買ったのが、「マカロニウェスタン・テーマ:ゴールド・デラックス」と言うレコードだった。

DSCF3755.jpg

オリジナル・サウンドトラックと言う言葉を知らなかった少年は、擦り切れるほどレコードを聴いているうちに、「あ、これは映画と同じだ。でも、この曲はちょっと違うようなぁ……」と思いながらも毎日楽しんだ。(これしかなかったからね)
ジャケットはカビが生え、レコードの溝も甘くなってしまったが、正真正銘、今でも私の宝物だ。
あの頃からもう40年以上が過ぎたが、今もあんまり変わらん事をしているなぁ、と思う自分がいるけど、「これでいいのだ!」と思う自分もいる。

皆さんも初めて買ったレコード、覚えてますか?
あるいは、レコードなんて捨てちゃったから忘れた?
良かったら、そんな思い出を聞かせてください。

お、なんか今日はラジオっぽいぞ。

Posted on 2018/01/26 Fri. 23:25 [edit]

category: ボクの70年代ノート

tag: レコード  TV洋画時代  マカロニ・ウエスタン 
tb: 0   cm: 9

『さらばドロンよ』アラン・ドロン引退表明記念ログ  

どーも、ロッカリアです。

二度目の現役引退宣言。
81歳と言う年齢からして、どうやら今回は本気らしい。
奇しくも、現在スターチャンネルでドロンの特集を組んでいて、今年の1月1日から53週に渡りオンエアされています。
スクリーン・デビュー(この時の共演者がジャン・ポール・ベルモンド!)してからちょうど60周年を迎えての特別企画です。
img241.jpg
アラン・ドロン、間違いなく私の青春時代の大スターで、劇場(名画座を含めて)で数多い作品を見ました。
もちろん、TV洋画劇場の時代では、視聴率の取れるスターでしたし、その存在感は圧倒的でした。

ドロンと共演する俳優はみんなブレイクすることから、ドロンの演技は引き立て役が向いている大根役者だ、などと揶揄されましたが、それは単なる中傷に過ぎないと思うのは、ブレイク作の『太陽がいっぱい』を見れば一目瞭然ですよね。

今の若い人は、コミックを原作としたイケメン俳優の映画に夢中みたいだけど、元祖イケメンの映画もたまには見てね。
今の時代とは一線を画す、新しい(古いか)映画の魅力を発見できると思います。

亡くなったわけじゃありませんが、あえて引退を宣言されると、オールドファンとしては、ちょっと寂しいですね。

Posted on 2017/05/11 Thu. 22:57 [edit]

category: シネマ・エッセイ

tag: イラスト  TV洋画時代 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック

QRコード

タグクラウドとサーチ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム