FC2ブログ

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

TOP > 音楽本

『なんとなく、クリスタル』のサントラ盤、懐かしい。

『なんとなく、クリスタル』のサントラ盤、懐かしい。

どーも、ロッカリアです。リビングを整理していると、レコードラックもついでに埃を払おうとレコードを取り出す。これが地獄門の扉を開けることになる。本棚の整理もそうだけど、レコード(や本)を手に取ると、何時間もその場から動く事ができなくなる。ま、それも楽しいんですけどね。そこで、ちょっと珍しいサントラをご紹介。レコード自体は結構売れたから、同世代の人なら「ああ、あれね」と思われるでしょう。田中康夫氏の小...

... 続きを読む

「人生が変わる55のジャズ名盤入門」と言う本を買いました。

「人生が変わる55のジャズ名盤入門」と言う本を買いました。

どーも、ロッカリアです。大阪は雨が降った入り止んだり、シトシトって感じで肌寒いですね。ジャズの名盤を紹介した本はたくさんありますが、また買ってしまいました。実はランキング形式になっていて、ベスト1にはマイルスの「カインド・オブ・ブルー」ま、それは当然だろうけど、解説がまた面白い。ジャズ・ベーシストの鈴木良雄氏が解説されているんですが、数々のアーティストとその現場にいたり、あるいはセッションしたり、...

... 続きを読む

洋楽ファン必読! 「ホテル・カリフォルニアの殺人」がミステリーすぎる!

洋楽ファン必読! 「ホテル・カリフォルニアの殺人」がミステリーすぎる!

どーも、ロッカリアです。今日は本格ミステリの小説をご紹介しますが、これはちょっと凄いですよ〜。イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」は今も色あせない歴史的名盤ですが、そのアルバムに写っているホテルは、「ホテル・カリフォルニア」でないと言うのは有名で、そんなホテルは当時存在しません。(今はどうか知りません)余談ですが、大阪のアメリカ村には「ホテル・カリフォルニア」と言うホテルが実在しました。(そこで...

... 続きを読む

「ビートルズの英語タイトルをめぐる213の冒険」を買いました

「ビートルズの英語タイトルをめぐる213の冒険」を買いました

どーも、ロッカリアです。とにかく公式録音されたビートルズの213曲のタイトルを、全部解説した本です。ビートルズの持つウィットから解説したり、ある曲は英文法から徹底して解説して見せたりと、213曲のタイトルの意味を知るうちに、ビートルズの懐の深さというか、遊び心というか、インテリジェンスというか、そんな姿が浮かび上がってきます。とにかくFAB4ファンにオススメしたい。例えば「プリーズ・プリーズ・ミー」と...

... 続きを読む