06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

INFORMATION

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【東宝特撮王国】 只今復活中! 

どーも、ロッカリアです。
大阪を襲った地震で、被害に遭われた方は、本当に大変だと、その心中をお察しします。
うちはマンションですが、かなり揺れました。
幸いにも、飾ってあったレコードが3枚落ちたぐらいですみました。
更なる地震が来ないことを祈るばかりです……。
ビビっていてもしょうがないので、いつも通り。
他愛もない記事ですが、遊んで行ってください。

スクリーンショット 2018-06-21 20.04.42

何年か前に、東宝特撮作品を定期的にオンエアしていた日本映画専門チャンネル。(BS255)
実はこの4月から同じ特集を組んでいます。
「なんだ、またかよ。前回の時に録画したよ」と余裕をブッこいているあなた、それは間違いです!
なんと今回オンエアされている作品全てに、レストア&リマスタリングがされているんです。
つまり、前回放送された作品のキズや劣化を修復した、HDリマスター版なんです。

今月はすでに『キングコングの逆襲』と『妖星ゴラス』がオンエア。
来月は、以下の変身人間シリーズの作品をオンエアします!

スクリーンショット 2018-06-21 20.07.48スクリーンショット 2018-06-21 20.08.54


何故か『電送人間』のオンエア予定がないのが気になりますが……。

4月に録画した画質をちょっと見て頂きましょう。
クリックすると画面が大きくなります。
多少写りが悪いのは、私の腕です……。

DSCF4055.jpg

DSCF4056.jpg

DSCF4057.jpg

綺麗な画像であることは、この画面からも分かって頂けると思います。
こりゃ録画せないかん! と思った人は、こちらからホームページの特集に飛んで詳細を見て下さい。
【東宝特撮王国】のサイトに行ってみる。

特撮ファンの皆さん、楽しみましょう!

スポンサーサイト

category: オンエア

tag: 特撮  オンエア 
cm 2   tb 0   page top

「ウルトラQ」についてのある仮説 

どーも、ロッカリア。
肩の荷が下りたと言うか、疲れ果てたと言うか、とにかく全部見る宣言をして、目標を達成できてよかったです。
そして、全部見たからこそ、あることに疑問を持つようになりました。
いつもの妄想なので、気楽に見てやってください。

このシリーズ、第15話の「カネゴンの繭」以外、万城目と一平、そしてユリちゃんと言う三人がチームのように、不思議な事件に巻き込まれ、それに立ち向かっていきます。
万城目と一平は、星川航空のパイロットと助手。
ユリちゃんは新聞記者。
なので、ユリちゃんが色々な事件に遭遇するのは分かるが、全く関係のないところで、万城目たちが主役という立場で事件に関わっていく事が、とても不自然に思えるのです。
宇宙人が二人にコンタクトを取ったり、南極に行ったり、四次元の世界に迷い込んだり……。
ただの民間機のパイロットが遭遇するには、あまりにも不自然すぎます。

DSCF4042.jpg

そこでふと思ったのです。
万城目はSF作家志望である、という事を。
ところが、第一話から最終回に至るまで、彼が机に向かって原稿を書いていると言ったエピソードが一つもないのです。

第19話「2020年の挑戦」では、神田博士の小説の通りに事件が起こり、最終回の「あけてくれ」では作家、友野の想像した世界に引き込まれてしまう、というエピソードでした。

「2020年の挑戦」を見た時に、、ひょっとして……と思ったのですが、最終回の「あけてくれ」を見終わった時には、やっぱり、という思いがとても強くなりました。

ひょっとして、
この「ウルトラQ」は、SF作家志望の万城目が書いた小説の世界なのではないか?
私は、万城目の書いた小説の世界を見せられているのではないだろうか……。

そう考えると、全ての不条理も、受け入れられるような気がしてきます。
宇宙人が彼らを選んだことも、巨大なタランチュラに襲われたり、偶然酔っ払いと遭遇したり、南極でペギラと遭遇、強盗に脅されてナメゴンと遭遇したり、南海の孤島で大ダコと戦ったり。
あらゆるエピソードに携われるのは、小説の中の主人公が万城目本人、だからです。

私が出した結論は、
「ウルトラQ」は、SF作家志望の万城目が考え出した不思議な物語
と言うことです。
もちろんこれは全て私個人の妄想です。
そして、こんな妄想を抱くこと自体、私は未だに「ウルトラQ」の世界に迷い混んでいる、と言えるかもしれません。

もし皆さんが、「ウルトラQ」を見る機会があれば、あの不思議な世界に迷い込まないよう、気を付けてご覧下さい……。


category: 特撮

tag: ウルトラQ  特撮 
cm 5   tb 0   page top

総天然色「ウルトラQ」第28話 あけてくれ!(最終回) 

どーも、ロッカリアです。
ついに最終回を迎えました!

冒頭、ユリちゃんと万城目は建物から出てくると、ユリちゃんは車を早く出すように促す。
万城目が、一平は? と言うと、「いいから早く出して!」と言って車を発進。
すぐ後に一平が出てくるが、置いてきぼりをされカンカンだ。
ところが、一平が空を見ると、夜空に電車が走っていた。

DSCF4035.jpg

なんとも不思議なオープニングだが、すぐ後の、万城目とユリちゃんの会話が今までにない濃厚な愛を語るシーンには驚いた。
「残酷なお嬢さんだ」
「二人っきりのドライブって素敵」
「帰ったら一平にいびられるぞ」
「帰らないもん」
「え?」
「帰らないわよ、私」
「永久に?」
「そう。あなたと私だけの世界!」
「結構ですね」

ラブラブである。

DSCF4036.jpg

ところが、しばらく走ると、道路の真ん中に男が倒れていた。(2020年の挑戦で刑事役の人)
すぐに助けると、ユリちゃんは「酔っ払いよ」と言う。
踏切で電車の通過を待っていると、その男がいきなり叫んだ。
「開けてくれ〜!」と何度も何度も。

DSCF4037.jpg

すると列車の中に、その男が閉じ込められているシーンに場面は転換。(列車内は常に歪んだ描写になっている)
「開けてくれ〜」と叫んでいると、他にも何人か乗客が乗っていた。
その中に死神博士もいた。(天本英世)

DSCF4038.jpg

実はこのは人はSF作家の友野健二で、本に書いた世界の中にいると説明する。
だが、本物のサラリーマンは一の谷博士のところで寝ているのだ。(どういうことだ?)

このサラリーマンは、仕事もダメ、家庭でもダメ親父らしく、いつもどこかへ逃げてしまいたいと思っていて、それが原因で時間と空間を超えた列車の中に閉じ込められてしまっていたのだ。

万城目とちユリちゃんは、作家のことを知り、友野の自宅に行くが、一年半前から旅行に出かけたままだと家政婦が言う。
それでも原稿はちゃんと自宅に送られて来るが、どこにいるのか分からないという。

その時、警視庁にいた一の谷博士に呼ばれ、二人も急いで警察に向かう。
奥さんと娘がサラリーマンを迎に来てタクシーで連れ戻すが、途中で会社に行くと言って降りてしまう。
奥さんの罵詈雑言に耐えられなかったのだ。

一方警察で不思議な映像を見せられる。
それは、アマチュアカメラマンが撮った映像で、列車が宙に浮いて行くシーンを収めたものだった。
警察も、一の谷博士も原因は全くの不明だった。

DSCF4039.jpg

万城目がユリちゃんと車で帰る途中、友野の家から預かった原稿の入った封筒に、友野本人の顔が浮かび上がり、万城目は封筒を開け原稿を読み始めた。

その原稿によると、スランプに悩んでいた友野は、エレベーターでありもしない地下の階を想像していると、本当に果てしない地下に着き、降りてみると、そこには想像もしなかった世界が待っていた。
彼は、今もそこに住み、そこから電話や原稿も送っているというのだった。

DSCF4040.jpg

会社を辞職したサラリーマンは、夜の街を、「連れて言ってくれ〜」と叫びながら、空を走る列車を見上げていた。

DSCF4041.jpg

なんとも不思議な話で、理解に苦しむ……。
有名な話ですが、この回は初回放送時にはオンエアされませんでした。
「ウルトラマン」放送の前夜祭として放送されました。
今見てもよく意味が分からないエピソードで、怪獣が出てきた前作の「206便消滅」の方が「ウルトラQ」らしかったと判断したんでしょうかね。

さて、約二ヶ月に渡り記事をアップして来ましたが、その中である疑問が浮かんで来ました。
それは、この「ウルトラQ」とうは、一体何なのか? という事。
え? 何を言っているんだ? と思われるかも知れませんが、ず〜と続けて見たからこそわかることがあるんです。
それは……。
後日、すぐに発表したいと思います。
ある仮説が、私の頭の中を占領しているんです。
お楽しみに。

category: 特撮

tag: ウルトラQ  特撮 
cm 0   tb 0   page top

総天然色「ウルトラQ」第27話 206便消滅す 

どーも、ロッカリアです。
『大空港』である。

DSCF4030.jpg

香港から万城目と一平を乗せた超音速旅客機は、もう直ぐ空港に着くと言うところで、空にできた渦巻き状の乱気流に飲み込まれてしまう。

DSCF4029.jpg

空港で待つユリちゃんと一の谷博士は事故の一報を聞いて、ユリちゃんは気を失う。
ところが、姿は見えないのに、ジェット機のエンジン音だけが響き渡る、不思議な現象に包まれる。

DSCF4031.jpg

乱気流のようなものは、実は四次元の入り口のようなもので、乗客やパイロットが失神から元に戻ると、飛行機は雲の上に停車しているように止まっていた、
しかも、乗客の中に護送中の凶悪犯、オリオン太郎がいて、刑事の銃を奪いみんな道連れにしてやると豪語する。
機長と副操縦士、万城目と一平はオリオン太郎に脅され飛行機の外に出る。

DSCF4032.jpg

そこ見た光景は、たくさんの飛行機が朽ち果てた姿で雲の中にあり、零戦まであった。
パイロットが乗っていたが、すでに死んでいた。

ところが、その雲の中に大きなダイヤが何故かゴロゴロしていて、それを見たオリオン太郎は欲に目がくらみ、その隙を突いて万城目は銃を奪おうとする。
が、オリオン太郎が撃った弾はパイロットと副操縦士に当たってしまい、重傷を負う。
格闘の末、オリオン太郎はなぜか雲の隙間から落ちてしまう。
代わりに、その雲の合間から巨大なアザラシ怪獣、トドラが姿を現わす。

DSCF4033.jpg

万城目は銃で応戦するが、トドラには全く効かない。
なんとか飛行機に戻ったが、他の乗客から「誰が飛行機を動かすんだ?」と問われ、万城目が「僕が操縦します!」と言うシーンはカッコいい。
だが飛行機のエンジンがかからない。
その間にもトドラは飛行機はだんだんと迫っていた……。

エンジン音は聞こえるが、管制塔のレーダーには映らない、そんな状況で、普段セスナのパイロットの万城目が、燃料のない旅客機を必死になって操縦する。
地上ではユリちゃんが二人を心配して泣いている。

DSCF4034.jpg

まるで映画『大空港』のような緊迫感があってとても面白いエピソードに仕上がっています。
四次元という言葉こそ出てこないが、これ以後に、不思議な空間=四次元という言葉が小学生の間には浸透したのであった。
ユリちゃんと万城目の繋がりがいかに深いかがわかるエピソードです。

category: 特撮

tag: ウルトラQ  特撮 
cm 3   tb 0   page top

総天然色「ウルトラQ」第26話 燃えろ栄光 

どーも、ロッカリアです。
「あしたのジョー」ではない。

予告したラウンドに相手をノックアウトする連戦連勝のボクサー、ダイナマイト・ジョーは、世界王者のカンポ戦の一週間前に失踪してしまう。

DSCF4024.jpg

リゾート地のホテルで、何故かダンスショーを見に来ていた万城目、一平、ユリちゃんの三人だったが、拍手喝采を浴びるピエロを、万城目だけはダイナマイト・ジョーだと見抜いていた。
そのことを、楽屋に行って問いただすと、信じられない事実を語り出した。

DSCF4027.jpg

釣りをしていて、なんども釣れる不思議な運命を感じた両生類(?)をマスコットとして水槽で飼うことにした。
ピーターと名付けたマスコットは、試合の前に何ラウンドでジョーが相手をノックアウトすると教えてくれていた、と言うのだ。
ところが、カンポ戦の前、「かわいそうに、今度KOされるのはジョーだ」と予言した。
目の調子も悪く、そして失踪してしまったのだと言う。

DSCF4025.jpg

このピーターと言う、学術名アリゲートータス(アリゲーター+トータスじゃねえか…)は、温度が高くなると急に大きくなって、下がると元どおりに小さくなると言う不思議な体質だ。
そんな時、楽屋の水槽から姿を消したピーターは、雷で森が燃えたのを機に巨大な姿に。

DSCF4028.jpg

みんなが怯える中、万城目はジョーに海へ誘導するように促す。
そして場面は急に転換し、悠々と試合会場に向かう(多分)ジョーの姿で終わる……。

何とも意味不明な物語だ。
ラストも、言いたいことは分かるが、説明不足すぎるのではないだろうか。
要約すると、他人の意見で動くのではなく、自分の意思で立ち向かえ、と言うことだろう。
それにしても、ボクサーが1日で人気のピエロになったり、水槽から出たピーターを、そうやって元の小さな水槽に入れたのか。
そのピーターの造形も、人が入っているのがバレバレで、何ともお粗末な出来だ。

DSCF4026.jpg

あんまり楽しめなかった、残念なエピソードでした。

category: 特撮

tag: ウルトラQ  特撮 
cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。