07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

INFORMATION



★ ヘッダー画像をまたまたチェンジしてみました。
  写真のラジオは愛機クーガー7です!  


『レディ・プレイヤー・ワン』やっと映画化! 

どーも、ロッカリアです。

3年ほど前に映画化になると言うことで、原作の「ゲームウォーズ」を読みました。
上下巻あって、物語の内容的には若い人向けかな? とも思いましたが、1980年代のジャパン・ポップカルチャー(と言うと聞こえは良いが、要するにオタク文化)があふれんばかりに盛り込まれてい興味は尽きませんでした。

スクリーンショット 2017-07-26 21.28.52

オアシスという巨大な仮想空間を作り上げたカリスマのハリデーが死亡した。
そして、その巨万の富を示す、イースターエッグを、オアシスのある場所に隠す。
一番最初に、そのイースターエッグを見つけた人に全ての資産を贈る、というビデオログが世界に配信された。

それを知ったゲーマーたちは、我こそはとオアシスで宝探しを始める。
主人公の少年は、オアシスの創設者ハリデーを慕っていて、かなりの80年代オタクだったが、惑星間をまたいで作られた空間で、イースターエッグはそう簡単に見つからない。

イースターエッグを狙っているのは、個人のゲーマーだけじゃなかった。
組織だった大企業は社運をかけて探しているが、殺人も厭わないこの組織に、主人公をはじめ、ゲーマーたちは苦しめられる。
しかも、主人公がイースターエッグに近づいたと知ると、現実の世界で彼を捕まえ、そのありかを聞き出そうとする。(どんな手段を使ってでも)
仮想空間では宝探しを、現実では組織に捕まらないように逃亡する。
二つの世界で主人公は、大人に一歩近づく冒険をする……。
とこれだけなら、ふつ〜うの物語。
予告編を見ただけでも、『アキラ』に登場する金田のオートバイや、アイアンジャイアント、デロリアン、フレディ・クルーガーが登場しているが、実はこの小説の方のラストに、とんでもない戦いが待っているのだ。
今はネタバレになるから言えないが、このラスト、もし小説と同じラストだとすると、80年代にとどまらない、壮絶なラストになる!
ヒントは、特撮ファンなら狂喜乱舞は必至!!!

ゲーム、映画、音楽、アニメ、テレビといった日本では馴染みの80年代オタクカルチャー、これをスピルバーグ監督はどう料理したのか、期待は膨らみます。

予告編です。


こちらは原作本。


category: ニュース

tag: ラ行    映画本 
cm 0   tb 0   page top

特撮秘宝「平成ゴジラ30年」という本を買いました 

どーも、ロッカリアです。

特撮秘宝の第6弾となるムックを買いました。
『ゴジラvsビオランテ」から『シン・ゴジラ』までのシリーズを特集していますが、それだけじゃなくて、ガキの頃によく見た「ウルトラ・ファイト」や、「流星人間ゾーン」「帰ってきたウルトラマン」から、今年後半に公開されるゴジラの初アニメメーション、『GODZILLA:怪獣惑星』の最新情報まで網羅されています。

↓この表紙のモゲラのかっこいい事!
DSCF3629.jpg

特筆するのは、私の大好きな作品、『怪獣大戦争』の脚本が完全掲載されている事。
映画をよく知っているから、脚本と映像化の違いなんかもよくわかります。

個人的には『ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃 』が平成ゴジラの中では作品的に好きで、『ゴジラ2000:ミレニアム』のゴジラは造形的に好きです。
あと、3式機龍の造形も時代にマッチしていて好きです。
平成ゴジラ・シリーズは、結構ストーリーに変化と工夫があって面白いですよね〜。
これは本はもう、ゴジラ・マニラと特撮ファンにはオススメで、ゴジラの世界観をより深く楽しみたい人は必読の本です。


category: 迷宮図書室

tag: 映画本  ゴジラ  特撮 
cm 2   tb 0   page top

「もぎりよ今夜も有難う」という映画本、面白い! 

原田マハさんの本、「キネマの神様」の解説を、片桐はいりさんが書かれていて、彼女自身も映画の本を執筆されていたことを知って、この本を買いました。

どーも、ロッカリアです。
もぎりなる言葉、現代では死語だろうが、私の青春時代には、映画館の入り口に、ちっちゃなブースがあって、前売り券や鑑賞券を切り離す、もぎってくれる人がいた。(もぎり嬢と言って女性が多かった)

え? 今でも入場する時には、発券を切り離す人がいる?
確かにそうだ。
シネコンでも、フロアで見たい映画を発券し、上映の10分前にはアナウンスがあり、入り口に向かうと「何階の何番です」と言って券を切り離してもらうよね。

じゃあ今と昔では何が違うのか?
その答えがこの本に詰まってます。

DSC111.jpg

個性派女優の片桐はいりさんが、まだ大学生の頃、映画館でアルバイトをしていました。
その経験を「キネマ旬報」にエッセイとして連載、それを一冊の本にしたのが2010年。
そして、この文庫の形になったのが2014年のこと。

片桐はいりさんの演じる役の印象が強く、どこか情緒不安定な性格の持ち主かな? 
そんな想像をしていましたが、大きな誤解だったようです。
文章はとても読みやすく、何よりも彼女の映画に対する愛情が伝わってきます。

各エッセイには、映画のタイトルをもじった題名が付けられており、そんな所にも遊び心と愛情が見えます。
「Wの喜劇」と付けられたエッセイの出だしはこんな感じ。
「映画館が呼吸するのを見たことがある」
はて? それはどんな時なんだ?
読んでいくと……。
なるほど、である。
そんなことが実際にあるんだと驚いた。
気になる人は、是非読んで見てください。

もぎりという言葉を聞いて、ああ、懐かしいなぁ、と思った人もどうぞ、オススメです。


category: 迷宮図書室

tag: 映画本 
cm 0   tb 0   page top

映画秘宝セレクション「映画評論・入門」映画ブロガーさん、必読じゃないでしょうか!? 

どーも、ロッカリアです。

見た映画の感想やレビューを何気に書く。
何を書こうと、その映画のどこを切り取ろうと、それは見た人の自由だが、ブログで活字にする人は、細心の注意が必要だ。
なぜなら、その文字が表現する印象が、良くも悪くも、モロに影響されるのは、その作品だからです。

DSCF3598.jpg

映画評論とは何か? レビューとは? 映画解説とは? 感想って? はたまた映画ライターとの違いは?
その回答がこの本には書かれています。

過去の映画をめぐる論争を紹介していたり、評論をするためにはその映画を見ただけでは不十分だ、活字にする前には準備が必要だ、と言う、プロとしての心構えなども書かれていますが、これはブログでレビューを書いている人にも、ある程度共通することが、たくさん書かれています。

私も今までのブログでは堂々とレビューを書いていましたが、このブログでは、エッセイとして映画を語ろうかなと思っていました。
その昔は、淀川長治さんのように、あるいは双葉十三郎先生のような、映画評論家になりたいと言う強い願望がありました。
でも、映画をもっと自由に語る、もっと違う形のアプローチがあるんじゃないかと最近ずーと思っていました。
読むラジオというコンセプトのブログ形態にしたかったのも、今までとは違う、映画や音楽に対するアプローチができるんじゃないかと思ったからです。

話が脱線しましたが、この本にはイラストも写真も一切ありません。
この本の帯を見てください。
映画ブロガーの皆さん、こんな挑発を受けて無視できますか?
内容は決して若い人向きではないけど(古い映画や論争にピンとこないでしょうから)、映画のレビューや感想を書く人なら、一度は目を通しておきたい本だと思います。

この本の中で、桑田佳祐さんが監督した『稲村ジェーン』が公開当時ボロクソに論評された事が書かれています。
特に、北野武さんとの丁々発止のやりとりがあったことも思い出しました。
でも、私も昔はサーファーに憧れていたので、この作品はとっても好意的に見る事ができました。
逆に、ヤクザや任侠といった世界観が苦手なので、北野氏の映画は話題になってもあんまり見る事がありません。

私が言い続けていることはただ一つ。
どんな評論家や映画ライターがその映画を評価しなかったとしても、最後はやっぱり自分の目で確かめる事が大切です。
極論を言ってしまえば、映画は、いいとか悪いとかよりも、好きか嫌いか、じゃないでしょうか?
他人がどんなに酷評しようとも、その作品を好きになれば、それは見た人の宝物になるわけですから。

私は、その作品を語ることによって、その映画を観たくなるような、そんなエッセイが書けるように、今日もブログに向き合っています。(なんちゃって!)


category: 迷宮図書室

tag: 映画本 
cm 0   tb 0   page top

映画秘宝「オールタイム・ベスト10」はこう楽しもう! 

どーも、ロッカリアです。

あ〜あ、ついに終わっちゃいましたね、GW。
新入社員の人は、五月病に気をつけましょう。私はこの歳になっても毎年五月病……、なんちゃって。

さて、昨日発売になった映画秘宝「オールタイム・ベスト10」〜究極決定版と題されたムック本。
細かい構成は置いといて、約90パーセントが、映画狂と称する人たち150人の、「オールタイムベスト10」
つまり、その人にとって不変の映画ベスト10が記載されています。
DSCF3588.jpg
150人分のベスト10。
これを見ているだけでとても楽しくなって来ます。
当たり前の話かも知れませんが、150人のベスト10は、どれも全く違うものになっています。
その内容を見ると、その人物像が自然と浮かび上がって来るのがとっても面白いですね。

例えば「みうらじゅん」氏のベスト10を見ましょうか。
  1. フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)〜1965
  2. ゼロの焦点〜1961
  3. 燃えよドラゴン〜1973
  4. 禁じられた遊び〜1952
  5. ブルース・ブラザース〜1980
  6. 大脱走〜1963
  7. 続・荒野の用心棒〜1964
  8. 悪魔のいけにえ〜1974
  9. 北京原人:Who are you?〜1997
  10. 地獄〜1960
みうらじゅん氏本人のコメントにもあるように、どれだけ昭和やねん!と言う作品がズラリ。
特撮やブルース・リーがあると思えば、『大脱走』や『ゼロの焦点』、『禁じられた遊び』と言った名作もある。
なんとなく見えて来ませんか、みうら氏の人物像が。
おちゃらけているようで、本人はいたって何事にも真剣に取り組んでいる、が、遊び心も忘れない……。
ま、私はユングでもフロイトでもなく、みうら氏をいつもテレビで見ているから、ベスト10を見なくても分かるんですけどね!

大槻ケンヂ氏は、このベスト10をA〜Jで並べ、順不同としていますが、その作品も興味深いものになっています。
『ファンタズム』『ビッグ・ウェンズデー』『ゾンビ』があると思えば、『空想科学任侠伝:極道忍者 ゲス竜』と言った、初めて聞くようなタイトルもあります。
実はこのA〜J(順不同)と言う配列は、150人のうち、多くの人が採用しています。
これは、ベスト10だが順位は付けられない、と言う映画狂ならではの主張じゃないでしょうか。

何より、他者のベスト10と言うのは、同じ映画好きとして、とても興味があります。
なぜこの映画をベスト10に入れたのか、その理由も合わせて読むと、より一層楽しめると思います。

そこで、皆さんも自分のベスト10をメモやノートに書いて、その結果を自分で検証してみる、と言うのはどうでしょうか?
意外な自分を発見できるかも知れませんよ。


category: 迷宮図書室

tag: 映画本 
cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック