09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

SFマガジン発、「オールタイム・ベスト〜SF映画総解説」 

どーも、ロッカリアです。
朝晩めっきり涼しく、と言うよりは日によって寒いぐらいになってきました。
夏の疲れが出やすくなっているので、体調には気をつけたいですね。

さて、「ハヤカワSF文庫総解説」「ハヤカワ・SF・シリーズ総解説」に続いて、「SF映画総解説」がSF専門誌「SFマガジン」で発表されました。

スクリーンショット 2017-10-03 22.53.24

1902年の『月世界旅行』から、1988年の『ゼイリブ』までの250作品!
これをPART1として、PART2と合わせて500作品を総解説する予定です。

ちょっと写真の写りが悪いですが、こんな感じです。↓
DSCF3709.jpg

洋画はもちろん、邦画やアニメまでもオールタイム・ベストの対象になっています。
中には、『事件記者コルチャック:ナイト・ストーカー』や『ハウス』、『キャリー』『マタンゴ』『鳥』なども選ばれているが、どこがSFじゃい! と突っ込んではいけない。
見る人によっては、『マタンゴ』もSFと言えないこともない!(後は……)

また、輪郭がはっきりしない、忘れていた作品も解説されているところが嬉しい。
例えば『赤ちゃんよ永遠に』のディテールを覚えている人、あんまりいないでしょ。
ソフト化やオンエアもされていないので、とても気になります。

わたしはSF映画大好き人間なので、タイトルを眺めているだけで、よし、今度この映画見よ!っとワクワクしてきます。
今月の27日から、いよいよ『ブレードランナー』の続編が公開されます。
奇しくもこの日は私の誕生日なので、劇場に観に行きたいと思っています。

category: 迷宮図書室

tag: 映画本 
cm 0   tb 0   page top

ゾンビが大好き! 雑誌「ケトル」VOL.38 

どーも、ロッカリアです。
 
先ごろ亡くなられた、ジョージ・A・ロメロ監督の追悼特集とも言える内容になっています。

スクリーンショット 2017-09-23 23.29.56

これは面白く読めました。
日本でゾンビが受け入れられたのは、意外にもハロウィンのコスプレや、USJのイベントが影響しているとか、世界でゾンビを身近な存在にしたのが、意外にもマイケル・ジャクソンの「スリラー」のビデオだとか、いちいち納得!

ゾンビのカリスマとなったロメロ監督に対する視点も鋭く、ゾンビは社会に対するアンチテーゼではないのかと言う話が、結構心に響きました。

また、お遊び的な企画もあって、もしゾンビになってしまっても、快適なゾンビライフを過ごす方法、なんてのも載っていました。

DSCF3705.jpg

ステップ1・感染 → ステップ2・ゾンビ化の兆候 → ステップ3・食料確保のやり方 → ステップ4・気をつけるべきこと。

DSCF3706.jpg

ゾンビ映画もたくさん掲載されているので、気になる人は本屋さんでチェックして見てはどうでしょうか。

category: 迷宮図書室

tag: 映画本 
cm 0   tb 0   page top

「本と映画のはなし」と言う雑誌 

どーも、ロッカリアです。
暑い、だるい、と〜てもしんどい!
夏バテ真っ最中の私ですが、皆さんは大丈夫でしょうか?

ポパイとい雑誌を本屋さんやコンビニで目にしたことがあると思いますが、比較的若い層をターゲットにしている雑誌です。
が、50代後半の今になっても、たまに買います。
創刊号から知っているので、別に抵抗ありません。
もちろん毎号ではなく、内容によりますけど。
そのポパイの特別編集によるムックが出ていたので買いました。

スクリーンショット 2017-08-24 23.21.33

映画と本の特集です。
60人の著名人が、本と映画について、見開き2ページを使い、ガッツリ語っています。
他の人が、どんな本を愛し、どんな映画を観てきたのか、とても興味ある内容になっていて、時に関心、時に反論を自己消化しながら楽しみました。
こういった企画を読むと、自分の場合は何だろう? 
と、読み終わった後に考えるのも楽しいもんです。
結論を言うと、語りたい本や映画、どっちも多すぎて消化しきれない、と言うところにいつも達しちゃうんですがね……。


category: 迷宮図書室

tag: 映画本 
cm 0   tb 0   page top

『レディ・プレイヤー・ワン』やっと映画化! 

どーも、ロッカリアです。

3年ほど前に映画化になると言うことで、原作の「ゲームウォーズ」を読みました。
上下巻あって、物語の内容的には若い人向けかな? とも思いましたが、1980年代のジャパン・ポップカルチャー(と言うと聞こえは良いが、要するにオタク文化)があふれんばかりに盛り込まれてい興味は尽きませんでした。

スクリーンショット 2017-07-26 21.28.52

オアシスという巨大な仮想空間を作り上げたカリスマのハリデーが死亡した。
そして、その巨万の富を示す、イースターエッグを、オアシスのある場所に隠す。
一番最初に、そのイースターエッグを見つけた人に全ての資産を贈る、というビデオログが世界に配信された。

それを知ったゲーマーたちは、我こそはとオアシスで宝探しを始める。
主人公の少年は、オアシスの創設者ハリデーを慕っていて、かなりの80年代オタクだったが、惑星間をまたいで作られた空間で、イースターエッグはそう簡単に見つからない。

イースターエッグを狙っているのは、個人のゲーマーだけじゃなかった。
組織だった大企業は社運をかけて探しているが、殺人も厭わないこの組織に、主人公をはじめ、ゲーマーたちは苦しめられる。
しかも、主人公がイースターエッグに近づいたと知ると、現実の世界で彼を捕まえ、そのありかを聞き出そうとする。(どんな手段を使ってでも)
仮想空間では宝探しを、現実では組織に捕まらないように逃亡する。
二つの世界で主人公は、大人に一歩近づく冒険をする……。
とこれだけなら、ふつ〜うの物語。
予告編を見ただけでも、『アキラ』に登場する金田のオートバイや、アイアンジャイアント、デロリアン、フレディ・クルーガーが登場しているが、実はこの小説の方のラストに、とんでもない戦いが待っているのだ。
今はネタバレになるから言えないが、このラスト、もし小説と同じラストだとすると、80年代にとどまらない、壮絶なラストになる!
ヒントは、特撮ファンなら狂喜乱舞は必至!!!

ゲーム、映画、音楽、アニメ、テレビといった日本では馴染みの80年代オタクカルチャー、これをスピルバーグ監督はどう料理したのか、期待は膨らみます。

予告編です。


こちらは原作本。


category: ニュース

tag: ラ行    映画本 
cm 0   tb 0   page top

特撮秘宝「平成ゴジラ30年」という本を買いました 

どーも、ロッカリアです。

特撮秘宝の第6弾となるムックを買いました。
『ゴジラvsビオランテ」から『シン・ゴジラ』までのシリーズを特集していますが、それだけじゃなくて、ガキの頃によく見た「ウルトラ・ファイト」や、「流星人間ゾーン」「帰ってきたウルトラマン」から、今年後半に公開されるゴジラの初アニメメーション、『GODZILLA:怪獣惑星』の最新情報まで網羅されています。

↓この表紙のモゲラのかっこいい事!
DSCF3629.jpg

特筆するのは、私の大好きな作品、『怪獣大戦争』の脚本が完全掲載されている事。
映画をよく知っているから、脚本と映像化の違いなんかもよくわかります。

個人的には『ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃 』が平成ゴジラの中では作品的に好きで、『ゴジラ2000:ミレニアム』のゴジラは造形的に好きです。
あと、3式機龍の造形も時代にマッチしていて好きです。
平成ゴジラ・シリーズは、結構ストーリーに変化と工夫があって面白いですよね〜。
これは本はもう、ゴジラ・マニラと特撮ファンにはオススメで、ゴジラの世界観をより深く楽しみたい人は必読の本です。


category: 迷宮図書室

tag: 映画本  ゴジラ  特撮 
cm 2   tb 0   page top

プロフィール

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック