06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

INFORMATION

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

『ワンダーウーマン』 

どーも、ロッカリアです。

「地上最強の美女:バイオニック・ジェミー」のリンゼイ・ワグナー以来、久しぶりに憧憬するヒロインです。
ルーブル美術館で働いている(初めて知ったけど)時の、コンサバと言うよりは派手目のボディコンシャス姿から、ワンダーウーマンになった時のコスチューム姿、そのギャップが男心を鷲掴みにしますな。
ガル・ガドットの魅力が、大きくこの映画に貢献している。

物語は、ダイアナが幼少期の頃から始まり、一人前の戦士に成長、そこに初めての男が現れ、第一次世界大戦下のロンドンへ行き、そこから世界を救うために、軍神アレスを求めて旅に出るが、そのアレスが実は……。

私は単細胞な生き物なので、「愛こそが地球を救う」と言った、愛の力や、人を思いやる姿がちゃんと描かれていると、すぐにウルッときてしまうのです。

wander.gif

マーベルに比べて、DCの方が一人ひとりのキャラの掘り下げ方がうまい。
バットマンにしろ、スーパーマンにしろ、そしてこのワンダーウーマンにしても、背負っているバックグラウンドは重い。
特にDCの方は、ダークな感じが個人的には好きで、単純に「善と悪」と言う勧善懲悪ではなく、正義とは何か? 悪とはどう言ったものなのか、と言う定義もしっかりしている。

ワンダーウーマンがどうして無敵なのか、それはラスト近くで明かされる驚愕の事実、ギリシャ神話もビックリである。
また、女性監督らしい演出も冴えていて、Dr.ポイズン(原作では日本の元プリンセス、マルと言う設定)の描き方が実に繊細だ。
モンスター的な描写を避け、心理描写まで見せる手の込みようだ。

この映画をこれから見る人に、キーワードを二つ上げておこう。
「ゴッドキラー」と「粘土から生まれた子」だ。
この言葉の意味が、最後で明かされるので、覚えていても損はない。

それにしても不思議だ。
ダイアナの成長は、第一次世界大戦の時から、なぜ止まっているんだろうか……。

スポンサーサイト

category: ワ行

tag: イラスト  ワ行 
cm 0   tb 0   page top

一口メモ:『ワタシが私を見つけるまで』(2016) 

タイトル通り、巷に溢れている自分探しの物語。
同棲中の恋人と距離を置くため一人でニューヨークで新い生活を始めるが、友人や新しい男に振り回される日々。
おまけに、元彼の良さを再認識した時には、その元彼に新しい恋人ができて……。
自分自身の心、考え方を見つめ直さないと、本当の自分の姿が見えない、と言うよくある話。

category: 一口メモ

tag: ワ行 
cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。