06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

INFORMATION

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

今日は休日、シングルレコードの整理でも 

どーも、ロッカリアです。
LPの整理をしていて、ふとシングル盤の整理もしないといけないなぁと。
なんか段ボールの箱に入れっぱなしだったのを思い出しました。
そこで、シングル盤の収納に何かいいものないかと、100均で物色していると、ちょうどいい感じのものを見つけました。

DSCF3821.jpg

木箱のように見えますが、布製で、組み立てると、シングル盤にジャストフィット!
写真の左側に隙間があるように見えますが、写真写りの関係で、実際にはピッタリ・サイズです。

DSCF3820.jpg

オーディオ・ラックの上に置いて、聴きたい時にすぐ聴けるようにしました。
サントラばかり60枚ちょっと。
その中で、『タワーリング・インフェルノ』『大地震』『明日に向かって撃て!』のレコードが、なぜか2枚づつ有ります……。
整理していないと、どこに何があるのか忘れ、頭の悪い私は同じものを買っちゃうんですね。(アホだ)

早速5枚ほど立て続けに聴いて、雨の降る日に、幸福な時間を過ごせました。

スポンサーサイト

category: ホーム・シアター

tag: サントラ  レコード 
cm 3   tb 0   page top

これは使える! LPのビニール袋入れ替え作戦 

どーも、ロッカリアです。

100枚で870円! しかも絵裏にテープが付いているので、ホコリ&湿気対策にはもってこいのLP専用ビニール袋が便利です。

こんな感じで届きます。
二重の袋に入っていました。

DSCF3770.png

一枚だけ取り出すとこんな感じ。
DSCF3771.png

このアルバムを入れます。
膜がかかっているように見えます。
DSCF3769.png

裏にはノリを保護しているテープが付いています。
DSCF3775.png

こんな感じに、新品のようです。
DSCF3774.png

あまりにも安い買い物だったので、半信半疑でしたが、実際に使ってみると充分だと感じます。
ビニールの厚みが0.04ミリ(髪の毛の半分)と少し薄いので、ヘビロテのアルバムに使うと、傷みが早いかも知れませんが、コスパを考えると満足です。

アナログ派の参考になればと思いアップしました。

category: ライフログ

tag: レコード 
cm 6   tb 0   page top

あなたが初めて買ったレコードは何? 私は…… 

どーも、ロッカリアです。
大阪は今雪が降っています。(さぶ)

中学二年生の頃から映画(TVの洋画劇場ね)にどっぷりハマりました。
夜の9時から始まる映画や深夜放送の映画はもちろん、特に土曜日の昼過ぎから始まる洋画劇場は好きでした。
今から考えると、大体が1時間半の放送だったので、カットだらけの映画だったんですけどね。

午前中で授業が終わり、家のTVで吉本新喜劇を見ながら昼飯を食う。
一息ついたところで、洋画劇場が始まる。
この頃、お昼の定番的存在だったのが、マカロニウェスタンだった。
マカロニの特徴と言えばガン・アクションだ。
次に、ハリウッド製西部劇には無い暴力描写とお色気。(断っておくと、決してエログロでは無い)

クリントが1秒間に五人を倒したり、馬に踏まれて使い物にならない手で復讐するジャンゴことフランク・ネロ。
銃で撃たれ、死んだと思ったら、胸ポケットに入れてあった1ドル銀貨に命を救われたジェンマ。
本家に負けじと、アイデアと情熱で対抗していたマカロニ。
そして、それらのドラマを盛り上げ、作品の看板を背負っていたのが、とても印象に残るテーマ曲、サウンドトラックだった。

貧しかったが、新聞配達と、足りない分は母親が足してくれ、プラスティック製のプレーヤー兼レシーバーと、スピーカーまでプラスチックだったが、いっちょ前にLR分離型のステレオを買った。
その時一緒に買ったのが、「マカロニウェスタン・テーマ:ゴールド・デラックス」と言うレコードだった。

DSCF3755.jpg

オリジナル・サウンドトラックと言う言葉を知らなかった少年は、擦り切れるほどレコードを聴いているうちに、「あ、これは映画と同じだ。でも、この曲はちょっと違うようなぁ……」と思いながらも毎日楽しんだ。(これしかなかったからね)
ジャケットはカビが生え、レコードの溝も甘くなってしまったが、正真正銘、今でも私の宝物だ。
あの頃からもう40年以上が過ぎたが、今もあんまり変わらん事をしているなぁ、と思う自分がいるけど、「これでいいのだ!」と思う自分もいる。

皆さんも初めて買ったレコード、覚えてますか?
あるいは、レコードなんて捨てちゃったから忘れた?
良かったら、そんな思い出を聞かせてください。

お、なんか今日はラジオっぽいぞ。

category: ボクの70年代ノート

tag: レコード  TV洋画時代  マカロニ・ウエスタン 
cm 9   tb 0   page top

【1000 record covers】レコジャケ、もはや芸術品! 

どーも、ロッカリアです。

金曜日の夜に見ていたてTV、福山雅治が出ていた番組です。
その後ろのセットに、この本が飾ってあったので、速攻でアマゾンに注文しました。
 DSCF3696.jpg
1000ものレコード・ジャケットが掲載されていて、これは美術本と言っても差し支えないでしょう。
そして、古いレコードになるほど、こう言った本でしか見られなくなりますが、もう一つ楽しみ方があります。
それは、発売されたが、訳あって、すぐに回収されて数に限りがあるアルバムが見れることです。

これはジミヘンの「エレクトリック・レディランド」
DSCF3697.jpg

発禁になった理由は一目瞭然ですね。
レコ屋を回っても、ほぼ出会う事はありえない貴重盤になってます。


これはロキシー・ミュージックの有名な「カントリー・ライフ」
DSCF3699.jpg
上がオリジナルで、下が修正版。
修正しすぎだろ! と思いますが、オリジナルの方は、女性の下着姿。
実は男性と言う噂もあるんです。


ヴァン・ヘイレンの「バランス」
スクリーンショット 2017-09-18 18.27.51
シャムの双生児風ジャケットで物議を呼びました。
修正版の掲載はありませんが、すぐに少年一人の写真にすり替えられました。


これは大好きなレイナード・スキナードの「ストリート・サバイバーズ」
DSCF3698.jpg
上がオリジナル盤。
一体何がまずくて下の修正版になったのか?
実はオリジナル盤発売直後、彼らの乗った飛行機が墜落炎上、炎に包まれた(ロニー・ヴァン・サント等)メンバーが亡くなると言う悲劇に見舞われました。
あまりにも暗示的だと言う事で、下のジャケットになったと言う、いわく付きのアルバムです。
このアルバムはオリジナルで持っています。

一番有名な発禁は、何と言ってもビートルズの通称「ブッチャー・レコード」ですが、他にもスコーピオンズの「ヴァージン・キラー」やデビッド・ボウイの「ダイヤモンドの犬」、ロジャー・ウォータースの「ヒッチハイクの賛否両論」も海外ではアウト。
ガンズ・アンド・ローゼスやジョン・レノンと、枚挙にいとまがありません。

レコード・ジャケットに興味のある方は是非。

category: 嗚呼、音楽夜話

tag: レコード 
cm 0   tb 0   page top

「世界を変えたレコード展」感傷と記憶のバラード 

どーも、ロッカリアです。

MTVで賑わったジャケットのジャングルを過ぎると、やがてレコードが突然なくなり、出口が大きな口を開けて待っていた。
レコードを見て感傷に浸ることはない。
楽しかった思い出や、青春時代の記憶が蘇る事もほとんどない。

ああ、このレコードはよく聞いたなぁ。
おお、このレコードはジャケ買いだったなぁ。
こいつ、欲しかったんだけど、ついに買わなかったよなぁ。
このアルバムは、ほんと、ギターがかっこいいよなぁ……等々

もちろん、特定の曲には、恋愛や失恋の思い出、あの日あの頃の記憶が鮮明に蘇る曲はたくさんある。
でも、アルバム自体を見て、そんなシチュエーションは思い出さない。
きっと、思い出はメロディーに絡みつき、心に宿るんだろう。

turntable-1822103_640.jpg

ところが、出口が見え、レコードの姿が見えなくなると、私は何度も、今歩いてきた順路を振り返らずにはいられなかった。
とても楽しかったはずなのに、同じぐらいに寂しかった。
それはまるで、大切なものを無くしたような、永遠に続くと思っていた命に、限りがあると気がついた時のように、どうしようもない思いだった。

一体誰がレコードという文化を終わらせてしまったのか?
それは、音楽が大好きだった我々自身だったのか?
CDを初めて聞いた時、あの、レコード特有のスクラッチノイズがなく、無音からいきなり音楽が始まることに衝撃を受けた。
しかも、30センチサイズのLPが、12センチにサイズダウン。
これならコレクションもしやすい。
ひっくり返す事もない。
自身も長い間レコードを忘れていた時期があった。
静電気を取る必要も、ホコリを取る必要も、息を殺す必要もない。
ただ、CDをトレイに乗せ、ボタンを押せばそれで済む。

レコードジャケットは確かにアートだった。
でも、レコードが文化なんて、誰も教えてくれなかった。
レコード展なんて、その当時は催されることはなかった。
それだけ、レコード文化は根付いていたのに、その時は文化だと思わなかった。

時を経て、この「世界を変えたレコード展」を体験して、出口が見えた時、レコードは物ではなく、文化だったことを思い知り、それがもうないことが、強い感傷を私に与えたのだ。

青春が終わった日なんて覚えていない。
レコードもそれと同じだ。
記憶の中で、今も、昔と変わらず回り続けている。
きっと、この先も。

category: 嗚呼、音楽夜話

tag: レコード   
cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。