FC2ブログ

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

TOP > レコード

今日は休日、シングルレコードの整理でも

今日は休日、シングルレコードの整理でも

どーも、ロッカリアです。LPの整理をしていて、ふとシングル盤の整理もしないといけないなぁと。なんか段ボールの箱に入れっぱなしだったのを思い出しました。そこで、シングル盤の収納に何かいいものないかと、100均で物色していると、ちょうどいい感じのものを見つけました。木箱のように見えますが、布製で、組み立てると、シングル盤にジャストフィット!写真の左側に隙間があるように見えますが、写真写りの関係で、実際に...

... 続きを読む

管理人のみ閲覧できます * by -

ロッカリア">
Re: miriさんへ * by ロッカリア
コメントありがとうございます。

な、なんですと!?
あの文庫シリーズをまだ持っておられると?
いいなぁ〜〜〜〜。
僕は「悪霊島」と「悪魔が来たりて笛を吹く」の2冊しかない……。
しかも「悪霊島」は¥95で買った中古本で程度悪〜いし、「悪魔が来たりて笛を吹く」は同じ文庫でも、シリーズ2だから字の方が大きく、イラストは表紙の4分の1ぐらいしかない……。
高校生の時に、朝までかかって読んだ「女王蜂」は、今も忘れないなぁ。
横溝正史の小説は、ドロドロしたイメージを持っている人が多いのかも知れないが、僕は、文章から煌びやかで、そして美しい映像しか浮かんでこないんだよね。

フォークやニューミュージックも良いよね〜。
僕は、これも引越しの時に、シングルはもういいか、と思って破棄したんだよなぁ。
だから今持っているサントラEP盤は、この10年ぐらいで買い直したものなんだ。

昔なら、サントラだけで軽く100枚以上持っていたのに……、これも残念無念だ。
本もレコードも、大切にね。

また遊びに来て下さいまし。



こんにちは☆ * by miri
>そこで、シングル盤の収納に何かいいものないかと、100均で物色していると、ちょうどいい感じのものを見つけました。

素敵な入れ物ですね!
私も100均で買ったものに入れているけど
おしゃれ度が低いです(笑)。

>サントラばかり60枚ちょっと。

私はサントラもあるけど
多くはフォークソングとかニューミュージックとかです♪

>早速5枚ほど立て続けに聴いて、雨の降る日に、幸福な時間を過ごせました。

良かったですね!
DJ気分ですか?

>高校時代に角川文庫の横溝正史シリーズを20冊以上、杉本一文氏のイラストで所有していたのに、引っ越した時に処分してしまったんですよね〜、ホント残念無念。

・・・持っていますよ(笑)。
経年劣化あるけど、わりとキレイ。 15~20冊くらいです。
あの夏休み、読みまくりましたよね☆


.

これは使える! LPのビニール袋入れ替え作戦

これは使える! LPのビニール袋入れ替え作戦

どーも、ロッカリアです。100枚で870円! しかも絵裏にテープが付いているので、ホコリ&湿気対策にはもってこいのLP専用ビニール袋が便利です。こんな感じで届きます。二重の袋に入っていました。一枚だけ取り出すとこんな感じ。このアルバムを入れます。膜がかかっているように見えます。裏にはノリを保護しているテープが付いています。こんな感じに、新品のようです。あまりにも安い買い物だったので、半信半疑でしたが、...

... 続きを読む

ロッカリア">
Re: miriさんへ * by ロッカリア
その番組、記憶にある。
子供の頃に父親の仕業で警察につかまったとか(ま、有名な話ですが)、家族をとても大切にしていたとか…。
映像が蘇ってきました。

変態と言う意味は、変態=異端児=天才、と言う方程式で使ってます。
平均的=普通=ロッカリア、です。
ですので、超がつくぐらい普通〜だと思っています!(誰がなんと言おうと!)
ただ、全てのことにおいて、ちょっとだけマニアックなだけです!(こほん)

『月下の恋』見られましたか!
ただ怖がらせよう、と言う映画じゃなくて、儚い物語でしたよね。
ルイス・ギルバート氏の追悼として、オンエアが期待できるのは、やはり007ぐらいじゃないでしょうか。
手っ取り早く映画を入手できるだろうから。

『フレンズ』や『暁に七人』、『アルフィー』なんかはエアチェックしてるから、できたら『ビスマルク号を撃沈せよ』をオンエアして欲しいな。
出来たら『月下の恋』もハイビジョンで見たいね。持ってるのはDVDだから。

また遊びに来てくださいな!

こんばんは☆ * by miri
>僕なんかはいたって普通人なので、崇拝したくなっちゃうのです。
>あくまで映画に対して、ですが。

・・・何を普通というか知りませんが、ロッカリアさんは
多分多くの人から見て普通とはちょっと違うと思いますよ☆
悪口ではなく、褒めています。

>Eテレのその番組、確か見たと記憶しています。
>でも、どんな内容だったかは、少し教えてもらわないと思い出せないです。

幼少時の記憶からその道に入ったこと
映画の技術のあれこれ、特に撮影の仕方とか
そして私のお気に入りの、ご家族とのあれこれ
必ず夕食を三人でとったので、撮影は早く終えたとか
「泥棒成金」以外は遠くに行ってないですしね
そんな内容だったと思います。

>僕の好きなヒッチ先生は、変態です! そうあって欲しい……。

つまり「変態」という日本語のとらえ方が違うんだと思います。
ロッカリアさんのおっしゃりたいことはよく分かったつもりです。
賛成しています、でも、その言葉、何とかなりませんかね?

「変態」では、私は「犯罪者のような人」を連想してしまうので・・・。
まぁでも、それぞれだから、ロッカリアさんの仰るその言葉は
そういう意味ではないと、今後は言い聞かせて読ませてもらわねば・・・。

「月下の恋」素晴らしい映画でしたね!
リクエスト作品で遅くなったけど3年前に見て感激しました。

訃報は悲しいけど、
もしこの機会に監督の特集がオンエアされればなあって思います。
(「月下の恋」はセルしかなくて、オンエアもないんです)


.

ロッカリア">
Re: miriさんへ * by ロッカリア
何度でも歓迎です。

やっぱりそうなりますよね、一枚一枚。
レコードを聴く習慣、良いじゃないですか。
御夫婦でレコードを聴くなんて。
うちなんかは、僕がロックやジャズばかり聴くもので、相手にもしてくれません。
でも、去年のクリスマスには、CDですが、百恵ちゃんのベスト盤をプレゼントしたので、ipodにいれて聴いてるみたいです。

ヒッチ先生に関しては、確かに常識はありますが、普通人とは思っていません。
何故なら、あの映画に対する執念は、並大抵の思い入れではないでしょうから。
変態に決まっています。
日本語にすると変ですが、ノーマル(普通)じゃない、アブノーマルだと。
そこが良いんです。
僕なんかはいたって普通人なので、崇拝したくなっちゃうのです。
あくまで映画に対して、ですが。

Eテレのその番組、確か見たと記憶しています。
テレビや本で、ヒッチ先生に関するものは積極的に集めていますから。
ただ、録画したかどうかは、膨大なDVD(BD-R)の中から探さないと分かりませんが。
でも、どんな内容だったかは、少し教えてもらわないと思い出せないです。
2009年頃だと、なかなか再放送は期待できないでしょうね。

僕の好きなヒッチ先生は、変態です! そうあって欲しい……。

何度もすみません☆ * by miri
>外袋も、一度に入れ換えるんじゃなくて、一枚一枚聞いたりしながらやっている

あ、一緒です!
ほとんどのを聞いてから入れました☆
でも数枚は「今は聞く気分ではない」って感じで聞かずに入れました。
・・・ロッカリアさんとは枚数が違うので(笑)。

レコードを聞く習慣が再びついて、毎日数回の台所に立つときとか、
夫の休日に岩崎宏美(私も嫌いではありません・笑)を
ゆっくり聞いたりして、良い時間を持てるようになったのは
本当にロッカリアさんのおかげです、有難うございました♪

※今朝の洗い物の時には「12月の雨」を聴くために「ユーミン・ブランド」聞きました

>ヒッチ先生にしても、映画は好きですが、人間的には相当な変態だと思っている

何故かそういう言葉をたまに聞きますが、私は全然・・・
ヒッチさんは「常識にあふれた普通人」だと思っています。

私が映画を見る事を再開した9年前のEテレのオンエア
「シリーズ巨匠たちの肖像
 ヒッチコック ≪サスペンスの深層≫」
という番組を見たからです。

今のところ再放送がなくて残念なのですが(私は録画して持っています)
(今後もし再放送があったら)
ロッカリアさんには是非見ていただきたい番組です。

私の好きなヒッチ大先生は、常識人なので
かえってそういう映画を作った人、という感じです☆
(もしかしたら、前にもこの番組のことお話したかもしれませんが、お許しくださいね)


.

ロッカリア">
Re: miriさんへ * by ロッカリア
コメントありがとうございます。

実はこのレコード袋を買おうと思ったのも、miriさんのコメントを読んで覚えていたからです。
中袋は買っていません。
外袋も、一度に入れ換えるんじゃなくて、一枚一枚聞いたりしながらやっているので、まだ10枚ぐらいしか入れ替えてません(汗)
LPは500枚ぐらいあるので、もう少しペースを上げて、休日に一気に入れ替えたいと思います。

え? シングル盤用もあるんですか?
LPが落ち着いたら、そちらも買います。

トリュフォーの映画は好きです。
人物については、『未知との遭遇』や他の映画でしか知らないので、あまり関心がありませんでした。
ヒッチ先生にしても、映画は好きですが、人間的には相当な変態だと思っているので、人物像はあまり考えないようにしています。

僕はあくまで、どんな監督さんであれ、その作品が好きか嫌いか、と言うだけです。
確かに、人物像の評判が悪いと、作品まで嫌いになりそうなので、自分の目で見たものだけを考えるようにしています。

この映画は、トリュフォーがいかにヒッチ先生の作品を尊敬していたか、どんな所に心が打たれたのかを通して、ヒッチ先生の作品を観客にわかりやすいように見せてくれます。
なので、映画好きには必見と言ってもいいでしょう。
ぜひ見てくださいね。

こちらこそ、長々と失礼しました。
また良い情報がありましたらおしらせくださいませ!

こんにちは☆ * by miri
>あまりにも安い買い物だったので、半信半疑でしたが、実際に使ってみると充分だと感じます。

1月にコメントで書かせて頂いた通りに私も買って
入れ替えましたが、本当にお値打ちで良い品物ですよね☆

私の買ったのはロッカリアさんのとは違うものですが
同じ会社の製品です。

その時一緒に「内袋」も買って全部入れ替えています。
(あまり枚数もないのでね、お恥ずかしい)
内袋は買わなかったのですか?

私はその後、シングル盤のも両方買って
全部気持ち良く新品同様の見た目になりました。
良い品物がある良い時代ですね♪

新記事の映画ですが、ずっと前から見たくてご縁がなくて、
いつか見たいとこころから思っています☆

トリュフォーさんあまり好きではなかったんですが
あ、映画ではなくお人柄です。
でも、あることが切っ掛けで今は良い人だと思っています。
(映画作品は好きなのも嫌いなのも両方あります)

長々と失礼しました。
良い日曜日をお過ごし下さいね~!


.

あなたが初めて買ったレコードは何? 私は……

あなたが初めて買ったレコードは何? 私は……

どーも、ロッカリアです。大阪は今雪が降っています。(さぶ)中学二年生の頃から映画(TVの洋画劇場ね)にどっぷりハマりました。夜の9時から始まる映画や深夜放送の映画はもちろん、特に土曜日の昼過ぎから始まる洋画劇場は好きでした。今から考えると、大体が1時間半の放送だったので、カットだらけの映画だったんですけどね。午前中で授業が終わり、家のTVで吉本新喜劇を見ながら昼飯を食う。一息ついたところで、洋画劇場が...

... 続きを読む

ロッカリア">
Re: miriさんへ * by ロッカリア
コメントありがとうございます。
そうですか〜、買っちゃいましたか〜。
思いきられましたね〜。
買ったプレイヤーが、どうか故障せずに、長持ちすることを祈ります。

私もレコード聴いて、一日の疲れを取ったり、休日にはリラックスしたり、ライフスタイルには欠かせないものなので、miriさんにも、昔のように楽しんでもらえたら、記事を書いて良かったと思っています。

「サークル・ゲーム」「若葉のころ」「悲しき天使」
「幸せの黄色いリボン」「ウイズアウト・ユー」懐かしいですね。
『いちご白書』はフェイバリット・ムービーですし、『小さな恋のメロディ』もそうでう。
「悲しき天使」は色んな人がカバーしていますね。
「幸せの黄色いリボン」は伊東ゆかり?
「ウィズアウト・ユー」はアルバム(ベスト盤)で持っています。

僕は、カセットデッキが死んだ時に、ネットでジャンク品を買って自分で修理して(LDもそうでした)テープを聴いていましたが、今はもうそのテープがありません。
これは後悔してもしきれません。
すごい青春が詰まってましたから。

感謝なんてとんでもない、少しでも、お役に立てて良かっと、こっちが感謝したいです。
参加型の記事ですか……、また、何か思いついたら、アップしますねって、すでにプレッシャーやん!

こんばんは☆ * by miri
>レコードは今も聞けるんですか?

ロッカリアさんの記事に背中をバーーーーン!と押されました☆

私は今から15年くらい前に、
レコードやカセットをCDに焼けるけっこう高級な機械を買って、
持っていたカセットテープは ほぼすべて CD化したのですが
レコードはほとんど出来ないまま、機械を壊してしまいました。

その後は、あまり音楽を聴く事が出来ず、
2009年以降は映画を再びたくさん見るようになって、
レコードはそのままリビングボードで眠っていました。

数年前から、昔持っていたような良い機械ではなく、ちゃちーのですが、
5万円くらいで売っている、レコードが聞けてCDにも焼ける機械、
それがずっと気になっていました・・・でも、
日本製(TEAC)でも中身はほぼ外国製らしく、
当たり外れもありそうで迷ってばかり・・・

それがこちらの記事で
背中をバーンと押されたんですよね~!
サンキュー!って感じです☆

音質には拘らないので、そういうちゃっちー安い機械でも、満足しています!
早速購入して、レコードを聴いて、
レコードを入れる袋も Amazonにあったから買って 新品みたいになって
今は(古い言い方ですが)るんるん気分です☆

本当に有難うございました☆

あと、アグネスは香港の人なので、今は中国ですが
当時はイギリス人だったんですよ~
英語の発音も美しくて(日本語はアレでしたが・笑)。

外国の曲も、そのレコードで、まず覚えたので、
今 youtube でも聞けるオリジナルの人よりも
私はすべてアグネスの声で、彼女の歌い方が馴染んでいます。

「サークル・ゲーム」 「若葉のころ」 「悲しき天使」
「幸せの黄色いリボン」 「ウイズアウト・ユー」 等々。。。

今回、全ての曲もおしゃべりも、覚えていた通りに耳の奥から
そして目の前のスピーカーから、同じように聞こえて
若い時の記憶がすごいなあって思いました。

長々と申し訳ございません。
本当に感謝です。

また参加型の記事をお待ちしていますね~♪
(あ、プレッシャーにはしないでくださいね・笑)


.

ロッカリア">
Re: しろくろshowさんへ * by ロッカリア
コメント有り難うございます。

「アクマイザー3」に「ウルトラマン大百科」ですか!
根っからの特撮ファンですね〜。
「アクマイザー3」は、レコードは持ってませんがフィギュアなら持ってます。(ちっこいヤツ)

サントラ・コレクターの人と一緒に輸入レコードの通販買いですか!
これも凄いですね〜。
でも、手元いないと言うことは、捨てられてしまったのでしょうか。
だとしたらもったいないラインナップですね。(グレムリンはLPで持っています)
私も一時期DATと言うレコーダーにサントラを撮りまくったんですが、DATが世間から消えて今では聞くこともできません。
音源を持ってらっしゃるだけ、良かったですね。

あと、QUEENの『フラッシュ・ゴードン』、あれは良いアルバムでしたね。
こちらはCD化されているので、私もいつか買おうと思っています。
映画自体は酷評でしたが、『テッド』同様、個人的には好きな映画なんですがねぇ。

それにしても、『銀河伝説クルール』(LDを今でも持ってます)『トワイライトゾーン』『カプリコン1』『カサンドラクロス』(EP盤は持ってます)『アルゴ探検隊の大冒険』『ブラジルから来た少年』『イルカの日』(これもEP盤で)は、やっぱり勿体無いですねぇ〜。

貴重なお話、ありがとうございました。
また機会がありましたら、お話聞かせてくださいね。

ロッカリア">
Re: miriさんへ * by ロッカリア
コメントありがとうございます。

手、短かっ! と写真を見て思いました。
まさかこの写真で爪まで見られるなんて、さすが女性の視線は怖いと思いました!(笑)
しかもパジャマだし……。

アグネス・チャンのライブ・レコード!
確かに、その頃ライブ盤って何ぞや? と僕も思っていたなぁ〜。
アグネスのTV登場にはビックリしました。
中国の人が日本語で上手に歌っている、と言う驚きでした。(僕はこの頃、天地真理が好きでしたねぇ)
しかも歌詞をノートに書き写して、意味まで調べたなんて!
映画ノートの時も驚かされましたが(そんな頃に映画ノートを付けていたことにたいして)、そうやって英語まで勉強していたんですか。
それだけアグネスのことが好きだったんですね。

僕は高校の時から、洋楽のLPに付いている日本語の歌詞を見ながら音楽を聴いて、この曲はそう言う意味なのか、と楽しんでいました。(歌詞を写し取ると言う発想さえありませんでしたよ)
今も大事な宝物として持っているんですね。
レコードは今も聞けるんですか?
昔のレコードって、CD化されていないものも結構あるので、これからも大切にしてください。

貴重なお話を聴けて楽しかったです。
また遊びに来てください。


ロッカリア">
Re: 鉦鼓亭 さんへ * by ロッカリア
コメント有り難うございます。

環境が整っておられたんですね。
シルビィ・バルタンの曲、私も出し好きでした。
少6の時の友達の家に、家具調のステレオがあって、よく聞きに行きました。
その頃はザ・タイガースやミッシェル・ポルナレフなどを一緒に聞いていました。
なかでも、「帰ってきたヨッパライ」は学校でも流行っていたなぁ。
その後、郷ひろみとか西城秀樹、山口百恵や中村雅俊と聞き継いで行きましたが、中学になると、『007』や『卒業』のサイモンとガーファンクルにハマり、映画音楽と洋楽に目覚めました。
最初に買われたのがフランシス・レイだとしたら凄いですね。
なんだかマカロニと言っている私が恥ずかしくなります。(子供っぽくて)
鉦鼓亭さんとは真逆で、高校に入ると洋楽オンリーでした。
これも友人による影響が大きかったと思います。
ツェッペリンにパープル、そしてピンク・フロイドにキング・クリムゾン、イエス、アラン・パーソンズ・プロジェクト、ELPにELO。
段々プログレにハマりました。
この頃には、映画のサントラはシングル盤を中心に買って、あとはFMでエアチェックしてカセット・テープに録音しまくりました。
いい時代でした。

ちなみに、『ある愛の詩』、私は大好きで、この曲が流れると、あの真っ白な雪景色を思い出さずに入られません。
映画音楽が好きで良かったと、つくづく思います。

貴重なコメントありがとうございました。
また、折に触れ、映画の話で盛り上がりましょう!

※訂正も承りました。


* by 鉦鼓亭
すいません、訂正です
「マミー・ブルース」→「マミー・ブルー」でした。(汗)
40年以上前なので・・・。

* by しろくろshow
こんにちは。

これは自分で買ったものの事ですよね??

と、なると自分の場合は「アクマイザー3」のドーナツEPでした( ̄。 ̄;) 初LPは「ウルトラマン大百科」という主題歌集で、映画音楽兼まともな(?)歌モノだとQueenが担当した「フラッシュゴードン」のサントラ盤でしたねー。

高校生になってからはサントラ盤コレクターの人と知り合いになりまして、彼と一緒にて輸入モノのLPを通販でよく買っていた記憶があります(渋谷にあった「すみや」だったかな??)憶えているのは「銀河伝説クルール」「グレムリン」「トワイライトゾーン」「カプリコン1」「カサンドラクロス」「アルゴ探検隊の大冒険」「ブラジルから来た少年」「イルカの日」あたり(今は手元に一枚も残っていないのでうろ覚えですが、音源は録音したヤツが残っているのでたぶん間違いないと思います)

今思うとLPレコードはあのサイズが視覚的にインパクトがありましたよね。CDジャケットの大きさではあの感動は味わえませんでした(これはLD>DVDでも同様でしたが)

こんにちは☆ * by miri
>お、なんか今日はラジオっぽいぞ。

ホント、こういう感じ、イイですね☆
それに爪の短いきれいなお手々まで見せていただいて(笑)。
だんだん仮面をはがしてください!

私はハッキリとしていて、映画は中3からなので皆さんより遅くて
その前に一番大好きだったのが

アグネス・チャン!

一番最初に買ったレコードは、彼女の初めてのライブレコード
(当時は意味がいまいち分からなかった・笑)

アグネス・チャンのLP「フラワー・コンサート」です♪
もちろん今もリビングボードに鎮座ましましています。
その後買ったいろんなアーティストのいろんなレコードや
映画のサントラよりずっと、このレコードは
私にとっての宝物です。

彼女の本格的な発音の英語の歌を、全部ノートに歌詞を書き写して
自分なりに意味を調べて・・・
中1・中2は、他の人も好きだったけど
やっぱりアグネス・チャン!でした♪

読むラジオ、この記事は素敵ですね、多くの皆様の
初めて買ったレコードのお話聞きたいです!


.

* by 鉦鼓亭
 ロッカリアさん、こんにちは

レコードは捨てられないですね、大袈裟に言えば自分史だから。(笑)
同居してた叔母はブルー・コメッツが好きで母は越路吹雪の大ファン
まぁ、そんなの聞いて育ったみたい。
一番最初に歌詞を覚えた曲 「ウナ・セラ・ディ東京」ザ・ピーナッツ〜シャボン玉ホリデーの影響かな、歌本で覚えた。
一番衝撃的だった曲 「帰って来たヨッパライ」父が買って来て家族で笑い転げた
最初のレコード 小学生の時 「フランシーヌの場合」新谷のり子(爆)叔母に買ってもらった。
中学時代、親友から使い古しのポータブルレコーダーとレコード20枚位を貰ってから、音楽を聴くように、その中に有ったのが
一番最初に惚れた歌手 ジャケット惚れ シルヴィ・バルタン「悲しみの兵士」、「アイドルを探せ」 。「フランシーヌ〜」も「悲しみの〜」もどっちもガチの反戦歌だわ(笑)、ベトナム戦争、全学連の時代だったし。
一番最初の映画音楽 「雨の訪問者」フランシス・レイ、「ブーベの恋人」
中学時代はラジオでテキトーに洋楽ばかり聴いてました,でもビートルズは余り聞かなかった、S&Gは聴いたけど(「サウンド・オブ・サイレンス」、「ボクサー」、「スカボロー・フェア」が好きですね)
自腹で買った最初のレコード 「マミー・ブルース」
自腹で最初に買った映画音楽〜高校時代
肝心のこれが思い出せない(汗)
多分、「男と女」、「パリのめぐり逢い」、「個人教授」のどれか。
流行ってたとは言え、僕はフランシス・レイから映画音楽に入っていったんですね、すっかり、忘れてました。(「ある愛の詩」はヒットしすぎで拒否反応)

外国語が思いっ切り苦手で高校からは邦楽一辺倒、同世代だった桜田淳子、山口百恵、キャンディーズ・・・(笑)
その後、10年以上毎日のように浴びるほど聞いて劇症中毒となり、骨の髄まで影響を受けたのが中島みゆき。(笑)

【1000 record covers】レコジャケ、もはや芸術品!

【1000 record covers】レコジャケ、もはや芸術品!

どーも、ロッカリアです。金曜日の夜に見ていたてTV、福山雅治が出ていた番組です。その後ろのセットに、この本が飾ってあったので、速攻でアマゾンに注文しました。 1000ものレコード・ジャケットが掲載されていて、これは美術本と言っても差し支えないでしょう。そして、古いレコードになるほど、こう言った本でしか見られなくなりますが、もう一つ楽しみ方があります。それは、発売されたが、訳あって、すぐに回収されて数...

... 続きを読む

「世界を変えたレコード展」感傷と記憶のバラード

「世界を変えたレコード展」感傷と記憶のバラード

どーも、ロッカリアです。MTVで賑わったジャケットのジャングルを過ぎると、やがてレコードが突然なくなり、出口が大きな口を開けて待っていた。レコードを見て感傷に浸ることはない。楽しかった思い出や、青春時代の記憶が蘇る事もほとんどない。ああ、このレコードはよく聞いたなぁ。おお、このレコードはジャケ買いだったなぁ。こいつ、欲しかったんだけど、ついに買わなかったよなぁ。このアルバムは、ほんと、ギターがかっこ...

... 続きを読む