FC2ブログ

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

TOP > ラ行

一口メモ:『ロスト・バケーション』

一口メモ:『ロスト・バケーション』

ウディ・アレン監督作『カフェ・ソサエティ』でも注目の女優さん、ブレイク・ライヴリーはいい!海で一番遭遇したくない大きなサメに足を噛み付かれ、一人岩礁に逃げるサーファー。だが、プライベート・ビーチのような海岸では助けが来ない……。潮は徐々に満ちてきて、やがて岩礁も沈んでしまう。このタイムリミット型と動物パニックを組み合わせれば、最後はどうやって助かる、あるいは助からないのかが気になるが、その期待は「え...

... 続きを読む

『ローマの休日』過去記事リミックス

『ローマの休日』過去記事リミックス

これは以前のブログで書いた記事です。イラストだけを差し替えて当時のまま掲載します。こんばんは、ロッカリアです。僕の生涯ベスト10の作品。ついに、この映画を劇場で観る事ができた!  感無量だ……。僕がまだ中学生だった頃、もう35年も前になるが、初めてTVの洋画劇場でこの映画を見てから、幾度と無くこの作品を見続けて来た。この映画の凄い所は、何回見ようが、初めて見た時と全く印象が変わらない映画、と言う所だ...

... 続きを読む

ロッカリア">
Re: 鉦鼓亭 さんへ * by ロッカリア
ご無沙汰しております。

勿論『飛べ!フェニックス』も見ています(笑)
この『ローマの休日』は、同世代の人にとっては、宝物の映画ですよね。
誰もが愛する名画だと思います。

名シーンや名セリフも実に多くて、気高く、時に可愛いオードリー以外に、私もこの映画の成功はなかったと思います。
吹き替え版のドラムソロには気付きませんでしたが、リマスター版では、あの有名な時計の間違いシーンが訂正されていました。(オンエア版でも修正)
池田昌子&城達也両氏の吹き替えも、TV洋画世代としては強く心に残っています。
そして、私が所有している50周年記念版DVDには、この二人の吹き替えが収録されているは勿論、池田昌子さんによる、ローマ市の観光案内のナレーションが入っています。

考えてみたら、この映画を男性と真正面から語り尽くしたことって、あんまりないんですよね。
こうやって、ブログでも意見を交換できることを、本当に楽しく思っています。
熱いコメントありがとうございました。
また遊びに来て下さい!

管理人のみ閲覧できます * by -

* by 鉦鼓亭
 追伸

「ミスター・ハート!」は心臓に悪いしトイレに駆け込みたくもないので
教授の時は後ろの席で隠れながらブツブツ言います。(笑)

* by 鉦鼓亭
 ロッカリアさん、こんにちは

僕達の世代の映画ファン(男)なら、殆どがTVで「ローマの休日」、「大脱走」、「眼下の敵」は見てますよね、もしかしたら「飛べ!フェニックス」も。(笑)

A・ヘプバーン(当然、大ファンだけど、ちょっと別格(神棚行き))
〉僕は、この人の一番の特徴は「気品」だと思います、これは誰にも真似ができない。(ま、消せない気品が邪魔しちゃう時も、「許されざる者」etc)
「ローマの休日」を他の女優が演ったとしても名作にはなったでしょう(ワイラーなら)、でも、ヘプバーンの持つ気品が、これを大傑作にしたと思ってます。

「ローマの休日」
一番好きなシーンは記事にもある、
「もし、私が義務と責任を忘れていたのなら、今夜、ここに帰ってこなかったでしょう、永遠に」
この時の凜としたお姿が、実に神々しい。(笑〜ナイトガウンでさえ神々しい)
後、ギターの戴冠とアーヴィングが思い出の品を献上する所も大好き。
ギターの戴冠〉二度目の時、原語版はドラムソロが入ってるけどDVDの吹き替え版(下の三人組版)には入ってない、何故だろう?昔、見た時は入ってた気がするんだけど。
※刷り込み効果なのか吹き替えは、池田昌子、城達也、理容師・広川太一郎でないと違和感が・・・。(笑)

ホント、この作品は語り出したら止まらないので、この辺で。(汗)