09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

『モーガン:プロトタイプ L-9』最近多いネタ、と言える 

どーも、ロッカリアです。

DNAを操作して、新しいアンドロイドを作り出す。
今、AIの進化に呼応するように、ロボットも実際に進化していて、映画で描かれるアンドロイド、あるいは人間より凄いレプリカが、現実に姿を現してきています。
先の東京オモチャ・ショーのソニーのブース前にいた、女性のアンドロイドは鳥肌もの、でしたね。
さて、現実がSFを超えだしてきた今、映画の世界でも同じことが言えて、新しいものをただ出して、さあどうでしょうと言われても、ピンとこなくなってきました。

morgan_xlg.jpg

この映画の人間のレプリカは、赤ちゃん誕生から育てて、5歳児ながら見た目は高校生ぐらいの女の子。
この女の子がモーガンで、完璧な人間に成長させるために、大手企業がプロジェクトチームを作り監視していた。
ところが、朝食を共にしようとした女性に飛びかかり、大けがをさせる事態が。
本社からその調査に出向いてきたのが、この映画の主役のリー(ケイト・マーラ)という女性。
彼女は、チームの全員がモーガンを我が子のように接しているのが気になったが、同時にモーガンが時々見せる別人のような表情を見逃さなかった。
この映画のうまいところは、モーガンがいかに人間らしく成長していくのか? を主題にしているように、ミスリードしているところだ。
とっても可愛らしい女の子なのに、「どうして暴力振るっちゃうんだよ〜、ダメだよ〜」などと親父目線で見ていると、ある時点からガラッと映画の性質が変わり……。

ただ、冷静に見ると、矛盾も多く、予想できる展開ですが、最後の最後に、もう一度観客は騙されることになるのが、この映画のミソじゃないでしょうか。

絶賛するまでには行かないが、他の映画との差別化には成功していると思います。
リドリー・スコットがプロデュースしていて、期待しないで見れば、そこそこ楽しめる作品、という感じです。

category: マ行

tag: マ行 
cm 0   tb 0   page top

『南から北用心棒』とチビロク事件の惨劇! 

どーも、ロッカリアです。

皆さんも、映画に夢中だ、と言う人も多いと思いますが、それには何かきっかけがあったと思います。
私が映画の世界にのめり込んだ理由は、中学2年生の頃(1974年)に出会ったブルース・リーと、当時TVで頻繁にオンエアされていたマカロニ・ウエスタンに間違いありません。
それまで見た西部劇とは全く違うと言っていいほどのガン・アクションや残酷シーン、そしてオープニングに流れる曲の格好良さに惹かれました。

先日、中古レコード屋さんで見つけたEP盤の『南から来た用心棒』を買って、鮮明に思い出した記憶があります。
それは、中2の少年には、衝撃的な、ある意味マカロニ・ウエスタンよりも残酷な出来事だったのです。
DSCF3585.jpg

中2の頃、いつも六人でつるんでいて、みんな映画が好きでした。
ある日の土曜日、午後1時30分から洋画劇場で『南から来た用心棒』がオンエアされると知り、6人で見ることにしました。
学校から一番近いF君の家で見ることになり、ご両親は仕事で不在と言う事もあってちょうど良かったんです。
家に着いた時、映画が始まるまで1時間ほどありました。
まだ昼飯も食べていなかったので、みんなお腹をすかしていました。
その時、F君は一階の台所で「チビロクあるわ〜! みんなで食べようぜ」と言ったので、インスタントラーメンを作らせたら右に出る者はいない私とF君で作ることになりました。

チビロク……。
それは通常の袋に入ったインスタントラーメンの、約半分ぐらいの大きさが6個パックになっている、ちょうど小腹が空いた時に重宝する、我らの強い味方だったのです。

二つの鍋に3個づつ入れて出来上がるのを待ちました。
F君が、「タマゴ2個しかないけど入れようか?」と言ったので、もちろん賛成、反対する愚か者など誰もいません。
冷蔵庫からタマゴ2個を取り出し、それぞれの鍋に割って入れました。
その時、惨劇は起こりました!

割って入れたタマゴのうち一つが、血だらけだったんです!
「ゲッ!」
「気持ち悪り〜」
今なら、その部分を取り除いて、最小限の被害で済ませる知恵もあるでしょうが、なんせ中2。
とにかく気持ち悪いが優先し、みんなの意見は捨てようぜ、という結論に。
勿体無いと思いながらも三角コーナーに捨てました……。

残った3個のラーメン。
と言ってもチビロクですから、実質1.5個を、食べ盛りの6人で分けるという、それってどうなん? という事態になってしまいました。
『南から来た用心棒』の映画が始まって、みんなはラーメンのことを忘れるように夢中で見ましたが、銃声よりも響いていたのは、、グウ〜ッと言うお腹の音だったことは、言うまでもありません……。

この主題歌を聴くと、このチビロク事件を思い出す、なんともお茶目な思い出でした。

category: ボクの70年代ノート

tag: マ行  サントラ  マカロニ・ウエスタン 
cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック