【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

あなたが初めて買ったレコードは何? 私は……  

どーも、ロッカリアです。
大阪は今雪が降っています。(さぶ)

中学二年生の頃から映画(TVの洋画劇場ね)にどっぷりハマりました。
夜の9時から始まる映画や深夜放送の映画はもちろん、特に土曜日の昼過ぎから始まる洋画劇場は好きでした。
今から考えると、大体が1時間半の放送だったので、カットだらけの映画だったんですけどね。

午前中で授業が終わり、家のTVで吉本新喜劇を見ながら昼飯を食う。
一息ついたところで、洋画劇場が始まる。
この頃、お昼の定番的存在だったのが、マカロニウェスタンだった。
マカロニの特徴と言えばガン・アクションだ。
次に、ハリウッド製西部劇には無い暴力描写とお色気。(断っておくと、決してエログロでは無い)

クリントが1秒間に五人を倒したり、馬に踏まれて使い物にならない手で復讐するジャンゴことフランク・ネロ。
銃で撃たれ、死んだと思ったら、胸ポケットに入れてあった1ドル銀貨に命を救われたジェンマ。
本家に負けじと、アイデアと情熱で対抗していたマカロニ。
そして、それらのドラマを盛り上げ、作品の看板を背負っていたのが、とても印象に残るテーマ曲、サウンドトラックだった。

貧しかったが、新聞配達と、足りない分は母親が足してくれ、プラスティック製のプレーヤー兼レシーバーと、スピーカーまでプラスチックだったが、いっちょ前にLR分離型のステレオを買った。
その時一緒に買ったのが、「マカロニウェスタン・テーマ:ゴールド・デラックス」と言うレコードだった。

DSCF3755.jpg

オリジナル・サウンドトラックと言う言葉を知らなかった少年は、擦り切れるほどレコードを聴いているうちに、「あ、これは映画と同じだ。でも、この曲はちょっと違うようなぁ……」と思いながらも毎日楽しんだ。(これしかなかったからね)
ジャケットはカビが生え、レコードの溝も甘くなってしまったが、正真正銘、今でも私の宝物だ。
あの頃からもう40年以上が過ぎたが、今もあんまり変わらん事をしているなぁ、と思う自分がいるけど、「これでいいのだ!」と思う自分もいる。

皆さんも初めて買ったレコード、覚えてますか?
あるいは、レコードなんて捨てちゃったから忘れた?
良かったら、そんな思い出を聞かせてください。

お、なんか今日はラジオっぽいぞ。

Posted on 2018/01/26 Fri. 23:25 [edit]

category: ボクの70年代ノート

tag: レコード  TV洋画時代  マカロニ・ウエスタン 
tb: 0   cm: 9

『南から北用心棒』とチビロク事件の惨劇!  

どーも、ロッカリアです。

皆さんも、映画に夢中だ、と言う人も多いと思いますが、それには何かきっかけがあったと思います。
私が映画の世界にのめり込んだ理由は、中学2年生の頃(1974年)に出会ったブルース・リーと、当時TVで頻繁にオンエアされていたマカロニ・ウエスタンに間違いありません。
それまで見た西部劇とは全く違うと言っていいほどのガン・アクションや残酷シーン、そしてオープニングに流れる曲の格好良さに惹かれました。

先日、中古レコード屋さんで見つけたEP盤の『南から来た用心棒』を買って、鮮明に思い出した記憶があります。
それは、中2の少年には、衝撃的な、ある意味マカロニ・ウエスタンよりも残酷な出来事だったのです。
DSCF3585.jpg

中2の頃、いつも六人でつるんでいて、みんな映画が好きでした。
ある日の土曜日、午後1時30分から洋画劇場で『南から来た用心棒』がオンエアされると知り、6人で見ることにしました。
学校から一番近いF君の家で見ることになり、ご両親は仕事で不在と言う事もあってちょうど良かったんです。
家に着いた時、映画が始まるまで1時間ほどありました。
まだ昼飯も食べていなかったので、みんなお腹をすかしていました。
その時、F君は一階の台所で「チビロクあるわ〜! みんなで食べようぜ」と言ったので、インスタントラーメンを作らせたら右に出る者はいない私とF君で作ることになりました。

チビロク……。
それは通常の袋に入ったインスタントラーメンの、約半分ぐらいの大きさが6個パックになっている、ちょうど小腹が空いた時に重宝する、我らの強い味方だったのです。

二つの鍋に3個づつ入れて出来上がるのを待ちました。
F君が、「タマゴ2個しかないけど入れようか?」と言ったので、もちろん賛成、反対する愚か者など誰もいません。
冷蔵庫からタマゴ2個を取り出し、それぞれの鍋に割って入れました。
その時、惨劇は起こりました!

割って入れたタマゴのうち一つが、血だらけだったんです!
「ゲッ!」
「気持ち悪り〜」
今なら、その部分を取り除いて、最小限の被害で済ませる知恵もあるでしょうが、なんせ中2。
とにかく気持ち悪いが優先し、みんなの意見は捨てようぜ、という結論に。
勿体無いと思いながらも三角コーナーに捨てました……。

残った3個のラーメン。
と言ってもチビロクですから、実質1.5個を、食べ盛りの6人で分けるという、それってどうなん? という事態になってしまいました。
『南から来た用心棒』の映画が始まって、みんなはラーメンのことを忘れるように夢中で見ましたが、銃声よりも響いていたのは、、グウ〜ッと言うお腹の音だったことは、言うまでもありません……。

この主題歌を聴くと、このチビロク事件を思い出す、なんともお茶目な思い出でした。

Posted on 2017/05/07 Sun. 13:26 [edit]

category: ボクの70年代ノート

tag: マ行  サントラ  マカロニ・ウエスタン 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック

QRコード

タグクラウドとサーチ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム