FC2ブログ

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

TOP > タ行

『黄昏のチャイナタウン』空飛ぶジャック・ニコルソン!

『黄昏のチャイナタウン』空飛ぶジャック・ニコルソン!

どーも、ロッカリアです。お盆休みも今日で最後です。(ふ〜)1974年の名作『チャイナタウン』の続編で、ジャック・ニコルソンが主演と監督を務めました。前作の衝撃的なラストから約10年後を描いていますが、今回、原題の「二人のジェイク」というタイトルに深い意味があります。と言うのも、前作でエブリン・モーレイ(フェイ・ダナウェイ)と恋に落ちたジェイク(ジャック・ニコルソン)は、今回同じ名前のジェイクの依頼を受け...

... 続きを読む

『死刑台のエレベーター』ジャンヌ・モローを偲んで…

『死刑台のエレベーター』ジャンヌ・モローを偲んで…

先月、7月31日にフランス女優、ジャンヌ・モローさんが死去されました。ヌーベルバーグの恋人と呼ばれ、同時代を生きた女性たちに与えた影響は計り知れません。以前のブログで、2011年に『死刑台のエレベーター』の記事を書きました。改めてイラストを描き直した、リミックス・ヴァージョンで、彼女を偲びたいと思います。まあ、こう言うことだ。制作された年代も古く、編集でもアラが目立つ。お前は忍者か!と突っ込みたくなる場...

... 続きを読む

『弾丸特急ジェット・バス』笑えないパニック・コメディ

『弾丸特急ジェット・バス』笑えないパニック・コメディ

どーも、ロッカリアです。1976年の映画で、当時ブームだったパニック映画のあらゆるエッセンスを抜き取ったパロディ映画。だが、近年の長距離運行バスの事故などの悲惨なニュースがどうしても脳裏に焼き付いていて、単純に笑えない。『カサンドラ・クロス』『ポセイドン・アドベンチャー』『タワーリング・インフェルノ』等を揶揄っているシーンが特に目立ちます。公開当時も「ロードショー誌」や「スクリーン誌」で酷評だったこと...

... 続きを読む

一口メモ(チラシ付き):『ときめきサイエンス』(1985)

一口メモ(チラシ付き):『ときめきサイエンス』(1985)

 パソコンの中で、理想の女性を3Dで作ると、そこに『フランケンシュタイン』よろしく雷が落ちて、理想の女性が現実に現れる……って、そんなアホな。リアリティ無視の80年代SFコメディ青春映画。高校生役で若き日のロバート・ダウニーが出ていた。(日本語吹き替えでは、交通事故で亡くなった、桜塚やっくんが声を担当しています)...

... 続きを読む

ロッカリア">
Re: 宵乃さんへ * by ロッカリア
ヘンテコ、と言う言葉がぴったりですね(笑)
悪い意味での80年代が出てしまっているんですよね。
ロックといい女を登場させればヒットする的な。
ロバダニさんは、昔より今の方が絶対いいですよね。
『すてきな片思い』は確かに良かったんですけどね。

コメントありがとうございます。

すごくヘンテコな作品 * by 宵乃
でしたね~。昨夜観たんですが、私の苦手な描写が多くて楽しめませんでした。先日オンエアしていた同監督の「すてきな片想い」は気に入ってたのでガッカリです。
しかし、黒髪の方はロバート・ダウニー・jrさんでしたか。この頃はjrつけてなかったんですね。まったく気付けませんでした。