09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

『地下鉄(メトロ)に乗って』気ー悪っ! 

どーも、ロッカリアです。

地下鉄を使ったタイプスリップもの。
なぜ地下鉄に乗るとタイムスリップしてしまうのか? と言う科学的な説明等は一切なく、ただドラマのためにタイムスリップする。
ま、コニー・ウィリアムスや、タイムスリップが大掛かりなフェリックス・J・パルマの「宙の地図」「時の地図」でもとにかくタイムスリップする、と言うのが前提だから、別にいいんだけどね。
とにかく過去と現在を行ったり来たりします。

スクリーンショット 2017-10-10 22.30.11

父の性格の悪さゆえ、親子の縁を切った主人公の長谷部真次(堤真一)は、その父が入院した日に地下鉄に乗ると、昔住んでいた街とその時代にタイムスリップしてしまった。
そこで、交通事故で死んだ兄の運命を変えようとしたり、父の小沼佐吉(大沢たかお)の若き日の姿、戦後混乱期にたくましく生きて、幸せな家庭を築こうとする姿を目にする。
物語の後半になる程、父に対する考え方は変わって行き、定番な描き方だが、父のことを許していくようになる。
だが、個人的な意見を辛辣に言わせてもらえれば、冒頭で妻を殴るような男が、過去にどんなに立派であろうが、これは許し難い行為に見える。
真次は、父を否定しながらも、気付けば自分も同じようなことをしている自分に気がついていない。

これだけならまだいい。
とにかく許せないのが次シークエンスだ。
真次は、会社のみち子と不倫関係にあるのだが、彼女もなぜか同じようにタイプスリップしてしまう。
そして、ラストで彼女に起こる出来事を見て、思わず声が出てしまった。
「そ、そんなバカな」と。
過去を変えれば未来が変わる。
パラドックスを除けば、タイムスリップの定番ネタだが、とんでもない、許しがたい使い方をしている。

ここからネタバレ注意してください。

これはみち子と真次の話だが、過ちを消そうとして、過去の出来事を変えてしまう。
もっと明確に言えば、みち子と真次の関係が禁断の中だと分かった時から、みち子は生まれて来なかったことにしようとしてしまうのだ。
どんな過ちを犯しても、生きていこうとするのが、映画の主人公ではないのか?
重い過去を背負ってでも、前を向いて行こうと努力するのが主人公ではないのか?
それを、生まれて来なければ全てうまく行くとした決着は、見ていて腹立たしい。
あまりにも切なすぎる。
この世に生まれて来なければよかった命、そんなモノがあるはずないじゃないか。
どんな人間にも、この世に生まれてきたからには、きっとその人の大切な人生があるはずだ。
この結末には、どんな綺麗事で修飾しようと、後味が悪すぎる。
久々に毒舌が炸裂する作品を見てしまった。

私自身が過去にタイムスリップして、この映画を無かったことにしてやりたいっ! と言えば言い過ぎなんだろうか……。

category: タ行

tag: タ行  チラシ 
cm 6   tb 0   page top

『チャイナタウン』引きずる映画…… 

どーも、ロッカリアです。

この映画、ズッシリと重く、年月が経っても心をワシづかみにされたまま、現在まで引きずって生きて来た、と言えば大袈裟かも知れません。
引きずる映画とは、単に印象に残った、という類の映画ではありません。
見終わった後、心に重くのしかかってしまった映画で、外そうとしても外れない、トラウマ級の映画です。
『俺たちに明日はない』『ソルジャー・ブルー』『ディア・ハンター』が私にとってはそうで、この『チャイナタウン』こそ、その最たる映画です。
主演のジャック・ニコルソン演じるジェイクと同じ驚きを抱き、ラストの衝撃は、ジェリー・ゴールドスミスの音楽と共に永遠に忘れられない作品です。

事の発端は、ジェイクの探偵事務所に、モーレイと名乗る女性が夫の浮気を調査してほしいと依頼に来るところから始まる。
水道局の幹部である夫のホリス・モーレイは、若い女性と会っている現場写真を撮られるが、撮った本人のジェイクが知らない間に新聞の一面に載りスキャンダラスになる。

ジェイクが事務所に戻ると、彼を待っていたのは、本物のモーレイ夫人だった。
やがて、夫が死体で見つかったことから、ジェイクは大きな陰謀に巻き込まれて行く……。

img258.gif

本物のエブリン・モーレイを演じた女性こそフェイ・ダナウェイで、彼女の出演作の中でもピカイチに美しい!
若き日のジャック・ニコルソンのカッコ良さが全面に出ているが、特筆すべきはやはりフェイ・ダナウェイの演技に尽きる。
時に強く強烈で、時に優しく、そして可愛い女性像を見事に演じている。
その場面に合わせるように、彼女の衣装も黒、灰色、白と変化しているのにも注目だ。

謎に包まれたエブリンの真相を知った時の衝撃、大いに感情を揺さぶられるラストシーン。
だが、それを許さない中国移民の街チャイナタウン。
一気に感情が爆発しそうになるジェイクに同僚が言う。
「忘れろジェイク、ここはチャイナタウンだ」

警官時代に中国人同士の争いを、ただ見ている事しか出来なかったジェイク。
自分の身に降りかかった出来事に、今度は中国人たちがアメリカ人の悲劇を静観している。
見事なセリフ、そしてエンディングではないか。

重く引きずる映画だが、時間を経て、何度も見たくなるのが、この映画の非凡さを物語っています。
未見の人は、是非一度見てください。

category: タ行

tag: イラスト  タ行  ミステリー 
cm 0   tb 0   page top

『黄昏のチャイナタウン』空飛ぶジャック・ニコルソン! 

どーも、ロッカリアです。
お盆休みも今日で最後です。(ふ〜)

1974年の名作『チャイナタウン』の続編で、ジャック・ニコルソンが主演と監督を務めました。
前作の衝撃的なラストから約10年後を描いていますが、今回、原題の「二人のジェイク」というタイトルに深い意味があります。
と言うのも、前作でエブリン・モーレイ(フェイ・ダナウェイ)と恋に落ちたジェイク(ジャック・ニコルソン)は、今回同じ名前のジェイクの依頼を受けるが、この依頼がエブリン・モーレイと深く関わってくるからだ。

img254.gif
(爆風で空を舞うジャック・ニコルソン! タモさんじゃありません!)

この映画を語ることは、前作『チャイナタウン』を見ていないと成立しないし、何を言っても、その前作のネタバレとなってしまい、非常に難しい。
だから、ディテールを話す事だけに留めておきましょう。

探偵ジェイクの所に、妻の浮気調査を依頼したもう一人のジェイクが、その浮気現場で男を射殺してしまう。
しかも、その殺された男が、依頼人のジェイクの仕事のパートナーだったことから、全ては男を殺すための仕組まれた芝居ではないかと、探偵のジェイクは疑うのだが……。

1930年代のロスを見事に再現した前作と比べ、今回はそれほど凝った演出がない。
あるシーンで、探偵ジェイクは爆発によって吹き飛ばされるが、常識的に無傷で助かるなんてありえないし、ジェリー・ゴールドスミスの音楽が秀逸だった前作に比べ、ヴァン・ダイク・パークスの音楽は甘すぎる。
主演のニコルソンも太り過ぎだ。(演出上、あまり関係ない思う)
決してつまらない作品ではないが、続編と言うのは、こうやって前作と比較されるのは宿命なのだ。
監督としてのニコルソンの手腕はどうか?
ポランスキーの冷徹で、突き放したような演出と正反対で、探偵ジェイクがとても身近に感じるが、自ら主演となればそれは当然か。
ラストの衝撃も、やはり前作を上回ることはない。
編集のせいかもしれないが、もう少し物語を整理して、観客に確信は何なのか? がストレートに伝わるような演出が欲しかった、と思います。

言っておきます。
『チャイナタウン』を見ずに、この『黄昏のチャイナタウン』を見ても成立しません。


category: タ行

tag: タ行  イラスト 
cm 0   tb 0   page top

『死刑台のエレベーター』ジャンヌ・モローを偲んで… 

先月、7月31日にフランス女優、ジャンヌ・モローさんが死去されました。
ヌーベルバーグの恋人と呼ばれ、同時代を生きた女性たちに与えた影響は計り知れません。
以前のブログで、2011年に『死刑台のエレベーター』の記事を書きました。
改めてイラストを描き直した、リミックス・ヴァージョンで、彼女を偲びたいと思います。

まあ、こう言うことだ。
制作された年代も古く、編集でもアラが目立つ。
お前は忍者か!と突っ込みたくなる場面には目を瞑ったとしても、白昼堂々とビルをよじ登ったり、挙句にフックが付いたロープをそのまま忘れたり……。
そのロープは数時間後、何の説明も無しに、何故か勝手に外れて、道端にいた女の子が拾って持って帰っちゃう……。
この他にも言いたい事や突込み所は多々ある。
しかし、だ。
この映画が現在も名作と呼ばれ、リメイクに、リバイバル上映にと引っ張り蛸になるのにはどんな訳があり、魅力があるのか?
今日はその辺を重視しながら話を進めて行きましょう。

img253.jpg
(夜の街を彷徨うジャンヌ。マイルスの音が聴こえますように……)

ジュリアン(モーリス・ロネ)は、一つ上の階にいる、社長であり、愛人フロランス(ジャンヌ・モロー)の夫、カララ氏を自殺に見せかけた完全犯罪を企んでいた。
計画はアッサリと成功、全てを終えて意気揚々とビルの外へ。
何気に犯行現場を見上げたジュリアンの顔は青ざめた。
犯行に使用したロープがベランダの手すりに掛かったまま……。
慌ててビルの中に戻り、エレベーターに乗り込むが、運悪く今日は土曜日で、ビルの中には警備員だけ。その警備員が誰もいないと思って、ビル全体の電源を落として帰ってしまう。
途中で止まってしまったエレベーターに一人残されたジュリアンは、脱出を試みるがどれも上手くいかない……。

これがこの映画のプロローグで、観客を引き込むには抜群の設定だ。
この殺人に絡んで、二人の若い男女が描かれる。
主役は勿論ジュリアンとフロランスだが、もう一組の若いカップルが、ジュリアンの車を盗んで、行く先々でジュリアンの名前を騙ることで、エレベーターの中に閉じ込められて、手も足も出ないジュリアンと別のジュリアンが勝手に行動して、おまけに殺人事件を犯してしまう。
この辺りが秀逸である。
夫を自殺に見せかけて、殺す計画をジュリアンに実行させたフロランスも、ジュリアンの車を目撃、しかも助手席には若い女が……、と刑事の取調べで証言してしまうありさま。
一部始終を知っている観客は、「ち、違うそ!」と言う、殺人を犯したジュリアンに対して同情意識を植え付け、何とかエレベーターから脱出する事はできないのか?と言う気持ちにさせる。(この辺は、ヒッチコックの手法を大胆に取り入れている。なにせヌーベルバーグですから…)
サスペンス映画なので詳しい事は言えないが、
ジュリアンは閉じ込められたエレベーターから脱出して、完全犯罪を成立させる事ができるのか?
これを軸に、エレベーターの中と外の世界が同時進行して行き、複数の線がラストにはバッチリ集結を見せる。
さすが、の一言である。
さらに、この物語に豊かな表情をもたらしているのが、帝王マイルスのサウンド・トラックである。
オープニングから始まって、愛するジュリアンの行方を追って、夜の街を彷徨うフロランスの心情を見事に映し出していく。
マイルスの音楽無しには、もう考えられないシーンである。
ちなみに、このサウンド・トラックを収録した当時、ぶっつけ本番のような即興演奏が話題になったが、完璧主義者のマイルスがそんな事をするはずも無く、レコーディングの三日前から入念なリハーサルを繰り返し本番を迎えたのだ。
ま、考えてみれば、サウンド・トラックとして全ての曲がレコードと言う形なっているのだから、ジャズのお家芸とも言えるインプロビゼーションの部分は別として、やはりちゃんとしたスコアが存在していたんだろう。

ジャンヌ・モローの魅力、いや魔力。
マイルスの信じられないぐらい素晴らしい音楽。
手持ちカメラによる臨場感あふれる手法。
二転三転する物語の魅力。
そして、ルイ・マルと言う天才監督出現……。

まあ、こう言う事だ。
作られた年代も古く、編集でもアラが目立つ。
しかしながら、演出だけによるサスペンスの盛り上げ方といい、カメラ・アングル、ストーリーの工夫、音楽の使い方といい、これが25歳にして作り上げたデビュー作で、ヌーベルヴァーグの傑作である事に間違いない、と言う事だ。
現代の映画人は、この作品の持っているインパクトに感嘆の声を上げ、25歳と言う、その若さに驚愕すべきである。
(2011年11月22日)

心よりご冥福をお祈りいたします。

category: 過去記事リミックス

tag: イラスト  タ行 
cm 0   tb 0   page top

『弾丸特急ジェット・バス』笑えないパニック・コメディ 

どーも、ロッカリアです。

1976年の映画で、当時ブームだったパニック映画のあらゆるエッセンスを抜き取ったパロディ映画。
だが、近年の長距離運行バスの事故などの悲惨なニュースがどうしても脳裏に焼き付いていて、単純に笑えない。
『カサンドラ・クロス』『ポセイドン・アドベンチャー』『タワーリング・インフェルノ』等を揶揄っているシーンが特に目立ちます。

DSCF3610.jpg
公開当時も「ロードショー誌」や「スクリーン誌」で酷評だったことを覚えています。
バスを2台繫げて疾走する迫力は、確かにアメリカならではの発想。
日本の道路事情では絶対無理だと思いながら見ていました。
1970年代の、ダークサイド映画ですな。

さて、今日は映画の内容はひとまず置いといて、見ていてあるシーンにおや? と思ったことを紹介します。
まずそのシーンを見てください。
女優のストッカード・チャニングのこのポーズ、これを見てある映画をすぐに思い出しました。

DSCF3609.jpg

みなさんの中にも、ああ、あれだ! と思った人もいるんじゃないでしょうかね。
そう、『波の数だけ抱きしめて』の中で、ミポリン(中山美穂)が願いごとをするシーンと同じポーズなんです。

img136-1.jpg

私は最初にミポリンのポーズにインパクトを受けていたので、ちょっとビックリ。
で、これは何のポーズなのか調べてみると、アメリカで古くから伝わる、願い事をするときの定番ポーズなんですと。(ふ〜ん)

全く関係ない映画と映画が時代を超えて、繋がった感じがして、ちょっとうれしい発見でした。
カルト作品が好きな人限定にオススメです。



category: タ行

tag: タ行 
cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック