06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

INFORMATION

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

『黒帯ドラゴン』ファンキー版『燃えよドラゴン』です 

どーも、ロッカリアです。

1970年代はじめ、ブルース・リーの登場によって、それまでの映画史が完全に塗り替えられました。
ほとんどマイナいーだったカンフー映画が、『燃えよドラゴン』の登場によって注目が集まり、マカロニ・ウェスタンのブームに代わって、香港で大量生産されました。
ブルース・リーの影響はカンフー映画だけに留まらず、ハリウッドや日本のアクションシーンにも、空手、少林寺と言った格闘技が主流になりました。
カンフー映画の数は、出来は置いておき、星の数ほどあると言ってもいいぐらい。
その影響はもちろん世界の映画にも飛び火しました。
『007 黄金銃を持つ男』、『ダイナマイト諜報機関:クレオパトラ危機突破』&『カジノ征服』『荒野のドラゴン』
その中でも、この『黒帯ドラゴン』は、『燃えよドラゴン』のロバート・クローズが監督、出演していたジム・ケリーが主演を務めた、とてもファンキーな内容の映画になっています。

imgkuroobi.gif

物語も、設定を少し変えたぐらいで、政府から仕事を依頼されたり、マフィアのワイナリーを要塞に見立て、そこに侵入しするとか、明らかに、二匹目のドジョウ狙いの作品です。
ところが、つまらない作品かと言うと、これがとても面白いんです。

音楽がカンフー映画とは全く関係なく、70年代に地位を確立したファンキーなミュージック。(しかも、センスがいい)
そして、殴る、蹴る、倒す際の効果音が、間違いなく『燃えよドラゴン』のサンプリングです。
主演のジム・ケリーも、すっかりブルース・リーを模倣してるし、ヌンチャクのシーンも再現、言ってみれば『燃えよドラゴン』のパクリ作品に過ぎませんが、それでもオリジナル性を感じるのは、黒人を主演に、黒人音楽を多用したのが要因じゃないでしょうか。

全体的にコミカルなタッチの演出で、もちろんツッコミどころ満載で、ストーリーはあってないようなもの。
でも、楽しめて、普通のカンフー映画と全く違うテイストで、ストレスも解消できちゃいます。(だって効果音がアレだもの)
ただ、残念なのがソフト化されていない事です。
私も去年BSで放送したものを録画して見ました。
画質はDVD並です。

カンフー映画ファンだけじゃなく、広い層に見て欲しいのですが、こう言った面白い作品が見られないなんて、なんと不思議な世の中なんでしょうかねぇ。
そう言えば、『ラスト・ドラゴン』も未ソフト化なんですよねぇ……。


スポンサーサイト

category: カ行

tag: カ行  イラスト 
cm 0   tb 0   page top

『硝子の塔』ミス・リードがうまい! 

どーも、ロッカリアです。

探偵小説では、読者に犯人やトリックを簡単に見破られないように、読者をワザと勘違いする方向に導きます。
これをミス・リードと言いますが、この作品は、そのミス・リードに慣れている人ほど、最後に「え?」と言うでしょう。

公開当時はエロティック・サスペンスと銘打っていましたが、評価はあまりよくありませんでした。(ネットなどを見ていると今でも…)
でも、個人的には、最後の最後までハラハラドキドキ感が楽しめ、ミステリー感も強い作品だと思います。
なので、興味を削がない程度に触れていきましょう。

硝子の塔

マンハッタンにスリバー(原題Sliver)と言う高級マンションがある。
若い女性が帰宅すると、背後からパーカーで顔を隠した男が迫る。
女はナオミ・シンガー(シャロン・ストーン二役)と言って、その男の顔を見て知り合いのようだ。
だが次の瞬間、男はナオミを持ち上げると、ベランダから突き落とした。
警察はこの一件を自殺と断定する。

編集者のカーリー(シャロン・ストーン)は離婚直後で、そんな事故があったとは知らずに、同じ部屋に引っ越してくる。
そこで紳士に接してきた同じマンションに住むゲームデザイナーのジーク(ウィリアム・ボールドウィン)と出会い、パーティーで親密に。
仕事で知り合った作家のジャック(トム・ベレンジャー)も同じマンションに住んでいて、カーリーに猛烈なアプローチをかけてくる。
そして、実はこのマンションには重大な秘密があった。
各部屋のバス・トイレ、リビングに寝室、いたるところに隠しカメラが仕掛けてあり、住人全ての私生活を覗き見しているオーナーの存在がある。
ナオミ殺しに続き、モデルのヴァイダと言う女性も殺されると、犯人はカーリーにまで手を伸ばして来るのだった……。

タイトルの『硝子の塔』とは、もちろん全室にカメラが設置されていて、まるでマンションがガラスで出来ていると言う比喩を込めた、日本オリジナルのタイトルだ。(上手い)

この映画の不評は分かる。
  • 例えば、殺人の動機が不明、よく分からない。
  • カーリーが帰宅して、見たこともない望遠鏡が家にあったら、怖いだろ。誰かが侵入した、と言うことだから鍵も変えるよなぁ、普通。
  • 録画機能もあるのだから、おっと、これはネタバレだからやめよう。
  • 登場人物全てがエロにしか興味がない。
  • ヴァイダ殺しの時も、犯人は相当の返り血を浴びているはずだが……。


疑問も多いが、この全室監視カメラ付きと言う、特殊な状況下でのサスペンスに身を任せよう。

余談ですが、この映画公開当時、カメラ付きのマンションと言うのが話題になり、カメラの設置業者がワイドショーのインタビューに答えていました。
一般のマンションではそんな事はありませんが、ラブホテルでは結構な率で設置されていると思います。私たちも実際に何軒か、オーナーさんの依頼で設置しました。理由は犯罪防止と言う事でした、と。(怖っ)
スタジオ内が騒然となった事は、言うまでも無いでしょう。

今やスノーデンの告発によって、全世界の人々のプライバシーが無くなったと分かった現代。
覚悟が必要な時代だと、肝に命じておきましょう。

同じシャロン主演の『氷の微笑』ほど鮮烈なものではありませんが、原作がアイラ・レヴィンなので、ミステリー・サスペンス好きの人は押さえておきたい作品です。

※もちろん、原作と映画では登場人物の名前も物語も違います。(飼い猫のフェリスも出てきません)


category: カ行

tag: イラスト  カ行  サスペンス  セリフ泥棒 
cm 0   tb 0   page top

『ゴースト・イン・ザ・シェル』 

どーも、ロッカリアです。

薙素子のアイデンティティーを確立させるためのドラマであり、それ以上でも以下でもない。
本家のように、電脳バトルや派手なアクションを期待して見ると、少々肩透かしを食らう。
しかも、そのアイデンティティーを確立させるのに、日本人の素子が如何にしてアメリカ人のシェルに入れられながらも、やっぱり脳は日本人? と言うから見る側としては複雑だ。

ゴースト

いっそ、オールキャストを外国人設定にして、舞台をニューヨーク、と割り切って作っていたらどうか。
ビートたけし一人が日本語ってのも変な感じがするんだが……。
本当にシリーズ化されるのかどうかは疑問だが、二作目を作るなら、それなりにハードルが高いことを製作陣は意識して欲しいもんだ。
と言うのも、ビジュアルを含めたテクノロジーに対するイマジネーションが、原作及びアニメと比較して衰退している、そう感じるからだ。

ただ、今回のラストで、素子は自分が誰なのか、と言う答えを見つけるシーンでのセリフは、心に残ったセリフがあるので、少し紹介しおきます。

「人は記憶の中に、自分の証を求めるけど、何をするかが人を決める」


記憶や思い出がその人を造るのではなく、その人の行いが人格を形成する。
その人の行いが、その人を造る。
良いセリフではないか。

category: カ行

tag: カ行 
cm 0   tb 0   page top

『マグニフィセント・セブン』と『荒野の七人』その決定的な違い。 

どーも、ロッカリアです。

『荒野の七人』も『マグニフィセント・セブン』も、根底には黒澤明監督の『七人の侍』がある。
『荒野の七人』は、この『七人の侍』のスピリットを見事に継承した作品に仕上がっていると、個人的には思う。
ところが、同じようにリメイクをしても、『マグニフィセント・セブン』は、このスピリットが欠けている。
そのスピリットとは何か?

スクリーンショット 2018-01-11 23.28.03

久しぶりのウェスタンと言うこともあって、意外に面白かった。
アクション・シーンも結構リアルな感じで、昔の西部劇を思い出させるように、ガンマンたちはカッコいい。
「強きをくじき、弱気を助く」のお手本のような物語は、概ねオリジナル(この場合『荒野の七人』と『七人の侍』を指す)に忠実だ。
ただ、先に述べたように、スピリットが一つ欠けているんだ。
それは、ガンマンの死に様と、農民の生き様と言う見事なコントラストが、この作品にはない。
農民の貧しい生活は町民に置き換えられていて、大地に根ざした生き方しか知らない、だからこその強さがここにはない。
ガンマンは命をかけて死んで行き、農民は命をかけて生きて行く。
見るものを心から震わせる映画には、その心に響く、何かしらのスピリットがある。
これを欠いた作品には、結局アクションを見せたいのか、と残念に感じてしまう。
リメイク作品に見られる多くの過ちは、スピリットが弱い、形だけの作り直しが原因だ。

このポスターの一番上に書かれている、「原案『七人の侍』『荒野の七人』その魂を受け継ぐ」とあるが、このキャッチを書いた人は、その魂が何なのか、分かっていない。
ガンマンたちがよく描けていたので、余計、残念に感じてしまいました。

category: カ行

tag: カ行 
cm 2   tb 0   page top

『グーニーズ』はなぜ面白いのか? 

どーも、ロッカリアです。

リアルタイムで観た時は、言うほど面白いとは感じなかったのですが、時が経つに連れて、段々と面白さが増してきた、と言えます。
裏を返せば、今のハリウッドでは、こう言った楽しい映画が作られていない、と言えるんじゃないでしょうか。
撮影方法も、ストーリーの順番通りに撮影され、ラストがどうなるのか出演者にも知らされていませんでした。
そして、この映画が面白いのは、スティーブンソンの「宝島」の現代版だから、だと思うからです。

(悪党一家のボスは、この母親だ!)
img261.jpg

主人公の少年マイキーは、小さい頃から父親に、片目の海賊ウィリーの話を聞かされて育った。
そんな彼は、立ち退きが迫った自分の家の屋根裏で、ふざけて遊んでいると、偶然古い地図を見つける。
マイキーは、その地図が片目のウィリーが宝を隠した場所が書かれていると信じ、この宝を見つければ、ゴルフ場の開発を目論む資産家から借りたお金を返して、立ち退かなくせて済むと、友だち(グーニーズ)と宝探しを始める。

地図には家の付近に隠されていることを示していて、探し始めると閉鎖されたレストランにたどり着く。
ところがそこは、悪党一家のブラッドリー家の隠れ家だった。

グーニーズたちは監禁されそうになるが、実はこのレストランには地下に通じる秘密の入口があって、追いかけられながらも、その地下に入って宝探しの冒険を続ける。
だが、グーニーズを待っていたのは、片目のウィリーが仕掛けた数々のトラップだった!

全体をコメディ・タッチで描き、一人一人のキャラクターを活かすことで軽妙さが出ています。
誰も(特に男の子)が子供の頃に夢見た宝探しの冒険談を、スピルバーグ(監督はリチャード・ドナー)は『インディ・ジョーンズ』の様な大掛かりな冒険じゃなく、とても身近に感じさせてくれます。
最大の見せ場は、片目のウィリーが仕掛けた数々のトラップを、いかに攻略するか、でしょう。

友情あり、笑いあり、そして涙もちょっぴり。
この映画を「宝物」の様に思っている人も、きっと多いはずです。


category: カ行

tag: カ行  イラスト 
cm 2   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。