【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

【今日は一日“アナログ・レコード”三昧】オンエア情報  

どーも、ロッカリアです。

今月の12日(月)は祭日。
ということで、NHK-FM恒例の三昧企画がオンエアされます。今回はレコードの特集です。(なんとタイムリーなことでしょう)

スクリーンショット

とにかくレコードをかけまくる10時間。
何がかかるかは聴いてみないと分かりません。
ただ、レコードだから、結構古い曲かなぁ、と思っています。


【2月12日(月・祝)
午後0時15分~6時50分(前半)
午後7時20分~10時45分(後半)
いま、アナログ・レコードの販売数は日本国内でも世界全体でも驚異的な伸び率を見せています。
渋谷などの街では、レコードを専門的に取り扱うお店が次々と復活。
大手レコード会社は3月にアナログ・レコードの自社生産・発売を再開することを発表し、オーディオ・メーカーはターンテーブルの開発を再開。
今や、音楽業界で一番の成長株と言えるほど、アナログ・レコードが熱い!

NHK-FMでは2月12日(月)アナログ・レコードを10時間に渡ってかけまくる「今日は一日“アナログ・レコード”三昧」をお送りします。
番組の決まりはただ一つ。音楽は全てアナログ・レコードで再生します。
電波や「らじる★らじる」を通してもなお伝わる、エッジがありつつ、温かみもあって、ナマに近い瑞々しいアナログ・レコード・サウンドを全国のリスナーに堪能していただきたく思っています。

また、音楽界きってのアナログ通のミュージシャンやプロフェッショナルたちが、ゲストDJとして次々と登場。
1組およそ1時間で約10枚のお気に入りの、または、購入時に特別なエピソードがある、または高価で貴重なレコードを持ち込んで再生しながら、アナログや音楽に対する愛情をあますところなく伝えていただきます。往年のレコードファンはもちろん、若い層の新しいレコードファンにも楽しんでもらえるゲストの顔ぶれと中身になっています。  ホームページより】

ホームページはこちらから


Posted on 2018/02/01 Thu. 22:18 [edit]

category: オンエア

tag: オンエア 
tb: 0   cm: 0

「007 ジェームズ・ボンド誕生の真実」オンエア情報  

スクリーンショット 2018-01-19 22.28.49

どーも、ロッカリアです。

男なら誰もが憧れるスパイ、ジェームズ・ボンドはいかにして誕生したのか?
その秘密に迫るのは、NHKーBSプレミアムの「アナザー・ストーリー」

007、ジェームズ・ボンドは、イギリスの作家、イアン・フレミングが生み出したスパイ小説の主人公。その魅力を決定づけたのは、映画第1作「ドクター・ノオ」。しかし、主役に抜てきされたショーン・コネリーは、原作のイメージとは全く違うと、監督は当初大反対していた。そして、あの有名なテーマ曲のもとになった意外な曲とは?そして、ボンド・ガールに隠された悲しい「真実」…。トリビア満載、ファン必見のドキュメント。
【NHKホームページより】



放送日は、1月23日(火) 午後9時00分

ボンド・ファンはもちろん、映画ファンは必見でしょう。

Posted on 2018/01/19 Fri. 22:39 [edit]

category: オンエア

tag: オンエア 
tb: 0   cm: 0

NHK BSプレミアム「ゾンビ誕生の衝撃〜なぜ世界は恐怖したのか?」がオンエア  

どーも、ロッカリアです。
NHK BSプレミアムで、11月28日(火) 午後9時00分から「アナザーストーリーズ」で、今年亡くなったゾンビ映画の父、ジョージ・A・ロメロの『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』の誕生秘話に迫ります。

スクリーンショット 2017-11-24 23.11.23.jpg

ホラー映画に革命を起こした“ゾンビ”!1968年に公開された第1作「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」は歴史的名作としてNY近代美術館に永久収蔵されている。究極のエンターテインメント、そこには人種差別やベトナム戦争にアメリカが揺れた時代のメッセージが込められていた。ゾンビとは本当は何なのか?今年亡くなった鬼才ロメロ監督の知られざる思いとは?アメリカの悪夢を描いた若者たちのアナザーストーリー。
NHKホームページより



ホラーファンは必見ですね。
番組の予告編が、ホームページで見られます。
こちらからどうぞ。

Posted on 2017/11/24 Fri. 23:27 [edit]

category: オンエア

tag: オンエア 
tb: 0   cm: 2

NHK-FMで「海の日」にオンエア【今日は一日「超絶テクニカル・ギタリスト」三昧】  

どーも、ロッカリアです。

スクリーンショット 2017-07-11 23.39.16

祝日に恒例になった「今日は〜三昧」シリーズ。
今度の海の日の特集は、ただのギタリスト特集じゃありません。
超絶テクニカル・ギタリストの特集です。

NHK FM 7月17日(月・祝)
午後0時15分〜6時50分(前半)
午後7時20分〜10時45分(後半)

エレクトリック・ギターの超絶技巧楽曲を大特集。エドワード・ヴァン・ヘイレン、イングヴェイ・マルムスティーン、スティーヴ・ヴァイ、マーティ・フリードマン、ヌーノ・ベッテンコート、ポール・ギルバート、ジョー・サトリアーニ、エリック・ジョンソン……など、世界のロック系超絶ギタリストたちの曲を紹介。10時間に渡りその魅力に迫ります!タッピング、スウィープ、アーミングなどの超絶技法を実演しながら解説します。

[出演者]

司会: 高市佳明(NHKアナウンサー)
解説: Jun Kawai(音楽ライター)
奏法解説: NON(ギタリスト)
ゲスト: マーティ・フリードマン

NHKのホームページより



ハード&ヘビーなロックが中心になりそうですが、ギタリスト・ファンだけじゃなく、洋楽ファンは必聴です。

Posted on 2017/07/11 Tue. 23:46 [edit]

category: オンエア

tag: オンエア 
tb: 0   cm: 0

速報!「ツイン・ピークス:The Return」を見た!  

どーも、ロッカリアです。

WOWOWで本日オンエアされました。
思い返せば、1991年にWOWOWが独占放送すると話題になって、この年、繰り返してオンエアされ、我慢できずに加入に踏み切ったことを思い出しました。
ビデオ・テープに録画し、会社のみんなでシェアしまくりました。

あれから26年。
新シリーズは、あの「ローラ・パーマー殺人事件」から25年後の世界を描いています。
 
ローラ・パーマーのゴーストが、現代に蘇り、そして次々と殺人を……。
そう思うのは、冒頭でローラ・パーマーが赤い部屋で、クーパー捜査官に、「25年後に、また、お目にかかる」と告げるからです。
その後タイトルバックと、あの音楽が流れるのですが、今回は俯瞰から見たオープニング。
まるでゴーストの視点から描かれているかのようです。

淡々と始まった画面は、25年という時の隔たりを感じない、デビッド・リンチのタッチで進んでいきますが、まず驚かせられるのは、クーパー捜査官の変貌、アウトローぶりです。
話し方が全然違い、ひょうきんなどカケラもありません。
しかも、彼はまだ捜査官なのか? という疑問も残ります。(若い二人をある小屋から連れ出しますが、それが逮捕なのかどうか)

そして、殺人事件が今回も第一話で提示されますが、それよりも驚かされるのは、ニューヨークで起こる異様な設定下の殺人です。
あるビルの一室で、何もない透明の部屋を、数台のカメラと監視を続ける青年、そこに、知り合いの女性が訪れてエッチが始まると、度肝を抜く恐ろしいことが起こります!(あえて言わない!)
これは、その辺のホラー映画よりも無茶苦茶怖い描写になっています。

その後、ツイン・ピークスのアパートの一室で奇妙な死体が発見されますが、これも異常な死体です。
犯人はすぐに捕まりますが、これも何かありそうで、謎が謎を呼び、今後の展開を待ち遠しくさせるのは、さすがリンチ監督、参りました。
これを機に、WOWOWへの加入者、きっとまた増えるんだろうなぁ……。

新作についてのスタッフ、キャストのインタビュー集をご覧ください。

Posted on 2017/07/01 Sat. 23:58 [edit]

category: ニュース

tag: オンエア 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

ようこそ

最新トラックバック

QRコード

タグクラウドとサーチ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム