FC2ブログ

【ラジオ・ヒッチコックR】

コンセプトは読むラジオ。映画や音楽の話題で楽しみましょう!

TOP > ア行

「黄金の指』<吹替偉人伝>で見ました。シネマ with D

「黄金の指』<吹替偉人伝>で見ました。シネマ with D

どーも、ロッカリアです。スリを描いて見せた、1973年のアメリカ映画をご紹介。お金を持っていそうなターゲットを見つけるのがベテレンの老人ケーシー(ウォルター・ピジョン)そのターゲットから財布を抜き取る実行犯がハリー(ジェームズ・コバーン)そのハリーが仕事をやりやすいように、セクシーなファッションでターゲットの注意をそらすのがサンディ(トリッシュ・ヴァン・デヴァー)ハリーがスった財布を10秒以内に受け取...

... 続きを読む

ロッカリア">
Re: 鉦鼓亭 さんへ * by ロッカリア
コメントありがとうございます!
いつでもお気軽に来てください。

コバーンがいつものようにスった財布をサラザンに渡そうとした時に、刑事の存在に気がついてスルーします。
つまり、ザラザンを巻き込まないよう、単独犯に見せた、男気あるラストでした。
失敗すると、こう言う結果が待っている、お前は足を洗って真っ当な人生を送れ、と言わんばかりに…。

『ロイビーン』もちろん好きです。
去年見ました。
この映画はチラシを集めていた中学生時代に初めて見て、ポール・ニューマンの渋さに感動したのを憶えてします。
もちろんビセットは綺麗で、『ブリット』『ザ・ディープ』も好きです。
この頃の映画って、あのスターが出ているから見に行こうと、スター見たさに劇場に行ったもんですよね。
また古い映画の話しましょう!
ガムボールラリー!
ラッタンタ〜ン!

* by 鉦鼓亭
 ロッカリアさん、またお邪魔します(汗)

レス読みながら思い出したのですが(内容は殆ど思い出せない(汗))、
ラスト、空港のロビーでしたっけ、で、警察に尾行されてるサラザンが獲物を狙ってて、それを見たコバーンがワザと・・・、だったような。

ところで、もう一つ。
サラザンがチラッと写って、我らが(汗)ビセットも気の強い西部女でゲスト出演してる「ロイ・ビーン」ご覧になってますでしょうか。
去年、ン十年ぶりに再再再見したのですが、やっぱり、大好きな作品。
個人的にビセットの二番目に良い作品の気がします(一番は「アメリカの夜」)。

あ、車好きじゃないけど「激走!5000キロ」、僕も好きですよ。
「ガムボールラリー!」

ロッカリア">
Re: 鉦鼓亭 さんへ * by ロッカリア
コメントありがとうございます。

映画館で見られましたか!
さすが先輩ですね〜。
私が見た頃はテレビでガンガン放映していた頃です。

アクションが無いってところが、若かった時代には物足りなかったと記憶してます。
今見ると、とても地味ですが、わりとしっかりしたドラマになっていました。

コバーンというと、私は『夕陽のギャングたち』や『弾丸を噛め』のウェスタンが好きです。
もちろん『スカイ・ライダース』も好きです。
サラザンも、『激走!5000キロ』とか印象に残っていますが、『リーインカーネーション』が作品としても好きです。

スリの話、私もなんか聞いた事があるような気がします。(何となくですが…)
ただただ、懐かしい作品でした。

また遊びに来てください。

* by 鉦鼓亭
 ロッカリアさん、こんばんは

昔、映画館で観たけど余り面白くなかった事はよく覚えています。(汗)
好きだったJ・コバーンだし、「ひとりぼっちの青春」で印象が強かったM・サラザンが共演していて、ちょっと期待したんですけどね。
個人的に「シーラ号の謎」もダメだった・・・、コバーン主演で良かったのは、この頃では「スカイ・ライダース」くらいかな、「戦争のはらわた」は未見なので。

もう一つ、この作品で覚えてるのは評論家の誰だかが(荻さん?)「向こうの掏りは芸がないと日本の掏りが言ってた(ホントか?笑)」って書いてた事くらいですね。

『怪しい彼女』世界中でリメイクされるワケ

『怪しい彼女』世界中でリメイクされるワケ

どーも、ロッカリアです。中国、ベトナム、インド、インドネシア、アメリカ、イギリス、ドイツ等々、韓国で2014年に作られたこの映画が、なぜこれほど多くの国でリメイクされるんでしょうか?その魅力とは何でしょうか?70歳を超えたおばあさんが、写真館を出ると20歳の若い頃の姿になっている。タイムスリップじゃなくて、本人だけが若返り、人生をやり直そうとするが、いざやりたい事をしようとすると、そのやりたいことが思...

... 続きを読む

一口メモ:『ヴィジット』

一口メモ:『ヴィジット』

これはこれは。ホラーのデザインは『シャイニング』を踏襲している。ただ、ホラーといっても、霊的なもの、人間的なもの、怪物的なものがあるが、この作品はそれが中々ハッキリしないストレスを感じる。謳い文句の「3つの約束」も、あまり意味がない気がする。母親が若い頃に家出をした実家に、娘と息子が祖父母に会いに行く。ここが生命線の映画で、ラストはちょっとドッキリするが、終わってみればなんて事はない。そう感じたの...

... 続きを読む

一口メモ:『恐竜・怪鳥の伝説』

一口メモ:『恐竜・怪鳥の伝説』

トンデモ映画で、肝心の恐竜はTVの「怪獣王子」よりもひどい。とにかく低予算の悲惨な制作状況が伝わってくる作品で、主演の渡瀬恒彦は一人で空回り、損な役どころだ。ラストも「んなバカな〜」でチャンチャン。アマゾンのプライムビデオだから良かったが、わざわざレンタルしてまで見ようとは思わないなぁ。諸口あきらの懐かしい顔が見られるよ。*同時上映は『ドカベン』でした。...

... 続きを読む

ロッカリア">
Re: マナサビイさんへ * by ロッカリア
コメントありがとうございます。

実はDVDも持っていたんですが、なかなか見る機会がなくて、この三連休にたまたま見たんです。
実写版『ドカベン』は、もう何十年も前に見た記憶がありますが、こちらも残念だった記憶があります。
でも、確かにあの時代の空気感は、映画に封印されていて、残念さも含めて懐かしいんですよね。
だから、映画は全部が傑作である必要もなく、それぞれにちゃんと役目みたいのがあるんですよね。

ブログがお役に立つのなら、どんどん使ってやってください。
マナサビイさんも、あのレコ展には色々思うところがあられたみたいですね。
アラン・パーソンズ・プロジェクトやロッドも、もちろん全部揃えて持ってます。
ただ、一度大変なヘマを引越しの時にやらかして、映画や歌謡曲のシングル盤を全部破棄、捨ててしまったんです。
何故だか、自分でも理由が未だにわかりませんが…。
レコードの話も、つきませんよね。
また遊びに来て下さい。


* by マナサビイ
これ、知ってます〜!今はどうかわからないんですが、一時期youtubeの公式チャンネルで公開されていて、少し見ました(^_^;)(笑)
そして同時上映の、たぶんこれ実写版ドカベンですよね?これも6、7年前に見ました(笑) 昔のB級映画ってある面ではめちゃめちゃ見どころがあって面白いですよね!でも、ロッカリアさんがこの作品をチョイスされたところがまた何だか嬉しいです。

ところで、事後報告になってしまいましたが、実は先程upしたブログ記事に、ロッカリアさんのブログの文章を引用させていただきました。
「世界を変えたレコード展」の記事に書かれていた締めの文章です。あの文章、とても素敵だなあと思ったもので、ロッカリアさんのお名前とこちらのブログのお名前を出した上で引用させていただいております。
もし不都合でしたら、削除させていただきますので言って下さい♪^^
私も、あの展覧会行って来たんです♪

リメイク版『オリエント急行殺人事件』の予告編。ん〜

リメイク版『オリエント急行殺人事件』の予告編。ん〜

どーも、ロッカリアです。雪に行く手を阻まれたオリエント急行の車内で殺人が起こる。たまたま乗り合わせていた灰色の頭脳の名探偵、エルキュール・ポアロが事件解明に乗り出す。アガサ・クリスティ原作の傑作ミステリ小説を、1974年に映画化し大ヒット。そのリメイク版が今年公開(アメリカ)で公開されます。ミステリー・ファンとしては、やっぱり黙っていられないので、今日はこの映画について語ります。シドニー・ルメットが監...

... 続きを読む